今日のライド, 男鹿半島, 自転車機材

ヤマザクラと古いバイクの魅力

もうそろそろ今年のヤマザクラも終わりです。
今年はほんとによく咲いてくれました。

5月の上旬に、山を柔らかく彩ってくれるヤマザクラは本当に好きな花ですし、これが寒風山という身近な山で、いっぱいに見られるのもすごく好きです。

自転車で登って、ヤマザクラを眺めて悦にいる…なんて最高の楽しみです。

ソメイヨシノよりヤマザクラ

日本で、人を集められ花の一番手は、やっぱりサクラだそうです。
(他にバラ、アジサイなどがあるとか)

特に、一斉に、一色に染め上げるソメイヨシノの力は強力みたいです。
魅力というより、魔力みたいなレベル。

自分も嫌いではないんですが、どちらかといえば、バラバラに、それぞれ違う色の花を咲かせるヤマザクラのような、多彩で、多様な魅力を持った花のほうが好きだったりします。

自転車も多様だから面白い

このあたりの自分の価値観、自転車趣味でも一緒です。

ロードバイクがブームになったおかげで、自転車人口は爆発的に増えたものの、やたらとマッチョでレーシーで黒っぽいスポーツモデルばかりが注目を浴びてるのが現状。

別に、ストレートパイプ組みでも、ゆるふわでも、黒じゃなくても、素敵なフレームはいっぱいあるんですけどね。

自分が今乗ってるのも14年落ちのLEMOND。
なんでもないアルミフレームも、自分程度の脚力にはちょうどいい。
競技にも出ないし、ブルべもしないし、自分の楽しみたいように楽しむには、本当にちょうどよい機材だと思うし、手放す気は全くない。

古い機材を長く使う楽しみ

自分の自転車仲間に、もう60歳を超えてるんですが、ガンガン乗ってて各地のヒルクライム大会で入賞する強者さんがおりまして。
その方が乗ってるのが、ランスがUSポスタル時代に乗ってた頃の古いTREKのカーボンフレーム。
今の振動吸収性がどーとかいってるカーボンと違って、もうガチガチの超硬カーボンで、もろ競技向け。

当時に購入してから、ずーっと大事に乗ってきたみたいで状態もいいですし、いつまで見てても飽きないレベル。
何より、その機材の話をするときの、その方の楽しそうな表情がすごく素敵でしかたない。

人生をともに生きてきた親友なんでしょうね。

ハイスペックな機材はお金を出せば買えますし、古いビンテージフレームも中古市場をまめにチェックしてれば入手可能です。

ただ、ともに過ごしてきた時間と記憶は、いくらお金を出しても買えませんし、機材を大事にすることのご褒美っていうのはそのへんにあると思ってる。

自分も、クロモリリジッドが24年、LEMONDのアルミロードが14年と、手放さずに大事に手入れしながら乗ってきてるので、そのあたりはちょっとだけ分かる。

古い自転車でも、自分が手を入れるコトで稼働させ続けるコトができる…一緒に楽しんできた時間をいくらでも積み重ねていける…っていう、そのへんの充足感は、次々と機材を買い換えてる方々にはあんまり感じられないコトだと思う。

そーゆー、親友であったり、戦友であったり、伴侶であったりする機材っていうのは、何物にも代えがたい。
これからも大事にしてきます。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

バーテープをシルバーに交換

ひさしぶりにロードバイクのバーテープ交換しました。

今まで無難な黒ばっかしだんですが、今回は思い切ってフレーム合わせのシルバーに。

バーテープって、比較的目につきやすくて面積も広い部分なのでバイク全体のイメージを大きく左右します。
なかなか精悍にフォルムになりまして、満足度高し…な交換になりました。

というか、シルバーのバーテープってあるんですね。
今まで知らなかったです。
お店で新しいのを選んでたら、ひょっこり銀色のが釣り下がってて「おぉ!」と。

fi’zi:kのBAR:TAPE SUPERLIGHT 2mm.THICK

頭の中で自分の自転車のハンドルバーがシルバーに輝いて(輝かないですが…)るのを想像して即決。

予算的には想定の倍近い(っていっても1,780円)んですが、せっかくだしちょっとバイクのフォルムをシャープにしてみようかと。

黒に比べると、バーテープ巻きのスキル求められる色柄なんでしょうが、レタリングタイプほどじゃないでしょうし、少し頑張りました。

セットはこんな感じ。

バーテープ本体に、ブラケット用の短いテープ、カバーテープにエンドキャップと標準的な内容。

前の残骸はパーツクリーナーで除去

前のバーテープを剥がして、残った残骸や粘着テープ跡をパーツクリーナー使ってきれいにふき取って下準備完了。
ちゃんと取れないからってハンドルバーにビニールテープ巻いてからバーテープ巻いてた人をネットで見かけましたが、そんなコトしなくてもクリーナー併用で簡単に綺麗にできます。

パーツクリーナーはホムセンで売ってる一番安い200円ぐらいので問題ないです。
ただし、このへんの値段のやつはゴム、プラスティックを侵食しちゃうんでワイヤやブラケットあたりにはかからないように雑巾でカバーしつつ、少しづつクリーナー吹きかけてふき取る作業。

手順は一般的なので割愛

ブラケット部分に短いテープを貼ったら、エンドの部分から内側に向けて巻き始めます。

バーテープ交換は何度もやってるんですが、いかんせん2,3年周期でしかやらない作業なので、毎回経験値をゼロリセットされてる感じで、あんまり上達しない。
じっと見てると自分でもやり直したい部分がなくもないんですが、そこは割り切るしかない。

今までのより素材が丈夫みたいでエンドキャップの打ち込みに苦労しましたが、無事に交換完了です。
細かいトコは見えてないフリ!

シルバーフレームにシルバーテープ

にしても、こうやってシルバーベースのフレームに、シルバーのバーテープ巻くと、やっぱり映えますね。
昨今、なんでもかんでも黒がカッコイイでしょ?みたいな風潮ですが、個人的にはメタル感大好きです。

他にもシルバーにしたい部品いっぱいあるんですが(ホイールとか…)、そこは予算の問題と、壊れてもいない部品を簡単に交換するのはスマートな趣味じゃない…っていう矜持がありますんで。

バーテープは自転車の見栄えを大きく左右するパーツですんで、みなさんも次に交換するときは、フレームカラーや自分の好みなんかを加味して黒以外のを巻くのも面白いかも。

— ads by amazon —

自転車機材

リジッドクロモリMTBのどっかから異音

ダンシングの時の異音

異音がする…っていうのは整備不足のメーターと思っていいです。

まぁ、最近のプレスフィット系のBBは異音がするのが普通みたいなのもあるみたいですが、今回のはリジッドクロモリの古いMTBなので、BBは当然スレッド。
そこからの異音じゃないです。

症状としてはダンシング時…なので、確かにBB、ペダルあたりが怪しかったんですが、チェックしても原因はつかめず。
回転系のパーツを中心にあちこち見てみましたが該当なし。

んーなんだろう?

ヘッド?

ふと、そーいえば前にも異音した時がした時があって、あのときはヘッドパーツのベアリング交換&グリスアップで治ったっけ…と思い出しヘッド部分をチェック。

あらら、上から抑えるナットがゆるゆる。

これは鳴りもしますわね。

とぴうわけで、ダブルナットを大きな薄型レンチ(ヘッドセットレンチ)とモンキスパナでぐいっと締めこんであげると無事に異音は収束。

ついでに最近停車時に前輪が左右に曲がってしまう症状も、ほどよくハンドル位置をキープするようになりました。

なるほど、こーゆートコにもトラブルの前兆が表れてるのね…と。

とにかく、大きなトラブルになる前に解決できてなによりです。

異音の元の特定

自転車は基本的にシンプルな構造なので、メンテナンスや調整はそれほど面倒なコトはないです。

今の自転車なら六角レンチとドライバー、あとはトルクスレンチがあれば主だったパーツの交換、調整はできます。
(うちのは古いのでヘッドセットレンチとか必要ですが、今の自転車のヘッドパーツは六角レンチだけで調整できます)

難しいのは異音から原因を特定するコト。

異音は乗ってるときしか発生しないし、その状態だとどこから発生してるかを聞き分けるってほぼ不可能なので。

こればっかは経験と勘ですね。

そのためにも、清掃はなるべくこまめに、簡易な調整・点検は自分でやることをお勧めします。
ショップに預けても異音が再現しなければ修理しようがないですし。

— ads by amazon —