サイクルイベント, 男鹿半島, 自転車機材

CAO2019 門前、e-bike初参加

今年のCAO(サイクルアクティビティ男鹿)は、いろいろと新趣向を凝らした企画から進めたため、従来スタイルのCAOは久々。

ゆる勢スタイルで開催

従来スタイル…と言いながら、しれっと矢島カップの二日目と日程をかぶせてありまして。
競技志向強めのガチ勢の参加がない日程で組んでみました。

というのも、CAO自体はそれはどガンガン走るイベントではないんですが、やはり初心者の方にとっては「速い人がいる=待ってもらって悪い」という遠慮の意識がどこかにあるのを感じてまして。
ならば、いっそ秋田で一番のヒルクライムレースの日に重ねてみようと。

結果として、初心者、未経験者含めて初参加の方が4名。
というわけで、ある程度、走力を意識した区分けがある方が、初めての方には参加しやすいようなのを改めて確認。

とはいえ、これができるのは矢島カップやブルーラインぐらいです。
いろいろ考えて、CAOなり他のイベント開催の参考にしてこうかと思います。

e-bike初参加

そして、今年から男鹿駅前でスタートした男鹿自転舎さんのレンタサイクル。
ちょいと知人に声をかけさせてもらって、e-bikeをレンタルの上で参加していただきました。
M井さん、ありがとうございました!

全くの初心者でも、今回の船川→門前往復の平地コースなら、それほど苦労しなくても楽しんでもらえるんじゃないかと。

そのあたりの目算は、半分あたって、半分はずれ。
やっぱり、何事も実際にやってみないとわからないですね。

まず、先頭よりは遅れはしましたが、全体としてサイクルイベントってこんな感じ!っていうのは十分に感じていただけたようで、その意味では大成功。
自転車未経験の方でも、e-bikeなら十分に楽しめるコトは間違いなさそう。

その一方でわかったのは、日本のe-bikeは、そのアシスト率の特性上、20km/hを超える巡航速度で走るのは、未経験の方、体力に自身のない方には、けっこうつらそうだというコト。

日本のe-bikeはアシストの上限は25km/hまで。
ゼロスタート直後が最大のアシスト率を発揮しまして、速度があがるにつれて少しづつアシスト率が低下していって、25km/hでアシストなしになります。

時速20km/hだと、かなりアシスト率が低い状態なので、この速度を維持するには、自前の脚力が必要になる。
そーなると、体力に自身のない人にはかなりきついかも。
楽しそうではありましたが、かなりきつそうでした。

e-bikeを核にしたイベントとしては15km/hを想定しないといけないかも。
ロードバイクとの混走するなら、なにかしら工夫しないと。
坂道比率をもっと多めにしてあげるとか。

やってみないとわからない

e-bikeだし、初心者でも楽チン!っていうのがコンセプトの一つでしたが、思う通りには行かないですね。
なんにつけ、自分でやってみないと役立つ知識というのは得られない。
これまた、次回の開催に活かしていこうかと思います。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

BBまわり異音の解消

今回は、いろいろ工夫してBBまわりのメンテ、交換をやったのに異音が治らず…最終的には全く違う原因だった…っていうお話。
まぁ、自転車の異音解消ってそんな感じです。

異音発生

こないだのCAO増川林道で、ドロドロ練り練りのマッドコースを疾走してから何となくフレームの下側、BBあたりから異音が聞こえてました。

というかトルクかけて踏んだ時にカチンという感じで鳴ってるので、まぁBBが原因なんだろうなと。

こちらのMTBは中古で購入したものなので、前の人の使い方によっては摩耗しててもおかしくないだろうし、とにもかくにも一度開けてみることにしました。

BBの種類はスクエアテーパー。

前に一度別の自転車の整備をした時に工具は揃えてるので、さっそく取り掛かります。

専用工具は必須

クランクを外すにも、BBを外すにも、専用工具、それと32mmぐらいのナットが締められる大きなレンチが必要です。

コッタレスクランク専用工具(TL-FC10)は、フィキシングボルトを外すのにも使いますし、その反対側でクランクを抜くのにも使います。

さらにBB本体を外すのにはシマノ アダプター戻し工具(TL-UN74-S)を使います。
BB本体に刻まれてる20本の筋に嵌めて緩める&締めるときに使います。

一般的なJIS規格のBBだと、ドライブ側、跨って右足側のBBは逆ねじです。
緩めるつもりで反時計まわりに回すと締まります。
そのへん注意しながらグイと緩めれば、あとは手回しでもBBが外れます。

跨って左足側の方は、正ねじなので、普段通りに反時計回りで緩みます。

自分は、レンチを上方から挟んで、車体前方向に回す…みたいに覚えてますが、作業頻度自体が低すぎなので、その都度ネットで検索して確認してから作業してたりします。

使われてたのはVP製BB

使われてたのはVPというメーカーのもので…うーん、初めて見ましたね。

特にこれといった不具合は見つからなかったので、BBとフレームのネジ山を徹底的に洗浄して、新しいグリスを塗布。
もう一度逆手順でくみ上げて様子を見てみます。

BBやクランクのネジの緩みならこれで異音解消できるはずですが…

残念!まだ鳴ります

なかなか思った通りにはいきません。

もしかするとBBの内部でベアリングが割れてたりする可能性もないとは言えませんし、そもそも消耗品ですし、ここはSHIMANOの適当なBBに交換してみることに。

さっそくネットショップでSHIMANO BB-UN55を注文
元のは長さ127.5mmですが同じのはなかったので127mm 68BSAのものを選びます。

前回と同じ手順でVP製のBBを取り外し、SHIMANO製BBに交換。

試しにトルクかけて踏んでみますと…

残念!!やっぱりまだ鳴ります

あーBB原因じゃなかったーでもまぁ、BBも気になってたし交換できてそれはそれでオッケー。

何が原因だろーと思いながら、サドルから降りた時にも、例の異音が…

ん、もしか…

シートポスト?
クランプ?

というわけで、シートポストを抜いて、クランプともに綺麗に清掃してもう一度締めなおしてみると…

異音が…聞こえない!

こっちでした。
原因はシートポスト、クランプまわりの汚れだった模様。

おそらくシートポストとクランプもしくはシートチューブの間に何か小さな異物が入り込んで、それで固定が中途半端になってたのかも。

で、トルクかけて踏んだ時にフレームが微妙に変形して、それが異音の原因になったのかなと。

まー、いろいろ遠回りしましたが、異音の解消ってこんな感じです。
真下からの音だったので、早計にBBだろうと思ったんですが、どうもその手前のシートポスト付近からの音だったようです。

異音の原因って、だいたい部品の緩みが多くて、次にグリス切れや微小な異物混入。
ベアリング破損みたいなのは稀でしょうから、今回はもっとシートポストまわりを疑うべきだったようです。

構造上、上から泥の類は浸入しやすいでしょうから今後は気を付けてみることにします。

— ads by amazon —

今日のライド, 男鹿半島, 自転車機材

ヤマザクラと古いバイクの魅力

もうそろそろ今年のヤマザクラも終わりです。
今年はほんとによく咲いてくれました。

5月の上旬に、山を柔らかく彩ってくれるヤマザクラは本当に好きな花ですし、これが寒風山という身近な山で、いっぱいに見られるのもすごく好きです。

自転車で登って、ヤマザクラを眺めて悦にいる…なんて最高の楽しみです。

ソメイヨシノよりヤマザクラ

日本で、人を集められ花の一番手は、やっぱりサクラだそうです。
(他にバラ、アジサイなどがあるとか)

特に、一斉に、一色に染め上げるソメイヨシノの力は強力みたいです。
魅力というより、魔力みたいなレベル。

自分も嫌いではないんですが、どちらかといえば、バラバラに、それぞれ違う色の花を咲かせるヤマザクラのような、多彩で、多様な魅力を持った花のほうが好きだったりします。

自転車も多様だから面白い

このあたりの自分の価値観、自転車趣味でも一緒です。

ロードバイクがブームになったおかげで、自転車人口は爆発的に増えたものの、やたらとマッチョでレーシーで黒っぽいスポーツモデルばかりが注目を浴びてるのが現状。

別に、ストレートパイプ組みでも、ゆるふわでも、黒じゃなくても、素敵なフレームはいっぱいあるんですけどね。

自分が今乗ってるのも14年落ちのLEMOND。
なんでもないアルミフレームも、自分程度の脚力にはちょうどいい。
競技にも出ないし、ブルべもしないし、自分の楽しみたいように楽しむには、本当にちょうどよい機材だと思うし、手放す気は全くない。

古い機材を長く使う楽しみ

自分の自転車仲間に、もう60歳を超えてるんですが、ガンガン乗ってて各地のヒルクライム大会で入賞する強者さんがおりまして。
その方が乗ってるのが、ランスがUSポスタル時代に乗ってた頃の古いTREKのカーボンフレーム。
今の振動吸収性がどーとかいってるカーボンと違って、もうガチガチの超硬カーボンで、もろ競技向け。

当時に購入してから、ずーっと大事に乗ってきたみたいで状態もいいですし、いつまで見てても飽きないレベル。
何より、その機材の話をするときの、その方の楽しそうな表情がすごく素敵でしかたない。

人生をともに生きてきた親友なんでしょうね。

ハイスペックな機材はお金を出せば買えますし、古いビンテージフレームも中古市場をまめにチェックしてれば入手可能です。

ただ、ともに過ごしてきた時間と記憶は、いくらお金を出しても買えませんし、機材を大事にすることのご褒美っていうのはそのへんにあると思ってる。

自分も、クロモリリジッドが24年、LEMONDのアルミロードが14年と、手放さずに大事に手入れしながら乗ってきてるので、そのあたりはちょっとだけ分かる。

古い自転車でも、自分が手を入れるコトで稼働させ続けるコトができる…一緒に楽しんできた時間をいくらでも積み重ねていける…っていう、そのへんの充足感は、次々と機材を買い換えてる方々にはあんまり感じられないコトだと思う。

そーゆー、親友であったり、戦友であったり、伴侶であったりする機材っていうのは、何物にも代えがたい。
これからも大事にしてきます。

— ads by amazon —