--- ads by google ---
--- end of ads ---
ローラー台

雪国ではローラー台があると、もっと幸せになれます。

偉そうなコトを書いてますが、昨日届いたばかりです。
ローラー台は超初心者です。

2014-11-16 08.44.39

ローラー台というと、後輪をがっしり固定するタイプと、三本のローラーの上で自分でバランスを取る三本ローラーと2種類あるわけですが、当然ながら三本ローラーを購入。
理由は、ちゃんと練習しないと乗れないとか、気を抜くと台から落ちちゃうとか、ストイックなところが自転車乗りの感性に合うような気がしたからですね。

まぁ、冬の間のトレーニングになれば、どちらでもいいんですが、固定式は安定するかわりに、タイヤの減りが早いとかデメリットの方が多いように感じられました。
折りたたんでどこにでも(大会など)持って行けますし、活用の幅は三本ローラーの方が広そうです。

練習が必要とはいえ、自分の場合は15分ほど試しただけで、それなりに回すことはできるようになりましたので、自転車に乗れて、そこそこ踏める人であれば、それほど苦労はしないと思います。
購入したのはミノウラのエントリーモデル[MINOURA MoZ-Roller]ですが、ローラー台初心者には向いてるようです。

1時間回してみての感想

今日は、初日でしたが1時間ほど回してみました。

自転車で1時間なら、ぜんぜんたいしたコトはないですが、ローラー台って足を止めて休めないので、続けてやると、それなりに疲れました。
実走するよりも、ローラーの回転抵抗がある分、ペダルは想いです。

ただし、外的要因(坂道、風)に左右されない分、追い詰めたトレーニングには向いてるのかもしれないです。
このへん、徐々に探っていきたいと思います。

自分の場合は、離れの小屋で床はコンクリートなので、騒音はさほど気にしなくてもよいのがありがたい環境です。
都会のアパート住まいでは、固定式だろうが、三本ローラーだろうが、絶対に無理ですからね。
もしかすると、夜中にローラー台回しても近所からの苦情はこないかもしれません。
このあたりは、ほんと田舎の一軒家ならではの幸せです。

雪降る男鹿半島で楽しむ自転車

ほんとなら、実際にフィールドを走るお話をするべきなんでしょうが、間もなく男鹿半島も雪が降ってきます。
MTBあたりで無理矢理外を走るのも悪くないですが、毎日は持ちません。

実際、暖房付けてない小屋の気温だと、1時間軽く回しただけなら滴るほどの汗もかきませんでしたし、寒いっていうのも悪くないです。

2014-11-16 10.56.53

こう考えると、寒さと雪で、冬は外を乗れない雪国の自転車乗りも、条件さえ揃えてあげれば、地道なトレーニングを積む上では好都合。

まぁ、今日から三本ローラー始めた初心者ではありますが、ときどきトレーニングの様子なんかも記事にしたいと思います。

雪国に住んでいる自転車乗りは、三本ローラーを買うべきなんじゃないですかね。
そうすると、もっと幸せになれるはず。

以上。

— ads by amazon —

男鹿半島

クルマが少ない田舎は自転車天国です

田舎を自転車で走るときに、誰もがあずかれる恩恵のひとつは、クルマが少ないっていう事です。
これは、ほんとうに自転車乗りにはありがたい。

男鹿半島でなら自転車を満喫できる!っていう売りの一つです。

自転車は車道を走ります

日本は長いこと「自転車は歩道を走る」と誤解されてきたせいもあって、クルマのドライバーは車道を走る自転車乗りをたいてい邪魔モノ扱いします。
法律の上では、自転車は「車道の左端」を走るとことと明記されているにもかかわらず。

実際、スピードの出るスポーツバイクで歩道を走ることは、歩行者の脅威です。
わずか10km/hで接触しただけで、歩行者が大きな怪我をすることだってあります。

ましてや、タイヤの細いロードバイクは段差に弱いので歩道を走ることは現実的ではないです。
歩行者だって、自転車乗りだって、どっちだってイヤに決まってます。

都市で自転車に乗るにはスキルが必要

そんな事もあって、都市で自転車、それもスポーツサイクルに乗るには、それなりにスキルが必要になっちゃうのが現実。
車道を自転車で安全に走るためのスキルなしには、とても車道を安全に走ることはできないですね。

クルマの流れを読みながら車道の左端を上手に位置取りをして、場合によっては、歩道にあがって危険を回避するような、SDS(セルフ・ディフェンス・スキル)が絶対に必要になります。
初心者の方にはハードル高いっすよ。

田舎はクルマの数が少ない

田舎でも道路の作りはそんなに変わりませんが、クルマの量が圧倒的に少ない。
道路左端の走行空間が同一であっても、同じ時間に追い越していくクルマの数が全く違います。
ほんとなら寂れた田舎を象徴するはずの事が、まったく逆転する視点になります。

自転車の右脇を、プレッシャーをかけながら走り抜けるクルマの数が減ることは、自転車で移動する時の安心感がまるで違います。
初心者にとってもありがたい。
もちろん、ベテランだってクルマに押しのけられるように走られるのが楽しいわけ無いですから。

男鹿半島の交通量

男鹿半島の場合は、クルマが多いのは船越から脇本、船川までのバイパスぐらい。
男鹿半島の真ん中を縦断するなまはげラインも土日は観光客の車が増えますが、道路幅が広くそれほど脅威には感じません。
いずれ、綺麗な風景のある場所や、走りがいのあるコースからは外れていますので、スポーツサイクルを楽しむ邪魔にはなりません。

初心者の方でも安心して自転車に乗れますし、中級・ベテランサイクリストの方々もより走りに集中することができます。

まとめ

クルマが通らないなんていうと、衰退する田舎を象徴する状況に思われますが、自転車乗り、サイクリストにとっては、まさに天国。
これを活かさないなんてほんとに勿体ない、という感謝の念を持って日々男鹿半島を自転車で走り回っております。
こればっかりは、都会の自転車乗りには体験できない夢のような世界です。

DSC00984

以上。

男鹿半島

600kmの彼方の男鹿半島

本日より、男鹿半島と自転車と田舎をテーマにしたブログをスタートしようかと思います。
ぜひ、ご愛顧のほど。

では、さっそく。


男鹿半島は田舎です。

東京からは遙か600km。
クルマを使っても、新幹線を使っても、飛行機を使っても、圧倒的に遠い。

ogamap1

青森にもフル規格の新幹線が走る中で、日本海に着き出した男鹿半島は、東北で最もアクセスの悪い場所の一つと考えて間違いないですね。

ついこの間、消滅可能性都市なんて見出しでテレビで紹介されてしまうぐらいには田舎であることは、もう今更って感じです。

ところが、こんな田舎でも、余所には負けないぐらいの好条件が揃っているスポーツレジャーがあります。それは…

自転車です。

 
男鹿半島を自転車、スポーツサイクルで巡るメリットを言いますと…

  • 道路が変化に富んでいてビギナーから上級者まで楽しめる
  • 風景が次々と移り変わって飽きない
  • 交通量も信号も少なく、クルマの脅威がない
  • ここ数年、良いお店が増えた

言葉で書くとこんなですが、これだけの事が揃うだけで、自転車というスポーツの面白さが、とてつもなく違ってきます。
これは実感。

自分も、数年前まで首都圏で自転車に乗っていましたが、正直、首都圏ではスポーツサイクルの魅力を、半分も引き出すことができない。

唯一、途中で寄るお店の選択肢だけは豊富ですが、それ自体は自転車の直接の楽しみではないですので。

そのあたりの事を、これからじっくり書いていきたいと思います。

田舎でこそ、スポーツサイクルが面白い!

また、小さいながらも(20名程度)、定期的にサイクルイベントを開催してますので、そのへんの事も、交えていきたいと思います。

どんな内容になるかは、おぼろげにしか決めてませんが、ご期待下さい!

2014-10-12 11.38.15
(男鹿半島の先端、入道崎で休憩するの図)

以上。