自転車機材

夏に向けて涼しめのスポーツマスクを

お久しぶりでございます。

コロナウイルス騒動でいろんなコトがありましたが、男鹿半島は平和です。
感染拡大地域からは遠く離れてますし、人口密度もまばら。
クルマ移動がメインの土地ですし、公共交通機関での感染リスクもほぼ無きに等しく。

今まで、男鹿半島っていうのは過疎の土地かと思ってましたが、どうやら逆。
人が、人らしく、人として素のままで生きる人口密度は、実は男鹿半島ぐらいがちょうど良かったのかも。

まぁ、感染もだいぶ下火になってきたので、これからまた過密、過剰な都会が戻ってくるのかもしれないですが、あたらめて男鹿半島っていう土地の魅力というか、特質を再認識した春でした。

自転車用マスク

そんな中、苦心してるのがマスク。
自分は、マスクをする習慣が全くなかったので、このコロナ騒ぎでお店に行くのにマスク必須になってきたのは非常につらい。
特に自転車乗りながらだと、凄く息が苦しくなるので近所のスーパーに出かけるにも苦心してる有様。

基本、乗ってる時はマスクは無理です。

自転車関係のサイトでは、感染した人がライドする場合は、後方に対して20m程度の距離が必要ということでしたが、男鹿半島の人口密度、ライド密度なら、これはもう余裕。
自転車に乗ってる時にマスクする必要はないでしょう。

ただし、途中、人がいる場所で休憩したり、お店でご飯食べるような場合は、やはりマスクをしないといけないので、自転車用のマスク準備してみました。

ひとつはオリジナルサイクルジャージで有名なアウローラ製。
クランクやギア柄がいかにも自転車っぽさを演出するのでけっこういい感じ。
予約注文式で2,000円ほど。

もうひとつは言わずと知れたパールイズミ製。
こちらは1,000円で常時販売中。
シンプルな柄なので、普段使いにもいけそう。

どちらも薄手なので暑さがこもりやすい夏場でもいけそうです。

できれば、マスクなんか必要ない世界にしたいとこですが、まだしばらく時間がかかりそう。
いろいろ変わった春ですが、元に戻るってことは無さそうなので、新しい世界を作るのに力を尽くせればと思ってます。
世間では「新しい生活様式」とか言い始めてますが、外出時マスクが必要な世界にずっと住むなんて、自分はイヤですね。

— ads by amazon —

自転車機材

オールドツノダGPのポスト、サドルをカスタマイズ

前に友人のツノダGPをメンテしたコトがありましたが、その自転車を家で預かることに。
ただ、黙って預かってても埃をかぶるだけなので、ときどき自分が乗ってあるけるように、少々カスタマイズしました。

そんな大規模なものじゃなくて、フレームサイズがちょっと小さめぐらいなのでシートポストを長いモノに変えれば乗れそうなので、変更してみました。

難点なのは、古いフレームなのでシートポストの径がよく分からないコト。
たぶん前のオーナーもそうだったのか、明らかに細いシートポストに薄いアルミシートを挟んで隙間を塞いでました。

サドルを一番下げた位置で乗るなら問題なさそうでしたが、やはりピッタリサイズのポストじゃないと自分のサイズには合わせられない。

というわけで内径をノギスで測定してみましたが…正円というわけじゃないので値を決めきれず。
これはもう実物合わせしかない…と開き直ってネットショップに注文。

結果的に1回目は26.4mmでわずかに太くて使えず、2回目がピッタリサイズです。
26.2mmが正解でした。

ただ、フレームのポストの内側がバリのようになってて、果たしてこのバリは削ってよいモノなのかどうかが判断付かず。
下手に削るとポストの固定が甘くなりそうな気もしますし。

現状だとポストを上下に動かすたびにポストに傷がつきますが、まぁ安いスチールのポストなので、それはそれでいいかと思って、とりあえず運用中。
そもそもポストの上下を調整するのに、レンチ2本が必要になる固定方法なので頻繁には変更できませんし、たぶんこのままでいいのかな?

あと、サドルもフレームカラーに合わせて黒&ピンクの柔らかいのに変更。
例によってセラロイヤルのリモッド。
これ、安いし柔らかいし普段乗りには十分活用できるオススメ品。

古いフレームで、変速も、ブレーキも一昔も二昔も前のシステムなので、なんでもカッチリ決まるような自転車とは違って、のんびり乗るコトが大事。

センタープルブレーキは、Vブレーキはもちろん、カンチブレーキよりも制動力は弱く迂闊にスピードを出すようなもんじゃありません。

Wレバーは、今のインデックスシステムと全く違いレバーの引く量を自分で決めて変速機を動かします。
子供の頃に乗ってたロードマン以来久々。
慣れないと、いつまでもチェーンがカチャカチャいいますが、スパッと決まれば気持ちよく乗れます。
インデックスが無いので、ワイヤー伸びの調整が必要ないのも気軽に乗れる要因。

この頃の自転車っていうのは、こんな感じです。
今のが少々、なんでもかんでもカッチリしすぎてるのかも。

せっかくなので、この機会に古い自転車の乗り味で楽しませてもらおうかと思います。
乗ってれば、調子が悪いところはすぐわかりますし、こまめなメンテが可能ですので。
何であれ、古い自転車を大事に乗っていくのは、大事な事です。

最新のフレーム、システムはお金を出せば幾らでも手に入りますが、古いのは、それが唯一無二ですから。

— ads by amazon —

自転車機材

DSC-RX100M3で男鹿半島を撮る

おおよそ2カ月のご無沙汰でした。
復活します。

この間、ちょいとお仕事関係で忙しくなったのと、あとはコロナ騒ぎへの対応でいろいろありましたので。

今年はグループライドをするには厳しいかもしれませんが、幸いにも男鹿半島は超田舎、ソロライドでも十分に楽しめるコースがたくさんありますので、その強みを存分に生かして、ストレス貯めないように楽しんでいこうかと思ってます。

SONY DSC-RX100M3 購入

ちょいとお仕事の方の絡みもありましてカメラを新調しました。
もっと良い自転車や男鹿半島の写真が必要になりました。

ただ予算は厳しいので中古です。

デジタル一眼レフ、ミラーレス、1インチコンデジといろいろ悩んだんですが、自転車で持ち運ぶ必要もあるので、やはり携帯性に優れる1インチのコンデジをチョイス。

各社いろいろありますが、できればファインダーで撮影したいこと、バリアングルモニタが欲しいコトの2点を叶えてくれるモデルとしてSONYのRX100M3を選ぶことに。

F1.8ツアイスレンズ

一般的なコンデジは1/2.3インチというサイズの撮影素子なので、望遠で写真を撮るような用途には向きますが、画質としてはイマイチ。
それに比べて1インチコンデジは、撮影素子の面積が約4倍なので確実に画質の向上が見込める。
加えて、一般的なコンデジに比べて光学系の設計が1ランク上なので、今まで撮れなかったレベルの写真を撮れるようになる(かもしれない)。

加えてF1.8の明るいレンズは、暗所、室内での撮影にも力を発揮しますし、絞ってボケ味を生かした写真も撮れる。

まぁ、それぞれ写真に対しての、きちんとした知識と実践があってのコトなので、これから頻繁に連れ出して経験値上げていきたいと思います。

バリアングルモニタとファインダー

この機種のいいところは、バリアングルモニタとファインダーを使えるコト。

バリアングルモニタは地面の近くの被写体(花とか)を撮ったりする時に、地面に臥せってとらなくてよいなど撮影アングルの自由度を大きく上げられます。
高いところの花を伸びあがって撮るときも有効。

ファインダーは、屋外で日差しが強い場合など液晶モニタがみずらい場合でも、確実に被写体を見ながら撮影できます。

いずれも自転車で出かけた先では重宝する機能なので、今まで撮れなかった写真が撮れるように、どんどん持ち出していく予定。

重量とズーム

欠点はやはり重いです。
今まで使ってたDSC-WX300は166gに対して、それに対して290gと1.7倍。
ウェストバッグに入れると自転車で出かけると、けっこう重量感あります。
このスペック、機能、品質なら仕方ないんですが、あまり負担にならないような持ち運び方を模索しておかないと。

あとは1インチコンデジということで光学ズームは24-70mmまで。
WX300の27-540mmには遠く及ばないので、うまく用途で使い分けたいところです。

最初はなれなかった液晶モニタの感じがだいぶ慣れてきましたので、これからガンガン使って投資分、元をとらないと。

— ads by amazon —