果てのサイクリスト

ESGE ダブルレッグスタンド

こないだから、ゆるキャンごっこに使ってるクロモリMTB。

キャリアやらパニアバッグやら付けると、やっぱり安定したスタンドが欲しくなる。
というわけでESGEのダブルレッグスタンド装着!

実は、ずーっと前(5年くらいかな…)に買って、しばらく試して、いいなと思って。
じゃぁバイクに合わせてレッグ部分切断しなきゃって思って一旦外して…そのまま忘れておりまして。

今回ひさびさにストレージケースの奥から取り出して、切断、装着作業行いました。

まずは長さを合わせます。

ダブルレックスタンドを仮装着したまま、メンテスタンドにセットして、前後のタイヤの下死点とこを結んで(糸とか、メジャーとか)切断位置決めます。

一旦、取り外したら金鋸で切断!

そんなに固い鉄じゃないので、ちょっと頑張ればすぐ切れます。
軽くヤスリで切断面のざらつき取って作業完了。

ほんとはプラキャップが先端に嵌るんですが、きつくてはまらかったのでそのままで運用です。

実は長さ的には僅かに長くて、リアがちょっと浮く(荷物積めばたぶんフロントが浮く)んですが、この先、もっと太めのタイヤ履いたり、地面の柔らかいとこに止めたりするコト考えると、少し長いままの方がいいか?

と思ってそのままに。

しばらく運用してみて、切った方が良さげなら詰めるかも。

スポーツバイクにとってスタンドってなかなか相いれないものです。
これも550gグラムもあるので、さすがにロードバイクに付ける人はいないでしょ。

ただ、キャリーバイクとして考えると、やっぱりこれが無いと不安定。
実際、荷物いろいろ積み始めたら550グラムとか誤差の範囲です。
こないだ出かけた時も、クッカー、バーナー、食材つんだらけっこうな重さでしたし、ここは重量よりも利便性重視で。

— ads by amazon —


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください