--- ads by google ---
--- end of ads ---
自転車機材

今こそサイクルコンピューターの出番!

自転車での走行記録を残すという意味では、サイクルコンピューターはもう既に役割を終えました。

みなさんスマホとか使ってますよね?

走行情報の記録には、GPSを搭載したスマホや、サイコンから発展したGermin等のサイクルナビが今や主流。
詳細な走行経路を記録し、GPS高度計から獲得標高まで割り出してくれる上に、簡単にWebやPC上に記録を残して保存できる、これらのデバイスの有用性は圧倒的です。

自分スマホアプリのSTRAVAを利用してます。
ほんとにコレは便利。

2014-11-18 19.08.51

速度や、回転数しか計測できないサイコンを、あえて積極的に使う理由はもうないです。
そもそも、路上を走ってる時に、どんなにサイコンに有用な情報が表示されても、じっくり見てるのは危険ですから。

というわけで、自分はロードバイクに有線タイプのものだけ付けたままにして、他のMTBとフォールディングは必要ないと判断して外しちゃいました。
ロードも一番チェックしてるのは現在時刻で、走行情報のチェックには滅多に使ってない。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

もうサイコンをバリバリ活用することはないかも…とまぁ、昨日までは思ってました。

ローダー台の唯一の走行情報

ローラー台の上では、GPS系のデバイスは全く役に立たないんですね。

まぁ、当然です。
1mmたりとて移動しませんし。

サイクルコンピューターのみが唯一の情報です。

DSC00391

ちなみにご存じない方もいるかと思いますが、三本ローラーは、後輪ローラーと、前輪ローラーがベルトで連結されてるので、前輪も回転します。
なので、エントリー向けの前輪計測タイプでもちゃんと計測可能です。

今のところ、速度を見ながらローラー台を回すペースをコントロールしてますが、ペダルの回転数ぐらいは見れてもいいかな…って、ちょっと思ってます。

たぶん、春になったらもう使わないので、有線タイプでいいのかなぁ…という感じ。
まぁ、このへんはぼちぼち機種チェックしていきましょう。

ちょっと環境が変わるだけで、必要な機材って変わるもんですねぇ。

以上。

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です