--- ads by google ---
--- end of ads ---
ローラー台, 自転車機材

三本ローラーの仕組み

実際に使ってみるまで、よくわからなかったのが三本ローラーの仕組み。
簡単に解説しときます。

rorller_shikumi
(すみません…iPadに手書きしただけのなので、メチャクチャ下手)

後輪はローラー2と3の間にはまり込む感じで、これに自転車+自重がかかりますので、どんなにペダルを回しても、ローラーが空回りするだけで前には進みません。

前輪は、軸のちょっと前の位置にローラー1が来ますので、不用意に自転車が前に飛び出さないようになっています。

ローラー1とローラー2はベルトと駆動されてるので、リアホイールが回転すれば、フロントホイールが回るようになってます。

この仕組みのおかげで、フロントホイ-ルの回転を検知するタイプのサイクルコンピューターも利用できるようになっています。

でもよく考えると…

ローラー1とローラー2は、ゴム製の丸ベルトで駆動します。
ということは、当然ベルト自体の滑りがありますので、リアホイールの回転と、フロントホイールの回転は、必ずしも一致しません。

つまり、フロントホイール検知型のサイコンは使えますけど、必然的に精度は劣る…ということになります。

サイコン検討中

なぜに、こんな仕組みを解説したかというと、実はサイコンの新規導入を検討中です。

今のモノは、時刻を確認する程度でしか使っていないんですが、せっかくローラー台を導入したので、もう少し運動強度を把握してトレーニングを捗らせようと思ってます。

最低でも、

・スピード(速度…これはあんまり必要ない)
・ケイデンス(ペダルの回転数…スキルアップに必要)
・ハートレート(心拍数…運動強度を確認)

の3つの同時表示が必要です。
ハートレートは独自に表示できる腕時計型のもありますが、自転車で使うには見づらいです。

さらに、三本ローラーの特性上、リアホイールの回転を検知するタイプが好ましい。

キャットアイ CC-RD430DW

CCRD430DW

今のところは考えてるのは、キャットアイのCC-RD430DW。
上記の要件すべてに対応してますので、最有力候補です。
コスパもいいですし。

GPS内蔵タイプはスマホで管理した方が楽ですので、これは初めから考慮に入れてません。
ほんとはパワーメーターまで対応してれば間違いないんでしょうが、三本ローラー買ったりした後なので、そこまで予算は取れませんでした。

本格的に大会に参加したりするようになれば、パワーメーターもあれば、トレーニングも捗るんでしょうが、そーゆー自分も想像できないので、今回は見送り。

想像できなかった自分

にしても、三本ローラー買おうと思ったのは、割と思いつきでしたが、思っていた以上にトレーニング欲が出てきて、自分でもびっくり。

昔のトレーニング本を取り出して、体幹トレーニングを再開してみたり。

まぁ、新しいモノが手に入ったので、活用してやろうという気持ちが今は強いのは間違いないです。

本格的に雪降ってくると、雪寄せとかも入ってくるので、それまでにトレーニング習慣、定着させておきたいですね~

— ads by amazon —

ローラー台

ローラー台では、お尻対策は必須ですね

自転車乗りなら誰でも経験する、お尻の痛み。
ま~通常なら、パッド付きのレーサーパンツを着れば、だいたいは解決します。

自分もロングライドの時はレーサーパンツを着用しますが、通常時はそんなには着用しませんね。
例えば1時間程度の早朝ライドとか、ダンシングがメインになるヒルクライムなら、そもそもお尻は痛くならいですから。

で、ローラー台なんですが、1時間以下のライド時間にもかかわらず、お尻は痛くなってしましました…

半分予想通り、半分予想外

ローラー台は、今のところフォームやペダリングを意識して、実走よりも高ケイデンスで回してます。

ということは、脚にかかる負荷は軽め。
つまり、ペダルにかかる加重が少なめになるので、いきおいサドルにかかる加重が増えます。

とうぜん、まだローラー台(三本ローラー)の上でダンシングできるほど上達してませんので100%シッティング。
サドルに座ったままです。

おそらく要因はそんなところ。
1時間程度なら大丈夫かな~って思ってましたが、残念ながら、まだまだローラー台スキルが未熟なコトもあって、けっこう痛みました。

お手軽対策してみました

本当ならレーサーパンツを着て解決するべきなんでしょうが、残念ながら毎日着用するほどは持ってません。
もともと週末ライドの時ぐらいしか使いませんでしたし。

そこでサドル側に簡易的に対策してみました。

2014-11-23 16.55.03

サドルに、厚めのタオルをかぶせて、マジックテープ付きの固定バンドで締め上げます。

タオルがあんまり厚すぎると、ペダルからの距離が変わって、足腰の故障の原因になるかもしれないので、そこはレーサーパンツのパッド厚ぐらいにとどめる感じで。

これも汗対策と同様、100円ショップにて216円でできる対策です。

とりあえず一日使ってみた感触は上々。

ローラー台のメニューの中にアウタートップ側で、負荷をあげて走る時間を増やしましたので、そのへんもたぶん効いてるはず。

工夫を楽しむ幸せ

まぁ、お金をかけていろいろ対策してもいいんでしょう。
パッド付きのインナーパンツなんかもありますし、普段着の下にはいてカジュアルライド(うーん、あんまりしない気はしますが…)なんかも楽しめそう。

ですが、たぶんもう少し慣れてくれば、身体もスキルも、いろいろ適合しそうな気がするので、しばらくは簡易対策で凌ぐことにしました。

まぁ、こうして、ちまちまと工夫しながら対策するのも、小さな楽しみ、ささやかな幸せ、っということで。

以上。

— ads by amazon —

ローラー台

三本ローラーは、コンクリートと相性がいい

三本ローラーを使うに当たって一番心配だったのは、やっぱり騒音。
ネットで検索でも皆さん一番気にしている様子。

やっぱり家族に迷惑をかけるわけにはいかないですからね。
ローラー台に乗ってる本人は恩恵を受けられても、家族(もしくは隣の住人)にとっては、ただの迷惑騒音ですから。

コンクリート床なら騒音なし

うちでは三本ローラーの騒音はほとんどありません。
離れの小屋でやってますので、床はコンクリートです。
おそらく夜中にやっっても、近所から苦情がくることはないレベル。

2014-11-22 15.32.47

つまりは、騒音になってるのは三本ローラーではないんですね。

高速で回転するローラーの振動が、他の建材と共振を起こしてるというのが騒音の原因。
つまりは家屋建物の強度の問題です。

もしかして…

これって、スピーカーを設置するのに、床に煉瓦を置いて、余計な振動を伝えないようにして音質向上させるのに似てますよね。

2014-11-23 09.55.01

もしや、ローラー台の足付きの下に、コンクリートブロック設置すれば、騒音ってかなり抑えられるんじゃないの?

っていう素朴な疑問があります。

騒音ゼロにならなくても、かなり共振を抑えられるような気がしますが。
どなたか試してみたら如何でしょう?

田舎暮らしはローラー台で幸せになれます

アパートやマンションといった集合住宅でローラー台を使うのは、かなり無謀です。
持ち家比率の高い田舎は、ローラー台を使うのに向いてます。

できれば土間や、小屋、車庫といったコンクリート打ちをしてる部分が広めの家がいいんでしょうね。
メンテナンス・スペースとしても活用できますし。

こーゆー自転車生活は、都会じゃ味わえない幸せです。

以上

— ads by amazon —