--- ads by google ---
--- end of ads ---
雑記

体温測定

なべっこライドの直前、風邪ひいて病院行ってました。
病院で体温測ると、そんなに高くないんですが、実際何となく熱っぽく感じてたり。

んー兎にも角にも静養して事なきを得たんですが、体温のコトはちょっと引っかかってました。

というわけで、風邪が治ったタイミングで改めて平常時の体温測ってみたところ…

なんと、自分が思ってたより0.5~0.7度ほど低めの体温が計測されました。

なるほど。

風邪ひいた時に測った体温は、やっぱり平常時よりも少し高かったみたいです。

これが個人差なのか、加齢によるものなのか、測定誤差なのか、今のところはっきりしませんが、いずれにしろ今後体温測定する場合には差し引いて読まないと。

一度普段の健康データをロギングしておくのもいいかも。
スマートウォッチの類もたくさん出てますし。

ただ、日常的にずーっと装着とか絶対しないと思うので、期間限定でレンタルとかしてくれると助かるんですがね。

何万円もするようなスマートウォッチは絶対買わないですし、3,000円ぐらいから売ってるようなのはデータの信頼性が低すぎますし。
医療機関主導で、健康診断のオプションメニューとして提供してくれないかなー

— ads by amazon —

サイクルイベント

男鹿半島なべっこライド無事に終了

実は直前に風邪ひいてダウンしてたんで、ちょっとヒヤヒヤで静養してたんですが、なんとか開催当日には復活。
予定通りメカサポ&遊撃スタッフとして動けてホッとしてるトコです。

天気予報では雨が残る可能性もあったみたいですが、無事に雨は完全回避。
風はちょい強め、気温ほどほどと、まずまずのライド日和でしたのは、ほんと恵まれてました。
この時期に雨が絡んじゃうと、ほんとに寒い寒いイベントになっちゃいますから。

参加者は140名ほどだった模様。
できればもっともっと参加を伸ばしていきたいトコですが、まだ2回目ですし、春のGEに、秋のなべっこライドと年2回ということもあって、まだまだ告知とイベント自体のレベルアップが必要な感じです。

80kmとはいえ今回のコースだとけっこうな獲得標高ですんで、初心者の方が気軽に参加するには少しきついのも確か。
寒風山をコースから外すか、寒風山をシュートカットしたミドルコースを設定するか。
そーするとエイドの配置などで、いろいろ検討しないといけない話も出てきます。

また、今回のエイドメニュー、クオリティはそこそこ高くて評判も悪くないんですが、人によってはカロリー総量はちょい不足気味だったようで。

逆に言えば、そうした所々の課題をクリアできれば、もっと良いイベントにできる可能性も残ってるわけなんで、その暁には、今以上に多くの方に男鹿半島ライドを楽しんでもらえるようになるんじゃないかと期待してます。

なにはともあれ、大きなトラブルもなく無事に終わってくれて何より。

今期のサイクルイベントは、まずだいたい終わりましたので、また来年に向けて、いろいろと練っていきたいと思っております。
今度ともよろしくお願いいたします。

サイクルイベント, 雑記

ライドイベントのゲストライダーさんについて

グレートアースとグル麺ライドしか知らないんですが、ゲストライダーさんについて、ちょい疑問に思ったことがありましたので、書き残しておきます。

有名な現役選手なり元選手の方がゲストライダーとして参加される場合です。

基本的に、選手系ゲストライダーの方はバリバリに走れる方が多いこともあって、だいたいが先頭集団近くを走っていち早くゴールするっていうケースが多いよう。

ただ、これだと先頭の一部の参加者さんは、ずーっと一緒に走れるんでしょうが、ほかの大半の参加者とは一言も言葉を交わすコトもないままお帰りになることに。

イベントを盛り上げて、参加者さんを楽しませる為にお金を払ってお呼びしてるわけなので、同じ参加費を払っているのに不公平なんじゃないの?…と今回、実際に参加してみて感じた次第。

エイドで到着順で食べられるモノが違う…というような感じ。

内情はいろいろあるのかもしれませんが、それこそ参加者にとってみれば関係ないこと。
もしこれが日本のライドイベントの通例であるとすれば

悪しき慣習

だと考えます。

バリバリに走れるゲストライダーさんなら、いっそ最後尾からスタートして、全員抜きするぐらいのことはしてくれてもいいかも。
そうすれば、スタートで送り出してもらえますし、少なくとも全参加者のそばを通るわけです。
運が良ければエイドで見かけて話せるコトもあるでしょうし。
また、無意味に先を急ごうとして運営を困らせる参加者さんに対しても、あんまり早くゴールするとゲストライダーと会えないよ…という抑止にもなるでしょうし。

のんびり走って楽しめる人こそ自転車乗り

どーにも今の日本のロードバイクブームって、フィジカルが強い、速く走れる人が偉い…的な風潮があるように感じる場面が少なくない。
いやいや、速く走るコトが重要なのは競技してる人や、ブルベに参加される方々だけであって、大半の自転車乗りはそこから外れます。

趣味なんですから、のんびり走っても、ゆっくり走っても、存分に楽しめるコトが一番大事なコト。
自転車ってある意味、日常のしがらみから外れて自由に楽しめる素敵な趣味ですので。