カテゴリー
ナイトライド 自転車機材

ナイトライド、フロントライト検証

昨日の夜は、ロードバイクにライト・フル装備でナイトライド行ってきました。

フロントはVOLT1600とVOLT200。
それにヘルメットライト(GENTOSのHW-999H)を装備して、どのような状況で、どのような組み合わせでライトを使ったらより安全に長時間ライトを使用できるかを確認してみました。
全部フル点灯しちゃうと2時間でバッテリー切れちゃいますので。

VOLT1600はLoモードでも強力なかわりに、配光パターンが一律に近いようで、ハンドルバーにマウントすると、けっこう対向車が眩しく感じる。
そのへんを配慮するとVOLT1600の光軸をかなり下向きに傾けないとならず、せっかくの性能がイマイチ発揮できない。
(それでも下位製品に対して、大きなアドバンテージのある光量ですが…)

というわけで、今回からフロントホイールの車軸に取り付けました。
クイックレリーズの反対側のナットと入れ替えるタイプのライトマウントアダプタ(KCNC製)です。
これならば、マウント位置をかなり低くできるので、光軸を水平に近づけて、より遠くの路面までカバーできる。

実際、このマウントでVOLT1600の光量であれば、路面の状態を確認するのにLoモード(200ルーメン)でほぼ問題なし。
見通しの良い平地巡行でMidモード(500ルーメン)やHiモード(1600ルーメン)を使うことはほぼ無いと言っていい。
ヘルメットライトを追加する必要も感じない。

逆に、Midモード、Hiモードで明るく路面を照らしていると、目がその明るさに慣れてしまい、とっさに別方向に視線を向けた時に、暗い状態に順応できずにかえって危険かも…と感じた。
安全を確認できる最小限度の光量に目を順応させておいた方が視界確保上のリスクは少ない…というのは、このライトを使って真っ暗闇の中を走ってみたからこその新見地でした。

その一方で、峠道、下り坂では固定ライトだけでは危険を感じる。
Midモード(500ルーメン)ぐらいを使えばだいぶ改善するものの、やはり視線方向に明かりを振れるヘルメットライトを点灯したほうが視界確保にはだんぜん有利。
いろいろ試した感じではVOLT1600はLoモードのまま、ヘルメットライトを追加するのがベスト。

GENTOS HW-999HはHiモード(230ルーメン)で8時間利用可能なので、こうゆうスポット的な利用であれば夜中に電池切れになることもなさそう。

こうなるとハンドルバーにつけたVOLT200は視界確保的にはなければなくてもいい。

ただ、高い位置に弱めのライトを水平近くに取りつけると、対向車にちょっとだけ眩しく感じてもらえるので被視認性はあがる。
あとは、スタイルの問題…ダブルライトは、それなりにカッコいいと思うので、重量を気にしないのであれば多めに装着するのは悪くない。

男鹿半島でナイトライドを走るとすれば、真っ暗闇の中を走ることも少なくないだろうし、過剰なぐらい装備は整えた方が良いかと思っていろいろ準備してきましたが、だいたい想定どおり…だったようで何より。

メインにVOLT1600、サブにVOLT200、ヘルメットにHW-999Hの3灯体制で臨めば、想定外の状況にも十分対応できると思われる。

メインライトはVOLT800あたりでも光量は間に合うと思うので、あとは走行時間との兼ね合いでセレクトすればいい。
大光量ライトはLoモードでの長時間点灯が可能なので、オーバーナイトを予定してるのならVOLT1600クラスを買っておいた方がいいのは間違いないので。

— ads by amazon —

カテゴリー
サイクルイベント ナイトライド 今日のライド 男鹿半島 自転車機材

グレートアース男鹿半島なまはげライド、今年も無事終了

今年もグレートアース男鹿半島なまはげライド。
無事終了いたしました。

一緒にスタッフやサポートに活躍してくれた皆様、参加して男鹿半島ライドを満喫された皆様、大変お疲れさまでした。
おかげさまで、自転車乗りにとって最高の2日間になったようで、ホント何よりです。

自分は、2日ともメカニックサポート担当ということでライドはできませんでしたが、代わりに、普段触れないようなバイクやら、個々のパーツの違いやら、じっくり見れたりとなかなか興味深い2日間となりました。

メンテしながら、いろんな話も聞けましたし、それぞれの自転車に対する想いみたいなものにも触れられましたし、いい勉強になりました。

まぁ、人の自転車をメンテするっていうのは、安全に関して、それなりに責任がある役割なので、けっこう気は使いましたし大変ではありましたが。
特に、最近のカーボンバイクやカーボンパーツはデリケートかつ高価なので、別の意味でも緊張します。

一番多いトラブル

持ち込まれるトラブルの大半はリアディレイラー不調。

変速ワイヤーは経年で必ず伸びるので、その分のテンションを補ってあげないと、必ず不調になる。
残念ながら自転車はメンテナンスフリーじゃないので、方法はどうあれ、何かしらのメンテナンスが必要。

幸いにして、リアディレイラーの不調は、リアのアジャスターを手で回すだけで調整できるので、特別な工具は必要ない。
必要なのは根気だけで、誰でも必ず調整可能な部品です。

こうした作業が苦手な人もいるとは思いますが、こうしたコトを少しづつでもいいので覚えていうと、よりいっそう自分の自転車と仲良くなれるので、良いコトだと思ってます。

タイヤの空気圧不足に関する意識

あと、タイヤ空気圧不足のまま走ることに関して、あまり気にしない人が多いのかも…と感じた2日間。

スポーツサイクルは、普通の自転車と違って、空気圧が非常に高いので、時間が経つと、必ず空気が抜けていく。
そして、そのサイクルは一般の方が思ってるより非常に短い。

昨日、門前(ほぼ中間地点)まで来てからポンプを借りに来た方の空気圧は4barと大幅に不足。
通常は8barぐらい入れます。

この方は、違和感を感じてポンプを借りに来ましたが、もしかすると、かなりの人が空気圧が低いことを気にせずに1周してたのかも…

今回、パンクや落車の発生がやや多めだったんですが、空気圧不足が原因になってた可能性は十分ありえます。
スピードが出ている時に、タイヤの空気圧が低いと、ちょっとした外乱(路面の荒れなど)に対して、簡単にアンコントローラブル(制御不能)に陥る可能性はなくはない。

特段の理由が無ければ、出発前に必ず7~8barぐらい入れとくのを習慣にしとけば、トラブル回避に大いに役立つはず。
これ、今後は機会があるごとに言っていきたいと思う。

「タイヤの空気は毎回8barまで入れよう」

こっそりナイトライド

で、2日間完全ノーライドは悔しいので、前夜祭前に、お昼の空き時間にメンテしておいたBD-1で、漁港そのへんを流してみたり。

田植え直後の田んぼは、ホントに綺麗で、そのときだけの一瞬の光のブレンドを見せてくれます。
どこにでもある、当たり前の光景だし、わざわざ他所から見に来るようなものでもないですが、この光景にいろんな価値が込められてる…っていうのは地元の人間として覚えておかないといけないと思ってる。

さらに、前夜祭後には、BD-1にVOLT1600とRapid5を装備して入道崎までナイトライドしてみたり。

前回検証を予定していた、暗闇道でのライト性能の確認です。

フロントライトは、予想通りVOLT1600のLoモード(200ルーメン)で十分に視界が確保出来ます。
ヘルメットにもライト装着してましたが、大きなカーブも無かったので、VOLT1600だけで十分に安全な走行が可能でした。

リアライトはRapid5でも、十分に被視認性を高めてくれていそうでしたが、道路交通法ではリアライトは必ず点灯での使用が必要。
それなりに距離を乗るのなら、もう一つ点滅で使用するリアライトを追加しておけばさらに安全だろうな…と。

自分はロードバイクには常にRapid-Xを装着してるので、この二つの組み合わせを基本運用にすれば、より安全なナイトライドができそうです。

夜の風を感じる

それにしても、夜の暗闇道は、カエルの大合唱や、側溝を走り抜ける野生のタヌキやら、なかなか刺激的です。

ほとんどが暗闇なので、視覚的には単調になりがちですが、そのぶん、聴覚や、触覚に訴えかけてるものには鋭敏になります。
当然、昼間に比べれば安全性は落ちるので速度は抑えめにして走るべきですが、それを補ってくれる別の楽しみがあるのも確か。

このへん、もっともっと検証していきたい。

あと、夜の入道崎もなかなかいいトコです。
そのへんの話は、また別の機会に。

— ads by amazon —

カテゴリー
ナイトライド 自転車機材

ナイトライドに向けて準備スタート

昨日、夜のご近所ミーティングがありまして、今冬に購入しててずーっとスタンバイ状態だったVOLT1600を、よーやくシェイクダウンとなりました。

それにしても明るい…
というか、眩しい…

うっかり水平にセッティングすると対向車はめちゃくちゃ眩しいだろうというレベル。
マウントをかなり前傾させて、一番明るい領域は自転車のすぐ前にくるようにしてますが、それでもかなり遠くまで路面を明るくしてくれます。

もしかすると、フロントフォークとか、マウント位置をもっと下にセッティングした方がいいのかも。
このへんは後々考えてみます。

ぽつぽつと街灯のある一般道ならLoモード(200ルーメン)で、ぜんぜん問題なし。
同じルーメン数のVOLT200も持ってますが、こっちの方がずっと明るいようです。

おそらくほとんど街灯の無い場所でも、交通量が少ないような場所で、通常より水平にセッティングできれば、まず問題ないと思います。
このへんは、そのうち街灯なしの暗闇道に試しに行ってみますが。

少々、高い速度で走ってもMidモード(500ルーメン)で、十分行けそうです。

たぶん、Hiモード(1600ルーメン)で使うなんてのは、ブルベ等で峠を急いで下らなきゃならないとか、そーゆーシチュエーションに限られるのかも。

それほどスピードを出さずにLoモード(15h持ちます!)で夜のロングライドという、自分の想定には十分すぎる性能。
Midモードは下り等のスピード領域の高い時。
Hiモードは緊急用でしょう。

まぁ、昨日の気温でも、まだちょっと寒くて、これでロングライドってわけにはいかないですが、下旬ぐらいになれば、ちょうどいい感じになってくるかも。

いろいろ楽しみになってきました。

— ads by amazon —