自転車機材, 雑記

N-VANはサイクリスト向けか?

結論から言えば「イマイチ」

ちょうど先日車検の代車でN-VAN貸してもらえたので、いろいろチェックしてみました。

積載性は箱バンに劣る

N-VANはフロントエンジンのN-BOXシリーズを商用貨物にアレンジしたモデルで、N-BOXシリーズのメリットを持ちつつ積載性が向上されてるよう。

ただしフロントエンジンの分だけ荷室長が短くなるので積載量が少なくなるのは仕方がないトコ。

エンジンが荷室の床下に無いのでその分荷室床が低く、荷物を載せやすくはなってます。

ただし、車高が低くなってるせいで、リアのタイヤハウス部分が荷室に大きくはみ出しゲート幅が狭く、それも荷物を積むという意味ではデメリット。

全体的に見て、荷室長が1.8mかせげる箱バンに比べると積載性は下がってます。

ダイブダウンで車中泊は楽々

荷室長の短さを補うため、HONDAさんは後席はもちろん、助手席までフルフラットになるという大技を仕込んできてます。

こんな感じ。

なのでけっこう背が高い人でも車中泊で横になるには困りません…もちろん一人が限界ですが。

ただ自転車積んで車中泊ってなりますと、自転車は輪行状態まで収納しないといけないので、ちょっと手間ですね。
箱バン(自分のバモスホビオ)なら、前輪外すだけで固定して、その隣で車中泊できますから。

何よりも、後席倒しただけの状態で、そのまま1台横にして積むこともできるので、短距離の移動なら一瞬で積めちゃうメリットはかなり大きいです。

運転席以外は補助席

これは商用貨物である以上しかたないんですが助手席も後席もペラペラです。
後席はリクライニングすら無い。
初めからフルフラット状態の運用がデフォルトと思っていい。

ただ、さすがに助手席がそのレベルなのは、ちょっときついですね。
ほんとに一人乗りでしか使わないならいいですが。

待たれるN-HOBIO

現状のN-VANだと、残念ながら自転車遠征なんかに使うには不向きです。
これは長物(自転車やサーフィン)積載が必須なスポーツ共通かも。

軽規格でかつ1.8mの荷室長を確保してる今の箱バンのメリットは圧倒的なので。

それでも、このN-VANをバモスホビオの後継車種に育てあげたいなら、まだまだ工夫が必要になるのは間違いない。

それをN-HOBIOと言うのかどうかはわかりませんが。

自転車機材

CATEYEのリアライトをフィジークサドルに装着!

うちのMTBは、ずーっと昔に買ったフィジークのアリオネを装着してまして。

前後に細長くてポジション広くとれるのが、なかなかよい塩梅。

加えて、サドル後端にアタッチメントがあって、リアライトやサドルバックが装着できるのが他所と違う大きなメリット。

…なんですが、ここに装着する純正のリアライトは、ライト部分を押すとスイッチが入る方式で、知らないうちに触れてライトONのままにしちゃうんですよね…

結果、いざ使おうとしたタイミングで電池切れ…というパターンを繰り返してきたので、現在はほぼ飾りの状態。

CATEYEのライトがつく

と思ってたらTwitterで、CATEYEのアダプタがありますよーって教えてもらいましたので、早速購入してみました。

長いのと、短いのがセットになってます。

通常は短い方を使うんでしょうが、サドルやライトの形状によって干渉する場合もあるようで、その場合は長いのを利用しなさいとのことらしい。
実際のとこ、こーゆーのって付けてみないと分からないですので。

いざ装着しようとすると、これがなかなか…入っていかない…

純正のライトと比べてみても形状がえらく違う…これほんとに装着できるの?

とは思いましたが、なんのことはなくて、爪の部分がやや高くなってるだけで、取付時に下側からぐいっと爪の部分を上に押し込んで差し込むとすんなり入ります。

別に削ったりする必要はないです。

形状見て分かる通り、CATEYEのライトが付くといっても、全部そのままで付くわけじゃなくて、例の取付部が四角形になってるやつが対象。
ライトによっては「スペーサーX」っていうオプションを挟んで装着しないといけない。

自分の持ってるRapid-XもこのスペーサーXを介して装着可能。
手持ちのライトの形状や付属品、取説(CATEYEのホームページで確認可能)をご確認を。

リアライトは高いほうがいい

高いと言っても値段のことじゃなくて(値段が高いライトの方が明るいので、そっちも大事ですが)、取り付け位置の話。

夜間、後方から近づく脅威とは車のコトなわけですが、ドライバーから少しでも発見されやすい位置となれば当然高いほうが良い。

車のハイマウントストップランプと同じ。

固定でつけっぱなしにするなら、シートポストやシートステーあたりに装着することが多い(自分もロードバイクはそう)でしょうが、サドルの方が多少なりとも位置が高く、サドル後端なので被視認性もあがる。

サドルバックにもアダプターを介せば取り付けできますが、フィジークのサドルならもっとスマートに装着できるので、お使いの方は、アダプター一個で取り付けできるのでオススメです。

— ads by amazon —

自転車機材

自転車積むなら1BOX一択

もちろん、だいたいの車には自転車は積めます。
軽だろうが、セダンだろうが、クリックレリースでタイヤを外しちゃえばほとんど問題ない。
どっちかといえば、車内が汚れないようにブルーシート敷いたりとかの養生の方が大事。

ただ、タイヤも外さずそのまま積み込むとなると、これはもう1BOX一択。

最近は自転車ブームを受けてか、子供の送り迎えを意識してか、自転車そのまま詰めますよ…的な車のカタログをよく見ますが、実際はかなり小さな自転車を探してカタログ撮影してる場合がほとんど。

こないだ見かけた、HONDAから発売になる3ナンバーセダンの広告でもこんな感じ。

ですが、小さく書いてる但し書きを読むとフレームサイズは47cmとか、かなり小さなサイズの自転車。
他の車でもだいたい一緒。

簡単に積み込みたいなら、やっぱり1BOXが一番です。
自分が乗ってる軽1BOXでも、短距離ならそのまま横倒しで積み込みますし、長距離なら前輪外してトランスポートキャリアで固定します。

もちろん、走行性能とか、そーゆーのを考慮すると軽1BOXじゃ満足できない人も多いと思いますが、積み込み頻度が高いとか、一緒に他にも荷物を積みたいというなら、車の用途を思い切るのも大事です。

いいですよ…軽1BOXを活用した自転車ライフも。

— ads by amazon —