--- ads by google ---
--- end of ads ---
地の果ての田舎暮らし, 雑記

今年もテキトー菜園スタートしました

グレートアースを挟んでの5月中旬の早朝と夕方。
時間のある時は、ひたすら鍬を振るってきました。

自転車にも乗らず。

耕し、雑草の根をよせ、畝を立て、本日ようやく苗植えと種蒔きが完了。

これで夏場の楽しみのセットが完了です。

テキトーにやっても野菜は育ちます

基本的に、園芸番組なんかで紹介してるやり方は採用してません。
あの通りにやったら、めっちゃ高コストな野菜になりますんで。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

もともとガチガチの土ですし、土づくりなんて適当です。
たまに貰った肥料まいたり、藁とか、燻炭とか播いてみたり。
農家さんが見たら卒倒しそうなぐらいテキトー栽培。

ただ、意外と育つんですよね。

結局、正しい栽培方法なんて、農家さんが収量と品質と見栄えを優先するときこそ役にたつものであって。
個人が家庭菜園やるときのその真似をしても、採算も取れないですし効果も怪しいです。

だったら、収量が半分でもぜんぜん構わない。
採れたて野菜のおいしさを味わうだけなら、そんなにコストかける必要は全くないですので。

ミントの根っこ退治

去年から、畑に蔓延したミントの退治に取り掛かってます。

ミントはとにかく増える。
端っこの方に付けてただけなのに、あっという間に畑の真ん中の方に攻めてくる。

というわけで根こそぎ掘り起こしてます。

にしても野菜にしろ、ハーブにしろ、植物の根って凄いですよ。
雑草の根っこもそうですし、「根付く」っていう単語の意味がよく分かります。

世の中、無農薬野菜みたいなのが良いモノとして取り上げられたりしてますが、こーゆー根っこと闘いながら育てるのはホントに大変です。
除草剤使いたくなるのがわかりますよ。
必要なのは根気と体力。
ほんとに大変ですから。

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です