--- ads by google ---
--- end of ads ---

小さなバックパックを選んでます

自転車でロングライドに出るときの装備は、荷物多めの時はDEUTERのクロスエアっていう、20Lクラスのバックパックを主に使ってました。

バックパックの背中の部分に湾曲したフレームが入っているので、背中部分に大量の空気が入るので汗ムレが全くないのがメリットなんですが、少々重装備になるのが難点。

装備を軽くする場合は、ウェストバックに収めることが多いんですがダンシングしたりするとけっこう揺れたりと安定しないのが難点。

というわけで、今年は春先にはGREAT EARTH 男鹿半島とかありますし、10Lクラスのバックパックを入手しようかと選定中。

初めはDEUTERのロードワンという、いかにもロードバイク乗り向けのを考えてたんですが、実物をみたら5Lということで、自分にとってはちと容量不足。
寒い時期は、ミニバーナーとカップ持ってお茶するぐらいはしたいので。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

DSC00437

10Lクラスのサイズ感が分からなかったんですが、このあいだ御所野の石井スポーツにメーカー不詳の10Lクラスのバックパックを見かけて、サイズ的にはこんな感じだ…という納得感がありましたので、この容量で選定。

というか、自転車乗りなのでやっぱり第一選定候補はDEUTER。
10Lとなれば、ほぼ自動的にレースというバックパック一択です。

douter_race

同じく10Lのコンパクトエアーというのもあるんですが、こちらはクロスエア同様、背中部分にフレームの入っているタイプで、これだと湾曲してる分収納性に問題が出そうなのでパスしました。
ちょっと高いですし。

というわけでDEUTERレースを本日発注。

例によって在庫を持たないネットショップなので、到着まで時間はかかりそうですが、使えるようになるのは早くても3月末ころでしょうから、まったく問題なし。

今年は、例年以上に乗りますよ~


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です