--- ads by google ---
--- end of ads ---
今日のライド, 男鹿半島

morning 1 hour ride 滝川近辺

今朝も1時間ほどのモーニングライド。

寒風山もパスしてそんなに頑張ってないですが、20kmほどしか走らなくても300m以上の獲得標高になる男鹿半島のアップダウン。
トレーニング効率は良いですよ。

ダンシング、ダンシング

ジロ・デ・イタリアのアルベルト・コンタドールの登りを見てから、登りでダンシングする時の気合いがちょっと入りまくってます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


--- ads by google ---
--- end of ads ---

スピードは全く及んでませんけどね。
今年はダンシングを多用しちゃいそう。

これも練習次第で登りのスタミナ温存する手段にもなりますし、パフォーマンスアップする為には必要なコトだったりしますしね。
れんしゅー、れんしゅー。

踏切のドラマ

ちょうど7時すぎに羽立の踏切に戻ってくると、登りの列車のために遮断機降りてきます。
サイクルロードレース見てると、ときどき踏切がドラマを作ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

踏切の遮断機が下りている場合の対応は「集団」グループと、先行してる「逃げ」グループでは違います。
「逃げ」グループが踏切に捕まった場合は、後に続く「集団」グループも同じタイムだけ止められますが、逆の場合は何の対処もなし。

「逃げ」てレース全体を盛り上げている選手には、そのアドバンテージをきちんとフォローして、安定した「集団」に留まる選手には、それなりの労力を要求する。
必ずしもイコールコンディションにすることが、スポーツにとってイイコトではないです。

人間が行うスポーツですからね。
ロジックとシミュレーションで結果が出るようなら、人間がやる必要はないです。

昨夜で今年のジロ・デ・イタリアも終了し「Fight for pink」も終演。
男鹿半島も、ライドにはちょうど良い天候になってきましたし、自転車シーズンもいよいよ本格化です!


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です