--- ads by google ---
--- end of ads ---
自転車機材

リジッドクロモリMTBのどっかから異音

ダンシングの時の異音

異音がする…っていうのは整備不足のメーターと思っていいです。

まぁ、最近のプレスフィット系のBBは異音がするのが普通みたいなのもあるみたいですが、今回のはリジッドクロモリの古いMTBなので、BBは当然スレッド。
そこからの異音じゃないです。

症状としてはダンシング時…なので、確かにBB、ペダルあたりが怪しかったんですが、チェックしても原因はつかめず。
回転系のパーツを中心にあちこち見てみましたが該当なし。

んーなんだろう?

ヘッド?

ふと、そーいえば前にも異音した時がした時があって、あのときはヘッドパーツのベアリング交換&グリスアップで治ったっけ…と思い出しヘッド部分をチェック。

あらら、上から抑えるナットがゆるゆる。

これは鳴りもしますわね。

とぴうわけで、ダブルナットを大きな薄型レンチ(ヘッドセットレンチ)とモンキスパナでぐいっと締めこんであげると無事に異音は収束。

ついでに最近停車時に前輪が左右に曲がってしまう症状も、ほどよくハンドル位置をキープするようになりました。

なるほど、こーゆートコにもトラブルの前兆が表れてるのね…と。

とにかく、大きなトラブルになる前に解決できてなによりです。

異音の元の特定

自転車は基本的にシンプルな構造なので、メンテナンスや調整はそれほど面倒なコトはないです。

今の自転車なら六角レンチとドライバー、あとはトルクスレンチがあれば主だったパーツの交換、調整はできます。
(うちのは古いのでヘッドセットレンチとか必要ですが、今の自転車のヘッドパーツは六角レンチだけで調整できます)

難しいのは異音から原因を特定するコト。

異音は乗ってるときしか発生しないし、その状態だとどこから発生してるかを聞き分けるってほぼ不可能なので。

こればっかは経験と勘ですね。

そのためにも、清掃はなるべくこまめに、簡易な調整・点検は自分でやることをお勧めします。
ショップに預けても異音が再現しなければ修理しようがないですし。

— ads by amazon —

今日のライド, 男鹿半島

男鹿総合運動公園のサクラ満開

男鹿半島には残念ながら桜の名所といえる場所は無い…と思ってきたんですが、ここのところ男鹿総合運動公園のサクラが綺麗に咲く年が増えてきました。

まだ年によって良しあしがある感じですが、今年はいい感じに咲いてますね。

駐車場わきの丘の上もなかなか見事。

入口ゲート左脇も日当たりあんましよくないはずですが、きれいに咲いてます。

公園内のサクラは、まだ小さいのが多いんですが、こちらも力強く咲いてます。

今週末あたり男鹿半島に自転車でライドに来られる方も多いでしょうが、ぜひぜひこちらの運動公園にもお立ち寄りを。

いとくとローソンをすぎて、小さな丘をこえて、最初の信号を左側です。
食料買ってきて、休憩がてらプチお花見するのには最高です。

今日のライド, 男鹿半島

桜と椿のサイクルアテンド:北浦、五里合、男鹿中

先週に引き続き、今日もサイクルアテンド。
自転車乗りの方を連れて地元案内が続きますが、やってる方も楽しいので。

男鹿半島の北側

今回は北浦、五里合、男鹿中を回って、いろいろと話をさせてもらいながら、あれこれ案内させてもらいました。

ちなみに「THE 観光!」っていうような話はほとんどしません。
たいていは暮らしの話や裏話的な。

「●●は何年も河川工事してるけど、去年冠水してたし…」とか。
「風車が増えたけど、この土地の賃借料ってめっちゃ安いらしいよ」とか。

いや、そんなコトばっか話してるわけじゃないですが、話題に枷はないです。

季節は春

ちょうど桜も咲いてました。
ほんとに昨日、今日あたりで咲き始めた感じ。

そしてそして、今年は椿の開花が全体的に遅れたようで、桜の咲き始めでもまだけっこうな花が残っていましたね。

赤とピンクのコントラスト…写真ではなかなか伝わりずらいですが、これは新鮮な色合いで、一目見たときの感動はけっこう凄かったです。

こーゆー風景に気付ける、ちょっと立ち止まってしばし愛でる…っていうのができるのが自転車散策のメリットですね。

自転車も走れば人に会える

たまたまなんでしょうが、昨日は自転車に乗ってるだけでいろんな人に会えました。

最初は浜間口で、小径車でいかにも日本一周っぽい感じの方がいらっしゃったので、ちょっと立ち止まって声かけてみたら、なんと台湾からの方。

日本語はちょっとしか話せないですが、そこはそれ、単語だけでもなんとか聞き取りながら、なんとか意思疎通をはかります。
とはいえ、実は昨日の同行者は英語が堪能な若者だったので、それはそれでちょうど良かったかなと。

いろいろ話してるうちに、さらに自分の自転車仲間さんが通りがかり、さらに自転車の話、台湾の話、ヒルクライムの話なんかが盛り上がる。

二人と別れて五里合の方に向かい、ほどほどいったあたりで桜が綺麗に咲いていたところがあった(下が資材置き場なのが少々残念)ので、そこで休憩してると、先ほどとは別の自転車仲間が車で通りがかる(仕事中)。

やぁ、今日はいろんな人に会うなぁ…と思ってたら最後にはお巡りさんからお声がけが。
どうやら自転車(ロードバイク)を倒して休憩してたら事故かと思ったそうで、気にして声をかけてくれたそうです。

たしかに道路脇に倒してるとそうも見えなくはないですので、これは皆さま気を付けましょうね。

休憩ポイントを押さえておく

こーやって地元をぐるぐる回るときに休憩ポイントはある程度把握してないとつらいですね。

今回は北浦スタートだったのでニコットでパンやドリンクを予め買い込んでスタートしたので、あとは途中で自販で追加するぐらいで十分。

コーヒータイムは珈音で満喫できたので、ちょうど良い感じのサイクルアテンドになったかなと思ってます。
例によってクロモリリジッドなので、キャリア&バッグに食料積み込んで乗れますし・

引き続き、この類のアテンドは続けていく予定。
きちっとした事業化も進めていきたいところなので、関係者の皆様、よろしくお願いします。