メンテナンス, 自転車機材

バーテープをシルバーに交換

ひさしぶりにロードバイクのバーテープ交換しました。

今まで無難な黒ばっかしだんですが、今回は思い切ってフレーム合わせのシルバーに。

バーテープって、比較的目につきやすくて面積も広い部分なのでバイク全体のイメージを大きく左右します。
なかなか精悍にフォルムになりまして、満足度高し…な交換になりました。

というか、シルバーのバーテープってあるんですね。
今まで知らなかったです。
お店で新しいのを選んでたら、ひょっこり銀色のが釣り下がってて「おぉ!」と。

fi’zi:kのBAR:TAPE SUPERLIGHT 2mm.THICK

頭の中で自分の自転車のハンドルバーがシルバーに輝いて(輝かないですが…)るのを想像して即決。

予算的には想定の倍近い(っていっても1,780円)んですが、せっかくだしちょっとバイクのフォルムをシャープにしてみようかと。

黒に比べると、バーテープ巻きのスキル求められる色柄なんでしょうが、レタリングタイプほどじゃないでしょうし、少し頑張りました。

セットはこんな感じ。

バーテープ本体に、ブラケット用の短いテープ、カバーテープにエンドキャップと標準的な内容。

前の残骸はパーツクリーナーで除去

前のバーテープを剥がして、残った残骸や粘着テープ跡をパーツクリーナー使ってきれいにふき取って下準備完了。
ちゃんと取れないからってハンドルバーにビニールテープ巻いてからバーテープ巻いてた人をネットで見かけましたが、そんなコトしなくてもクリーナー併用で簡単に綺麗にできます。

パーツクリーナーはホムセンで売ってる一番安い200円ぐらいので問題ないです。
ただし、このへんの値段のやつはゴム、プラスティックを侵食しちゃうんでワイヤやブラケットあたりにはかからないように雑巾でカバーしつつ、少しづつクリーナー吹きかけてふき取る作業。

手順は一般的なので割愛

ブラケット部分に短いテープを貼ったら、エンドの部分から内側に向けて巻き始めます。

バーテープ交換は何度もやってるんですが、いかんせん2,3年周期でしかやらない作業なので、毎回経験値をゼロリセットされてる感じで、あんまり上達しない。
じっと見てると自分でもやり直したい部分がなくもないんですが、そこは割り切るしかない。

今までのより素材が丈夫みたいでエンドキャップの打ち込みに苦労しましたが、無事に交換完了です。
細かいトコは見えてないフリ!

シルバーフレームにシルバーテープ

にしても、こうやってシルバーベースのフレームに、シルバーのバーテープ巻くと、やっぱり映えますね。
昨今、なんでもかんでも黒がカッコイイでしょ?みたいな風潮ですが、個人的にはメタル感大好きです。

他にもシルバーにしたい部品いっぱいあるんですが(ホイールとか…)、そこは予算の問題と、壊れてもいない部品を簡単に交換するのはスマートな趣味じゃない…っていう矜持がありますんで。

バーテープは自転車の見栄えを大きく左右するパーツですんで、みなさんも次に交換するときは、フレームカラーや自分の好みなんかを加味して黒以外のを巻くのも面白いかも。

— ads by amazon —

自転車機材

リジッドクロモリMTBのどっかから異音

ダンシングの時の異音

異音がする…っていうのは整備不足のメーターと思っていいです。

まぁ、最近のプレスフィット系のBBは異音がするのが普通みたいなのもあるみたいですが、今回のはリジッドクロモリの古いMTBなので、BBは当然スレッド。
そこからの異音じゃないです。

症状としてはダンシング時…なので、確かにBB、ペダルあたりが怪しかったんですが、チェックしても原因はつかめず。
回転系のパーツを中心にあちこち見てみましたが該当なし。

んーなんだろう?

ヘッド?

ふと、そーいえば前にも異音した時がした時があって、あのときはヘッドパーツのベアリング交換&グリスアップで治ったっけ…と思い出しヘッド部分をチェック。

あらら、上から抑えるナットがゆるゆる。

これは鳴りもしますわね。

とぴうわけで、ダブルナットを大きな薄型レンチ(ヘッドセットレンチ)とモンキスパナでぐいっと締めこんであげると無事に異音は収束。

ついでに最近停車時に前輪が左右に曲がってしまう症状も、ほどよくハンドル位置をキープするようになりました。

なるほど、こーゆートコにもトラブルの前兆が表れてるのね…と。

とにかく、大きなトラブルになる前に解決できてなによりです。

異音の元の特定

自転車は基本的にシンプルな構造なので、メンテナンスや調整はそれほど面倒なコトはないです。

今の自転車なら六角レンチとドライバー、あとはトルクスレンチがあれば主だったパーツの交換、調整はできます。
(うちのは古いのでヘッドセットレンチとか必要ですが、今の自転車のヘッドパーツは六角レンチだけで調整できます)

難しいのは異音から原因を特定するコト。

異音は乗ってるときしか発生しないし、その状態だとどこから発生してるかを聞き分けるってほぼ不可能なので。

こればっかは経験と勘ですね。

そのためにも、清掃はなるべくこまめに、簡易な調整・点検は自分でやることをお勧めします。
ショップに預けても異音が再現しなければ修理しようがないですし。

— ads by amazon —

自転車機材, 雑記

N-VANはサイクリスト向けか?

結論から言えば「イマイチ」

ちょうど先日車検の代車でN-VAN貸してもらえたので、いろいろチェックしてみました。

積載性は箱バンに劣る

N-VANはフロントエンジンのN-BOXシリーズを商用貨物にアレンジしたモデルで、N-BOXシリーズのメリットを持ちつつ積載性が向上されてるよう。

ただしフロントエンジンの分だけ荷室長が短くなるので積載量が少なくなるのは仕方がないトコ。

エンジンが荷室の床下に無いのでその分荷室床が低く、荷物を載せやすくはなってます。

ただし、車高が低くなってるせいで、リアのタイヤハウス部分が荷室に大きくはみ出しゲート幅が狭く、それも荷物を積むという意味ではデメリット。

全体的に見て、荷室長が1.8mかせげる箱バンに比べると積載性は下がってます。

ダイブダウンで車中泊は楽々

荷室長の短さを補うため、HONDAさんは後席はもちろん、助手席までフルフラットになるという大技を仕込んできてます。

こんな感じ。

なのでけっこう背が高い人でも車中泊で横になるには困りません…もちろん一人が限界ですが。

ただ自転車積んで車中泊ってなりますと、自転車は輪行状態まで収納しないといけないので、ちょっと手間ですね。
箱バン(自分のバモスホビオ)なら、前輪外すだけで固定して、その隣で車中泊できますから。

何よりも、後席倒しただけの状態で、そのまま1台横にして積むこともできるので、短距離の移動なら一瞬で積めちゃうメリットはかなり大きいです。

運転席以外は補助席

これは商用貨物である以上しかたないんですが助手席も後席もペラペラです。
後席はリクライニングすら無い。
初めからフルフラット状態の運用がデフォルトと思っていい。

ただ、さすがに助手席がそのレベルなのは、ちょっときついですね。
ほんとに一人乗りでしか使わないならいいですが。

待たれるN-HOBIO

現状のN-VANだと、残念ながら自転車遠征なんかに使うには不向きです。
これは長物(自転車やサーフィン)積載が必須なスポーツ共通かも。

軽規格でかつ1.8mの荷室長を確保してる今の箱バンのメリットは圧倒的なので。

それでも、このN-VANをバモスホビオの後継車種に育てあげたいなら、まだまだ工夫が必要になるのは間違いない。

それをN-HOBIOと言うのかどうかはわかりませんが。