--- ads by google ---
--- end of ads ---
自転車機材, 雑記

カメラポーチには使い捨てカイロ

冬場のアウトドアで困るのはカメラやスマホのバッテリーがあっという間に尽きるコト。

ちなみにこれは、バッテリーの特性そのものであって、どんなに高い機種であろうが、氷点下の状況ではバッテリーはあっという間に終わる。

まぁ、温めればいいんです

手軽なやり方としては、ウェアの内ポケットなんかに入れて体温で温めておく。

これだと、さっと取り出して撮影するっていうのには向かないので、自分はベルトポーチの中に使い捨てカイロを貼ってます。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

これだと、すぐに取り出せる上、体温よりちょい高めの温度で温めてくれるので、夏場と変わらない性能で撮影できます。

何事も工夫次第です。

アウトドアカメラをもっとお安く

それにしても、最近のアウトドア対応のコンデジは値段が上がっちゃって困りますね。
自分が買ったOLYMPUSのTG310なんて、確か8,000円程度で買ったはず。

外で使うので、どうしても路面に落としたりして傷つけたり、水密破れで壊したりというのは避けられないので、気軽に買い換えられる値段で提供していただけると助かるんですが、O社さん、R社さん、如何なもんでしょう?


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です