果てのサイクリスト

椿漁港までの夕暮れからナイトライドへ

先週は雨が続き、週末もノーライドとなりましたが、ようやく昨日の午後から晴れてきまして、夕方には路面も完全に乾きましたので、久しぶりに夕暮れからのナイトライドを楽しんできました。

とはいえ雨上がり後なので、気温は低め…春先ごろの装備でもやや寒いかも…という感じだったので、ロードバイクじゃなくて、クロスMTBで。

実際のところ、昼間に比べると路面の段差等は確認しずらいのは間違いなくて、そういう意味ではこうしたエアボリュームのあるタイヤの方が安心してナイトライドを楽しめる。
何でもロードバイクが適してるわけではない。

今のとこ、普段乗るバイクにはすべてCATEYEのライトマウントH-34Nを装着してるので、どのバイクにもすぐにVOLT1600を装備できるようにしてあります。
リアライトもRapid-5を、サドルバックに引っかけるアダプターに装着してますし、これにヘルメットライトを付けていけば、ナイトライドには十分な装備で出かけられます。

今日は、男鹿半島の南側の海岸線、いわゆる南磯あたりを。

ナイトライドという意味では、こっちの方がいいですね。

海岸線のすぐ脇を走れるので、昼間より波の音が敏感に聞こえてきます。
潮の香りもふわっとしてきますし、夕暮れ時のひんやりとした空気とのコラボも自分は好きです。

国家石油備蓄基地の灯りもオレンジ系のライトが綺麗ですし、小さな漁港を薄っすらと照らす灯りも、なかなかに風情がある。

道路沿いに民家があるので、街灯の数もそこそこ。
それでいて交通量はかなり少ないので、割と安心してナイトライドを楽しめる好地といっていい。

唯一、ナイトライドで悩みどころと言えば、見たままの景色を写真に収めるのは、かなり困難というコト。

見上げた時の星空や月の姿は、どーやっても写真には写ってくれないし、遠くでチラチラと輝く小さな灯火も、今この目でしか見れない。

まぁ、そこでしか見れない景色…という意味では、これこそ本物なわけなんですが。

今度、仲間を誘ってきましょうか。

— ads by amazon —


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください