果てのサイクリスト

ナイトライドに向けて 今シーズンのメインライト

暗闇も走るぞ

今年、自分がやりたいと思ってるのは街頭のほとんど無い、車もほとんど通らないような真っ暗闇の道も含めたナイトライド。

想定してるコースは、南磯とか、戸賀、入道崎、五里合といったあたりの海岸線などなど。

つまりは、自分の走るラインに潜むリスクを確実に照らし出すだけの光量のあるライトが必須です。

ネットで評判を聞きつつ、最低でもどの程度のライトが必要かと、いろいろチェックしましたが、光量の比較ってのはいろいろ単位があって、今一つハッキリしません。
これ以上なら大丈夫という基準も見つけられず。

となると、自分の要求仕様に「真っ暗闇の中でも走れる」という、一番リスクの高い要件があるのなら、現実的に揃えられる機材の中で最強のモノを最初から用意するべきじゃないかと考えました。

というわけでCATEYEの製品の中で、最も強力なライトのひとつをチョイス

VOLT1600[HL-EL1010RC]

ちなみにホントの最強ライトであるVOLT6000はあきらかにオーバースペック、オーバーコスト(100,000円!)で、これ買うぐらいならVOLT1600を2台買ったほうが実用的かと。

CATEYEのサイトで三船雅彦選手が、真っ暗闇の中でのナイトライドをしてるレポートで前モデルのVOLT1200について詳しく書いてたこともあって、たぶんこれでいけるんじゃないかと(写真を見るとVOLT1200を2台装着してましたが…)。

おそらく1600ルーメンで使用する場面はそんなに無くて、通常は500/200ルーメンのモードで使用しつつ、ほんとに必要なとこだけ1600ルーメンで照らすというやり方になるのかも。

200ルーメンで15H持つので、サブライトを併用すればオーバーナイトも対応できそう。
(たぶんしませんが…)

ルーメンという単位も、実際に照らした状態をよく表してるかというとそうでもないようで、VOLT1600の200ルーメンモードとVOLT200のハイモードでは、明らかにVOLT1600が明るくて周辺の状況が確認しやすく、ここはケチらず最強機材で行こう…と。

最悪は予備バッテリーを持てばいいかなと気楽に考えてます。

はやく乗りたい走りたい

こんなの買うと、もう早くナイトライド試してみたいんですが、外はまだ雪が残り、夜間に乗れるようになるのは、しばらく先。

春よ来い。

必要な機材は、あとはヘルメット用ライトと反射ベストです。
どれにしましょうか…

— ads by amazon —


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください