果てのサイクリスト

ナイトライドに向けて 反射ベスト

今回のナイトライド向け装備品調達の最後は、反射ベスト。

効果は、車のヘッドライトを大きく反射して、近寄ってくる車に自転車乗りの存在を知らせるコト。

これも定番品というものを探しきれず、まずコストパフォーマンスの良い製品を試しに使ってみる事に。

Blue Castle ナイトライドベスト

Amazonで見つけたので、試しにポチってみました。
イエローはそろそろ在庫が切れそうですが、グレーはまだ在庫豊富な様子。

自転車乗りが使う場合、腰まである反射ベストだとサイクルジャージのバックポケットが使えなくなるよな~っていうことで途中までのを探してみました。

確かにバックポケットは使えそうですが、逆に反射する部分が背中の上部分に来るので、ロードバイクに乗った場合、ほとんど反射されないんじゃないか…という懸念はありますが。

まず、試してみます。

両脇と、前のバックル部分が長さ調整できるので、たいていの人であれば体にフィットできると思います。
小さなポケットなんかもあるので、補給食とかも入れらそう。

機材は揃った

ハンドルマウントの大型ライト
長時間点灯のリアライト
視線の先を照らすヘルメットライト
反射ベスト

とりあえず、ナイトライドに向けた機材調達は一段落。
あとは、実際に取り付けて、暗闇の中でどの程度安全確保ができるのかを試してみるのみ。

ちなみに、こーゆーのは100%の安全を確保が目的じゃないです。
そもそも万全を期するなら暗闇の中を走るとかしなければいいんであって、工夫することで、どの程度リスクが低減できるかを見極めるのが目的。

昼間に走ったってリスクはあるんですし、夜しか見れない光景を見るためなら、多少のリスクの増加は受け入れるしかない。
男鹿半島の場合は、夜の交通量は非常に少ないので、大事になるのは暗闇の中での視界の確保。
その意味では強力なライトをそろえたので、そこそこいけるんじゃないか…と。

— ads by amazon —


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください