--- ads by google ---
--- end of ads ---
男鹿半島

雨の林道、枯葉ライド

みなさんお誘いした林道ライドは、あいにくの雨。

とはいえ、せっかく集まった(自分含め7人)んだし、少しでも走りたいっていう意見を汲み(予想済み)、スタート地点を十二桜森林公園に変更して、温浴ランド男鹿から真山神社までの林道コースを提案→可決。

おなじみのSTRAVAで見るとこんな感じ。

雨の林道、枯葉ライド

大半がロードバイクは乗ってるものの林道を走るのは始めて。
バイクもMTBというよりはクロスが多く、タイヤも小さなブロックが付いてるぐらいの、シティライド向け+αぐらいのもの。
本格的な林道ライドと言うよりは、ゆるーいグラベルライドです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とはいえ、増川林道で見ると、ここが一番きつい勾配があったりして、初めてグラベル乗る人にはちょっと大変です。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

ロードと違って、クランクまわしたパワーが、全て路面に伝わるわけじゃないです。
路面によっては、トルクかけても空回りするだけだったり。
急勾配で、ダンシング始めると、すぐに後輪がスリップ。
下りのブレーキングも、ちょっと強めにかけただけですぐに後輪ロック。
路面コンディションはすぐに変わるので、ちゃんと前を見て、路面を予測しながら走らなきゃならないし。
そもそも、道が、道として続いてるか分からないですから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょいと書いただけで、こんなに違う。

でも、みなさん、それぞれのアプローチで対応してく、そこが面白い。
今のところ、グラベル競技に出ようっていうのはないですから、我流ぜんぜんオッケー。
手持ちの機材を工夫して、いかに楽しむか…の才能に長けた方々でした。

ロード乗りはバイクが下手

実際、グラベル走って思うのは、自分も含めてロード乗りが、いかにバイク・コントロールが下手か…っていうコト。

ロードの時には何でもないコーナーのRが、はるかに低い路面ミューで、路面コンディションが一定しないとなると、とたんにラインが不安定になる。

慌ててブレーキ握っても、望む速度まで減速できるとも限らない。
んで、じりじり外に膨らんで…っていう経験を何度もする羽目に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まぁ、こーゆー路面にダメ出しされるっていのも楽しいんですけどね。

外せない温泉&食事

雨に濡れながらも、なんとか1時間ほどのライドは終了。
グラベル装備、雨装備もしっかりしてきてるので、さほどの問題はないですが、時間がたつと冷えてくるので、まずは温泉直行(温浴ランド男鹿)。

ゆーったり温まったら、船川に移動してお昼(省吾)。

たまには、こーゆーのんびりした集まりもいいっす。
この時期のライドには温泉が外せません。
これさえあれば!

みなさん、またお誘いいたしますので、遊んでやってください~


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です