果てのサイクリスト

今年の収穫はイマイチ

今年の夏も暑かったですが、男鹿半島としては例年並み…という感じ。
朝晩は、そこそこ気温が下がるので、寝苦しい夜はほんとに僅か。

その一方で、春から夏にかけての天候はぐづつきました。

気温があまり上がらず、強い雨が降ることも多くて、5月には災害レベルの集中豪雨も。

その結果どーなるかというと…

家庭菜園はさんざん

でした。

全体的に育ちが悪くて実の付き方がイマイチ。

実がついても、あまり大きくならずに、ミニサイズのまま収穫せざるおえなかったり。

特にトウモロコシがダメージ大きく。

11本植えたうち4本に実がならず、3本は食べられるほど大きくならず。
収穫できた4本も、育ちがバラバラだったために花粉の付きがイマイチで歯抜け多数。

ここまでさんざんな収穫は初めてでした。

土遊び

とはいえ、自分がやってるのはほんの土遊びなんで、すべて自家消費。
特にダメージというわけじゃないんですよね。

ほとんど種を直播きしてるだけだし、苗で植えたトマトも頂き物。

あまり大きくはならなかったですが、オクラも初めて収穫できましたし。

肥沃な土を入れたり、肥料を大量投入したり、マルチで土を温めたりとか、そういうお金のかかるコトは一切なし。

コストをかけずに、育つものを育ててきた。

スーパーで買ってくるより高い野菜育てても意味ないですので。

土遊びレベルなので、これも良い経験だと思って、来年の育て方の工夫につながればいいんです。

農家じゃないし、今は農業したいというわけじゃなくて、土と水と食べ物のつながりを肌で感じたい…というトコですので。


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください