--- ads by google ---
--- end of ads ---
男鹿半島, 雑記

トンネルを回避しましょう

OGA Bicycle Peninsulaの更新情報です。

コースマップや飲食、スポットなんかの継続して残しておきたい情報は、あちらでの更新がメインになりまして、こちらではついでにリンクを更新する程度になる予定です。

今回は、男鹿半島の入り口付近の交通量の多いバイパス、生鼻トンネルの迂回ルートについて。
特に、生鼻トンネルの工事がまだ続く形なので、そのあたりについて。

自転車とトンネル

実際のところ、自転車とトンネルの相性というのは最悪で、可能ならすべて迂回するべき。

法定上はトンネル内は、自転車にもライト(前照灯)の装着と点灯、後方の赤色反射板の装着が義務付けられます。

ところが安全装備という意味ではこれでは全くの不足。
距離が短いトンネルだとヘッドライトを点灯しないまま走る車もそこそこいるわけで、そうなると反射板は全くの無意味。

車から全く自転車が認識されないケースというのが一定数でることになります。

自ら光る装備が必要です。

まずはリアマーカーと呼ばれる、赤色のライトの点灯が望ましい。
そしてリアマーカーにしても、車のドライバーが夜目に慣れた状態で視認させることを基準に作っているものなので、急激に暗くなるトンネルの場合は目が暗がりに慣れておらず、見落とされる可能性が大きい。

大型のリアマーカーや複数個の装着・点灯が必須と考えるべき。
それでも必ずドライバーが自転車を発見してくれるとは限らないのが現実です。

とにかく避けましょう

さらに田舎は高齢ドライバーが多く、目の暗順応にかかる時間が長くなるので、自転車の危険度はさらに高い。

そもそもトンネル幅の制約から安全に自転車が走れるスペースがない場合も多いです。
なるべく早く一気に駆け抜けること…なんて書いてる人もいるみたいですが、暗くて視界が悪いのは自転車にとっても同じですし、穴や石を見落として落車するようでは何の意味もない。

結局は点に運を任すという、一番選びたくない選択肢になります。
こうなると乗ってる人間のスキルや経験なんて何の役にも立ちません。

可能な限りトンネルは避けましょう。

— ads by amazon —

コース紹介, 地の果ての田舎暮らし, 男鹿半島

OGA Bicycle Peninsula !

以前からは考えてはいたものの、なかなか形にする余力のなかった男鹿半島の自転車ライドポータルサイト。
このほど「OGA Bicycle Peninsula !」として、ついに完成、公開と相成りました。

男鹿市観光協会DMOさんからの依頼と協力で、制作と運営をうちで行うコトになっておりますので、今後もどんどん情報を追加していく予定です。

デザイン的にはそれほど凝ったコトはしてませんが(どうせモバイル利用が今は多いので)、そのぶん情報は密に詰め込んであります。

OGA Bicycle Peninsula !

基本的には、オススメコースを軸に情報にアクセスできるようになってます。

ぜんぶで20コース用意(やや重複してるのもありますが)し、オススメごとに分類して、誰にでもコースが選びやすくなってます。

今のところ平坦、海好き、坂道、観光地、カフェ巡りの5分類。
初心者の方でしたら「平坦」あたりから選んでもらう…とかです。

それぞれのコースに、絶景ポイントに加えて、各地域の飲食ポイントも記載。

飲食ポイントは、飲食店はもちろん、北部地域は飲食店自体が少ないので、食糧が買え普通のお店(直売所、スーパー)の情報を掲載してますので、困ったときには現地でスマホから情報を入手できるように工夫してます。

どちらかと言えば、観光マップにどーんと載ってる店よりは、地元民的見地からのオススメ飲食店をセレクトしてあります。

Ride With GPS

マップサービスはRide With GPS。
ルートラボの後釜はもうコレ一択です。

できればスマホにアプリを入れて、アカウント作っておいてもらったた方が利用しやすいはず。
実際、自分でルート作成したりすることもるでしょうし。

レンタルとかブログとか

観光DMOとの協業なので、レンタルe-bikeの案内も掲載。
予約フォームにリンクしてます。
有料ガイドの情報もありますのでご確認を。

あと、ブログも開設して、男鹿半島ライドの情報をこまめに更新してく予定ですので、どうぞ御贔屓に。

自転車機材

夏に向けて涼しめのスポーツマスクを

お久しぶりでございます。

コロナウイルス騒動でいろんなコトがありましたが、男鹿半島は平和です。
感染拡大地域からは遠く離れてますし、人口密度もまばら。
クルマ移動がメインの土地ですし、公共交通機関での感染リスクもほぼ無きに等しく。

今まで、男鹿半島っていうのは過疎の土地かと思ってましたが、どうやら逆。
人が、人らしく、人として素のままで生きる人口密度は、実は男鹿半島ぐらいがちょうど良かったのかも。

まぁ、感染もだいぶ下火になってきたので、これからまた過密、過剰な都会が戻ってくるのかもしれないですが、あたらめて男鹿半島っていう土地の魅力というか、特質を再認識した春でした。

自転車用マスク

そんな中、苦心してるのがマスク。
自分は、マスクをする習慣が全くなかったので、このコロナ騒ぎでお店に行くのにマスク必須になってきたのは非常につらい。
特に自転車乗りながらだと、凄く息が苦しくなるので近所のスーパーに出かけるにも苦心してる有様。

基本、乗ってる時はマスクは無理です。

自転車関係のサイトでは、感染した人がライドする場合は、後方に対して20m程度の距離が必要ということでしたが、男鹿半島の人口密度、ライド密度なら、これはもう余裕。
自転車に乗ってる時にマスクする必要はないでしょう。

ただし、途中、人がいる場所で休憩したり、お店でご飯食べるような場合は、やはりマスクをしないといけないので、自転車用のマスク準備してみました。

ひとつはオリジナルサイクルジャージで有名なアウローラ製。
クランクやギア柄がいかにも自転車っぽさを演出するのでけっこういい感じ。
予約注文式で2,000円ほど。

もうひとつは言わずと知れたパールイズミ製。
こちらは1,000円で常時販売中。
シンプルな柄なので、普段使いにもいけそう。

どちらも薄手なので暑さがこもりやすい夏場でもいけそうです。

できれば、マスクなんか必要ない世界にしたいとこですが、まだしばらく時間がかかりそう。
いろいろ変わった春ですが、元に戻るってことは無さそうなので、新しい世界を作るのに力を尽くせればと思ってます。
世間では「新しい生活様式」とか言い始めてますが、外出時マスクが必要な世界にずっと住むなんて、自分はイヤですね。

— ads by amazon —