--- ads by google ---
--- end of ads ---
男鹿半島

600kmの彼方の男鹿半島

600kmの彼方の男鹿半島

本日より、男鹿半島と自転車と田舎をテーマにしたブログをスタートしようかと思います。
ぜひ、ご愛顧のほど。

では、さっそく。


男鹿半島は田舎です。

東京からは遙か600km。
クルマを使っても、新幹線を使っても、飛行機を使っても、圧倒的に遠い。

ogamap1

青森にもフル規格の新幹線が走る中で、日本海に着き出した男鹿半島は、東北で最もアクセスの悪い場所の一つと考えて間違いないですね。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

ついこの間、消滅可能性都市なんて見出しでテレビで紹介されてしまうぐらいには田舎であることは、もう今更って感じです。

ところが、こんな田舎でも、余所には負けないぐらいの好条件が揃っているスポーツレジャーがあります。それは…

自転車です。

 
男鹿半島を自転車、スポーツサイクルで巡るメリットを言いますと…

  • 道路が変化に富んでいてビギナーから上級者まで楽しめる
  • 風景が次々と移り変わって飽きない
  • 交通量も信号も少なく、クルマの脅威がない
  • ここ数年、良いお店が増えた

言葉で書くとこんなですが、これだけの事が揃うだけで、自転車というスポーツの面白さが、とてつもなく違ってきます。
これは実感。

自分も、数年前まで首都圏で自転車に乗っていましたが、正直、首都圏ではスポーツサイクルの魅力を、半分も引き出すことができない。

唯一、途中で寄るお店の選択肢だけは豊富ですが、それ自体は自転車の直接の楽しみではないですので。

そのあたりの事を、これからじっくり書いていきたいと思います。

田舎でこそ、スポーツサイクルが面白い!

また、小さいながらも(20名程度)、定期的にサイクルイベントを開催してますので、そのへんの事も、交えていきたいと思います。

どんな内容になるかは、おぼろげにしか決めてませんが、ご期待下さい!

2014-10-12 11.38.15
(男鹿半島の先端、入道崎で休憩するの図)

以上。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

2 thoughts on “600kmの彼方の男鹿半島

  1. お初にお目にかかります
    “男鹿半島”検索でたどり着きました

    まだ、この記事だけですが
    これから読者として楽しみにしていますm(_ _)m

    男鹿半島は走りに行きたい目標の1つです!

    1. あずらえる男鹿半島検索でた さん

      コメントありがとうございます。

      男鹿半島は、自転車乗りにとってはいいトコロです。
      日常的に乗るにも。
      イベント的に乗るにも。

      コース的に恵まれてる条件を活かして、外のヒトにも、中のヒトにも、男鹿半島と言えば自転車って言ってもらえるようになるまで頑張ろうかと思っています。
      降雪期は、少々地味な記事にならざるおえませんが、春になったら男鹿半島ライド記事をどんどん投稿する予定ですので、お楽しみに。

      今年の5/10にはGREAT EARTHの開催地にも選んでいただけましたし、少しずついい形になってきました。
      ぜひ、一度走りに、遊びに、来て下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です