果てのサイクリスト

ゴミはみんなで拾わないと意味が無い

というわけで、昨日行った東屋に放置されてた、タバコの吸い殻詰め込まれた空き缶4本。
回収してゴミとして処理しました。

前回行った時に見つけて、凄いイヤだなぁと思って見たたものの、回収するためのビニール袋類を何も持って行ってなかったので、今日は持参。

濡れたタバコの臭いってイヤですね。
吸い殻いっぱい詰め込まれてるので、いちいち缶切りで開けないとゴミに出せないし。

間違えちゃいけないのは、こうやってゴミを回収するのが偉いとか、何とか、そういうコトじゃなくて、ゴミはみんなが回収してくれないと綺麗にはならないってコト。

どんなに啓蒙して、外にゴミを捨てたり放置しちゃいけませんって言っても、ゴミを捨てる人が一定数いることは間違いなくて。

となれば、あとは捨てる人の数と、回収する人の数で、景観が綺麗に保たれるかどうかが決まる。

割と単純な話です。

ここは綺麗でいて欲しいな…っていう場所を綺麗に維持するためには、自分がゴミを回収するしかないし、みんながそうしないと綺麗にはならない…ってコトで。

こんな綺麗でのんびりした良い場所に、タバコの吸い殻放置されるとかイヤでしょ?

その意味ではロードバイクって、あまりそーゆーのには向いてないんですよね。
まさかジャージのバックポケットにゴミを拾ってくるわけにはいかないですし、ゴミを捨ててこないってトコを徹底するのが大事なのかな。

— ads by amazon —


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください