自転車機材, 雑記

大事に使う、長く使う、使いこなす

自分のロードバイクのコンポはSHIMANO 5600-105。
既に3世代前の10sコンポで、友人からの頂き物ですが大事に使ってます。

競技で使うわけではないので、性能的な不満はほとんど無いんですが、このコンポ…実はフロント側のSTIレバーに致命的な弱点があります。

フロントのシフトアップが凄く重い

変速ワイヤが横出しタイプなので、現行モデルより引きは軽くてもいいんですが、2速と3足のフロントディレイラーに一種類のSTIレバーで対応するという設計になっているため、フツーに2速で使用すると、フロントの変速がめちゃくちゃ重くなります。

ぐいーっと最後までシフトレバーを押し込まないと、ディレイラーが外側まで位置を変えてくれない感じ。

たまに失敗するし。

あまり気持ちのイイ、変速フィールとは言えない。

運用で工夫(1):ハイテンション

考えられる対策としては、ギリギリまで取り付け精度をあげて、変速ワイヤのテンションを高めにセッティング。
あとは、シフトアップ時に、一気にレバーを押し込むようにすることで、使えるコトは使えます。

ただ、そーゆーストレスかかる使い方をすると、機材の寿命が短くなるのは仕方ないコトで、けっこうネットを検索するとフロント側5600STIレバーの破損報告が出てきます。

まー寿命なら仕方ないですが、できれば長持ちしてほしいトコ。

運用で工夫(2):ローテンション

なるべく長持ちさせるためには、あまり機材にストレスをかけないコト。

そもそも、3速分の引きを、2速のシフトアップで無理やり引いてしまうのがストレスの要因なので、それしなけりゃいいんです。

つまり、インナーからアウターのフロントギアにかける時には、STIレバーを軽く2回押し込むようにすればいい。
これなら変速ワイヤのテンションは低めでいい。

変速も確実にいくし、引きは軽いし、機材へのストレスも最小限。

まー知らない人に渡すと、フロントSTIレバーの引きがゆるゆるなので、うまく変速できないんですが、自分だけは、これをきちんと使えるというセッティング。

せっかく機材いじりも自分でやってるんですし、ここはいろいろ試してみて辿り着いたセッティング。

自分だけのセッティングで、問題ある機材を大事に使う、長く使う、使いこなす。
競技向けの機材じゃないんで、自分が納得するならオッケーです。

こーゆーのも楽しみの一つですんで。

追記:
本音は、新しい7000-105も興味大ありなんですがね。

ただ、今の自分のロードバイクには、あのデザインは合わなさそうなので、最新のロードに買い替えるようなコトがなければ、手にする機会はないかも。
いや、数年後に中古で入手とかはあるのかな?

— ads by amazon —

自転車機材, 雑記

上野近辺のショップめぐり

先週の湘南ライドでは、帰りの移動日の空き時間を活用してサイクルショップも数件回ってみました。

とは言っても、有名店めぐり…みたいな時間はないので、上野近辺のお店をぐるぐると。

ただし、結果として買ってきたのは、特価品になってたSHIMANOのサイクルボトル1本のみ。
欲しいもので、買える値段のモノはだいたい持ってますしね。

でもって、品ぞろえだけ考えると、ネットショップでだいたい間に合いますし。
今はブームなので、ビギナー参入が多いですが、この先は整備の腕とかで、お店ごとの差はついていきそうですね。

ウェア類は充実してほしい

ただ、やっぱりどーしても田舎で品ぞろえが不足するのは、ウェア、シューズ、ヘルメットというあたり。

身に着けるものは、どーしてもサイズ適合が難しい。
その意味では、ちょいと気になってたヘルメットがあって、その適合をチェックできたのは良い収穫。

あと、偶然見つけた中古ウェアショップを見てるときは、やっぱり楽しかったですね。
残念ながらサイズが合う好みの柄は無かったですが、いいのがあれば一着購入してきてただろうし。

妙なことに、新品ウェアを扱うショップを回った感じは、正直微妙。
最新のデザインで柄は別々だけど、どれも似たような感じに見えてしまう不思議な近似性を感じたのは確か。

今流行りってコトなんでしょうね。

ショップは多様にあってほしい

お店はたくさんあっても品ぞろえが同様なら、ネット全盛の昨今、あんまし意味はない。

もちろん、整備の腕とかも違ってくるだろうけど、首都圏のショップはどっちかと言うと経験豊富なベテラン店長っていうよりは、ブームだし新規参入、拡大してきた店が多そうだし、そのへんの違いも少ないのかも。

こないだ回った時も、小さくても個性的なお店は、やっぱり見てて面白かったし、飛行機じゃなきゃ買ってたかも。
(欲しい…と思ったものが大物で、飛行機手荷物には収まらなそうだったので)

今回は下調べ一切なしで、行き当たりばったりな行程でしたが、秋にもう一度行く予定あるので、その時は、ウェア類中心にちょっとお店を調べていきましょうかね。
ヘルメットもそろそろ次を考える時期(経年劣化)ですし。

ただ、首都圏ライドはもう当分いいかな…交通量多いし。

— ads by amazon —

自転車機材

ELITEのCORSAボトル

MTBライド用に購入したELITEのCORSAボトル。

キャップ付きなのでグラベル走って泥だらけになっても安心して給水できる優れもの。
もちろん、ロードで使うとなるといちいちキャップを開けないといけないのが面倒なので使ってなかったんですが…

このキャップ簡単に付け外しできるんですね…

いや、取り付け部の輪っかをニッパーで切れば外れるだろうとは思ってましたが、軽く手でひっぱるだけで外れました。
もとに戻すのも簡単にはまりますし。

ロード/MTB両用で使えますね。

これ、750mlと1000mlで買ってあるので、夏場のロングライドには重宝しそうです。
男鹿半島は給水スポット少な目ですんで。

— ads by amazon —