--- ads by google ---
--- end of ads ---
サイクルイベント, 男鹿半島

男鹿半島なべっこライド まとめ(勝手)

10月27日に男鹿半島にて開催される

Oga Bicycle Peninsula
秋のなべっこライド2019

やや情報がまとまってないので、こちらでまとめとこうかと。
開催までの間はトップ固定で。

開催要項はこちら。
男鹿なびのイベント案内ページがいちおう公式告知になってます。

ロングコース

秋の男鹿半島のいいとこどりのライドでして、ロングコースはこちら。

80kmでエイド5か所、参加費8,000円はなかなかにお得かと。
エイド自体のクオリティもバランスも高いですし。

西海岸から入道崎をクリアして最後は寒風山という、80kmとはいえけっこう走りごたえのあるコース設定。
最後に寒風山っていうのは、ちょいきつそうですが、コース設定的には無理なら茶臼峠を迂回させてもらえるかな?
ただ、それだとエイドが一つ飛んじゃうので、やっぱり頑張って登りたいところ。

エントリーはスポーツエントリーかもしくはお電話にて受け付けてもらえるそうです。

ショートコース

こちらはJRの旅行商品です。
なので申し込みはびゅうプラザ。

サイクルトレインに自転車を持ち込んで参加するコース。
距離も短いですし、ライド以上に石窯ピザや地引網体験に興味ある人向け。
もしかして、ふだん家族を置いてけぼりでライドしてるパパさんの家族サービスに好適かも。

e-bike、ロードバイクのレンタルあり

自転車をレンタルして、手ぶらで参加もできます。

参加費込みでe-bikeなら12,000円、ロードバイクなら11,000円。
e-bikeはTREKのDualSports+なので、かなり本格的なMTB仕様です。

実際にイベントで使ってみたので知ってますが、これならアップダウンの多い西海岸や寒風山も楽にクリアできます。
ただし、平地では楽に走れるのは15km/hあたりのなので、序盤の平地はゆっくり走るつもりでいると男鹿半島を楽しめるはず。

申し込み方法はFAXかe-mail。
画像クリックするとリンク先にPDFあるんで、それに記入してFAX、もしくは必要事項をメール本文に書いて申し込むのがスマートですかね。

できれば申し込み専用のサイトとか作ってくれると、スマホからも簡単に申し込めていいんですが。

応援ツアー

参加される方の家族や友人の方向けのプランも用意した模様。
バスでエイドに先回りして、GAOとゴールのエイドは参加者と一緒に食べられるという趣向のようです。
んー、全部とはいいませんが、せめてブルーベリーソフトぐらいは追加して欲しいかなー

申し込み方法はレンタルプランと一緒なのでこちらから。

以下、このブログで書いたなべっこライド記事へのリンク

5年連続7回目の開催

「なべっこ」って何だ?

今年の男鹿半島なべっこライドは最強グルメライドでは!?

サイクルイベント, 男鹿半島

「なべっこ」って何だ?

そーいえば、これってめちゃくちゃローカルな単語でしたね…

ようは秋の行楽で、河原とか、浜とか、公園とか、広くて気持ちいい場所に大きな鍋を持ち込んでみんなで煮炊きをして楽しむ行事のコト。

感覚的にはBBQです。
それの「鍋」バージョン。

最近は鍋もBBQも両方楽しみのもありみたい。

”っこ”を付ければ秋田弁

秋田弁にありがちな、語尾に「…っこ」と付ければ秋田弁になるあたりが語源でしょうか。
東北でいうところの「芋煮会」とほぼ同じですが、昔の栽培北限の関係なのか、芋は積極的に使わないかも。

というわけで、10月27日、男鹿半島で開催される「なべっこライド」は、気持ちよい秋の日に、外でみんなで鍋を作って楽しむイメージをライドと結び付けたもの。

実際、鍋料理エイドもだまこ鍋と海鮮鍋の2か所用意されてます。

去年もこのイベントサポートしてましたが、飲食は特に好評でした。
今回はそこから地味に改善も図られてて、たぶん純粋に美味しいライドの人気投票をしたらトップを争えるコトは間違いなく。

詳細はこちら(男鹿なびさんのページ)
秋の終わりを楽しむグルメライドとしては特におすすめ。
ぜひぜひご参加くださいませ。

ちなみにロングコースはこちら。

ショートコースはこちら。

ロングコースは80kmと言いながら最後に寒風山なんでちょっと大変かな?
ショートカットして茶臼峠を帰ってくるのもできそうですけど、エイドが一つ飛んじゃうのは勿体ないですし…ちょっと頑張ってみましょうか。

男鹿半島, 雑記

車道のどこ走ります?

昨日、早朝ライドに行くと、いつもの道路の車道と歩道の間が綺麗に清掃されてました。
ふつうは砂利とごみと破片で汚れてて、とてもロードバイクで走れるトコじゃないんですが、これはありがたい。

車道のどこを走るっていうのは、自転車乗りにとっては大事なお話。

車道の左側

規定上は「車道の左側」なので、一般的には写真の赤矢印のあたりです。

ここなら、路面が汚れてるってコトもないですし、車からの視認性もよく、きちんと対応して、必要に応じて減速してから追い抜いてくれますので、かえってスレスレを抜けられることも少ない。

自分もだいたいこのへん走ります。

人によっては、もう少し車道の中央よりを走る場合もあるみたいですが、それもありかと思います。

路肩

割と勘違いしてる人がいるのが「路肩」を走る…という方。

まぁ、今回みたいに綺麗に清掃されてると、ここでも十分良いかと思うんですが、これってまずレアケースです。
ロードバイクの大敵…パンクの原因になりそうなものが散らばってるのが通常。

それを避けて白線の近くを走ると、今度は車との距離が微妙になります。
車道にいないコトをいいことに、減速もせずにスレスレを抜けていく車の数が増えるので、かえって危険なんじゃないかと考えてます。

ちなみに道路交通法で「路肩」って、きちんと定義されてないみたいです。
たしかに、道路の左端って、道路によって作りが違いますし、幅も、整備状況もバラバラ。
ここを走行すると義務付けるのは無理がある。

白線

論外です。

白い塗料の上は滑りやすく、雨の日なら確実に落車の原因になります。

交通量の少ないとこを走る

基本的に、自転車は軽車両なので、車道を走るのが原則です。

それも路肩じゃなくて「車道の左側」が一番ベストと考えます。

それだとちょっと追い越してく車が怖いかも…という意見もわかりますが、そもそもそんなに交通量のあるところを走るコト自体が怖いんで、なるべくルート選定時点で、そーゆー場所は避けるべき。

男鹿半島は交通量もすくないですので、自転車で遊びに来るには最適の場所の一つなので、ぜひ!