--- ads by google ---
--- end of ads ---
今日のライド, 男鹿半島

天気がいいから寒風山

昨日は、凄い天気もよくて何よりも気温が高い男鹿半島。

こんな日は、今年最後だろーってことで、慌ててロードのタイヤに空気入れて、今季に最後になるだろお寒風山ヒルクラ。

ここのところ、天気が悪かったり、いろいろ用事が重なったりでぜんぜん乗ってなかったので、ほんとひさびさ。
たぶん一ヵ月ぶりぐらい。

もちろん、こんなんじゃ調子もあがらないし、脚も回らない。
でも、たのしーので、いいんです。

もうホビーレーサーなんて肩書きは、とっくの昔に捨ててますし、そもそも持ってすらいなかった。
ただの田舎の自転車乗りなんで。

自転車に乗ることで体を鍛えようとも思ってないし、タイムを縮めようとも思ってない。
乗って、景色見て、人と会って、美味しいモノもついでに食べて。
メカいじりも好きだし。

それを続けていくことが楽しいんですから、それ以上はもう何にも要らないかも。

12月入ったらロードバイク乗るのはさすがに寒いだろうから、もうMTBに切り替えですね。
リアタイヤが減りまくってたんで、ネットショップに発注したんですが、最初のがまさかの欠品で、2回目に注文したやつがよーやく今日、商品確保ステータスになったとこ。
到着までは、あと2,3日かかるかな。
今年の冬は、いろいろ試してみたいコトもあるので、少しだけガンバろー

地の果ての田舎暮らし

干し柿、作ってます

秋の味覚シリーズ第2弾…も、やっぱ柿です。

前回のさし柿(渋抜きした渋柿)も美味しいんですが、なにぶん柿は日持ちがしない。
すぐに熟しちゃうので、さっさと食べないといけない。

長くとっておく場合は、皮をむいて紐に結んで吊るして、干し柿にします。

まぁ、手間はかかるんですけど、ほんと甘くて美味しいスイーツになるので、ほんとにオススメのオススメ。

うちは風が抜けて、雨雪があたらない軒があるので、毎年いっぱい作って冬のおやつとして楽しんでます。

今日の午前中は、そろそろ今年最後になりそうな干し柿作り。

そろそろ熟して剥いて干すには難しいかと思いきや、まだまだ干し頃の柿多数で作業は順調に進みました。
知り合いの借りてる畑の脇の柿の木がいーあんばいに実をつけてました。

今の時期だとひと月ぐらいで美味しい干し柿になるはず。
先月干したのはもう食べられますよー、ほんと旨い。

普通にそのへん歩いてると、ぜんぜん収穫されない柿の木があって、もったいないなーと思うコトしばし。
確かに、干し柿は剥いて吊るすのが手間だし、吊るすのに都合のよい場所が、今の住宅には少ないというのは良く分かってるけど、もう少し田舎ならではのスイーツを復帰させたいよなーと思う秋の日。

— ads by amazon —

地の果ての田舎暮らし, 雑記

秋の味覚と言えば柿

秋の味覚は柿ですねー

秋田の場合は圧倒的に渋柿の木が多いので(甘柿なんてあるのかな?)、そのままは食べられません。
めっちゃくちゃ渋いです。

ところが先人の知恵っていうのは凄いもので、この渋渋の柿を甘くいただく方法が無数にあります。

代表的なのはヘタの部分に少量の焼酎をつけて袋の中に入れて密封しておく方法。
1週間ぐらいで渋が抜けます。

なんでヘタにちょっと焼酎付けるだけで渋が抜けるのか不思議だったんですが、最近渋抜きのメカニズムを聞いてよーやく納得。

基本的に、渋柿の渋を抜くには、柿の中の渋み物質のタンニンをアセトアルデヒドに吸着させれば良いらしく。
焼酎はそのアセトアルデヒドを発生させるためにしみ込ませるんだとか。

最近は、エタノールをスティック状に固形にしたのがホームセンターとかで売ってて、これなら一個一個焼酎につけなくていいので、大量の柿の渋柿も楽々できます。
自分も、今年大量に柿をもらったので、この方法初めて試してみました。

結果は、イーあんばいに渋抜けてます。

頂いてきたやつは熟し具合がバラバラだったので、色合いで選別かけて、ちょうどよいのを順番に食べていこうかと。
たぶん、食べきれないので、友達や近所の人にも配ろう。

なんか、こーゆーやりとりあるのが、いかにも田舎っぽくていいよね。
柿も知り合いからいただいてきたものだし。

— ads by amazon —