果てのサイクリスト

ローラー台は寒い場所で回すのが快適です

ここ数日、冬の嵐のような天気が続き「雪寄せ」という必須トレーニングを実施せざるおえない状況でしたが、今日は天候は雨に落ち着き「雪寄せ」はお休み。
久しぶりにローラー台で45分ほど汗を流しておりました。

10m ウォームアップ
5m 70% 90~100rpm インナーミドル
3m 流し
5m 85% 60~70rpm アウタートップ
3m 流し
5m 90% 90rpm アウターミドル
3m 流し
5m 90% 60rpm アウタートップ
5m クールダウン

いつもはインターバル3本でしたが、ちょっと余裕が出てきた感じなので今日から4本に増やしてます。

寒い場所での練習が快適

自分の場合は、暖房のない離れの小屋でローラー台を回してますので、そんなに大汗はかきません。
もちろんウェアの下は、かなり汗だくで、すぐに洗濯になるわけですが、汗がしたたり落ちる程では無いです。

DSC00488

気温は8℃ぐらい。
ちょうどいい感じです。

もちろん、回し始めてすぐはかなり寒いので、ネックウォーマーとアウタージャケットを羽織りますが、10分のウォームアップですぐに暖まります。
あとはかなり薄着でも、ぜんぜん平気。
快適に45分のメニューをこなせてます。

体温上昇にはご注意を

他のヒトのブログなどを見ると、けっこう暖房のある室内でやってる人も多いみたいで、自分からすると想像できないですね。
1時間で汗だく…というのを見ると、体温が上がりすぎてるんじゃないかという気がします。

自転車乗りは、常に前からの風で空冷されてるので相当な距離を走っても汗をかかないのが普通。
ローラー台だと風がないので一気に汗をかきますが、汗をかくことに慣れてない分、ちょっとフィジカルとしては危ない気がしてます。

ローラー台は、少し寒いところで回した方がパフォーマンスも出ますし、汗も少なくて練習密度はあがるような気がしてます。
まぁ、気がしてるだけかもしれませんが、滴る汗を気にしながら回すのはストレスになるのは確か。

都会の集合住宅では難しいかもしれませんが、田舎で一軒家または小屋などがある人には、ちょっと寒い場所でのローラー台をオススメします。

こーゆーのも、田舎の自転車ならではの幸せだったりします。

— ads by amazon —


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください