自転車機材

CATEYEのリアライトをフィジークサドルに装着!

うちのMTBは、ずーっと昔に買ったフィジークのアリオネを装着してまして。

前後に細長くてポジション広くとれるのが、なかなかよい塩梅。

加えて、サドル後端にアタッチメントがあって、リアライトやサドルバックが装着できるのが他所と違う大きなメリット。

…なんですが、ここに装着する純正のリアライトは、ライト部分を押すとスイッチが入る方式で、知らないうちに触れてライトONのままにしちゃうんですよね…

結果、いざ使おうとしたタイミングで電池切れ…というパターンを繰り返してきたので、現在はほぼ飾りの状態。

CATEYEのライトがつく

と思ってたらTwitterで、CATEYEのアダプタがありますよーって教えてもらいましたので、早速購入してみました。

長いのと、短いのがセットになってます。

通常は短い方を使うんでしょうが、サドルやライトの形状によって干渉する場合もあるようで、その場合は長いのを利用しなさいとのことらしい。
実際のとこ、こーゆーのって付けてみないと分からないですので。

いざ装着しようとすると、これがなかなか…入っていかない…

純正のライトと比べてみても形状がえらく違う…これほんとに装着できるの?

とは思いましたが、なんのことはなくて、爪の部分がやや高くなってるだけで、取付時に下側からぐいっと爪の部分を上に押し込んで差し込むとすんなり入ります。

別に削ったりする必要はないです。

形状見て分かる通り、CATEYEのライトが付くといっても、全部そのままで付くわけじゃなくて、例の取付部が四角形になってるやつが対象。
ライトによっては「スペーサーX」っていうオプションを挟んで装着しないといけない。

自分の持ってるRapid-XもこのスペーサーXを介して装着可能。
手持ちのライトの形状や付属品、取説(CATEYEのホームページで確認可能)をご確認を。

リアライトは高いほうがいい

高いと言っても値段のことじゃなくて(値段が高いライトの方が明るいので、そっちも大事ですが)、取り付け位置の話。

夜間、後方から近づく脅威とは車のコトなわけですが、ドライバーから少しでも発見されやすい位置となれば当然高いほうが良い。

車のハイマウントストップランプと同じ。

固定でつけっぱなしにするなら、シートポストやシートステーあたりに装着することが多い(自分もロードバイクはそう)でしょうが、サドルの方が多少なりとも位置が高く、サドル後端なので被視認性もあがる。

サドルバックにもアダプターを介せば取り付けできますが、フィジークのサドルならもっとスマートに装着できるので、お使いの方は、アダプター一個で取り付けできるのでオススメです。

— ads by amazon —

自転車機材

自転車積むなら1BOX一択

もちろん、だいたいの車には自転車は積めます。
軽だろうが、セダンだろうが、クリックレリースでタイヤを外しちゃえばほとんど問題ない。
どっちかといえば、車内が汚れないようにブルーシート敷いたりとかの養生の方が大事。

ただ、タイヤも外さずそのまま積み込むとなると、これはもう1BOX一択。

最近は自転車ブームを受けてか、子供の送り迎えを意識してか、自転車そのまま詰めますよ…的な車のカタログをよく見ますが、実際はかなり小さな自転車を探してカタログ撮影してる場合がほとんど。

こないだ見かけた、HONDAから発売になる3ナンバーセダンの広告でもこんな感じ。

ですが、小さく書いてる但し書きを読むとフレームサイズは47cmとか、かなり小さなサイズの自転車。
他の車でもだいたい一緒。

簡単に積み込みたいなら、やっぱり1BOXが一番です。
自分が乗ってる軽1BOXでも、短距離ならそのまま横倒しで積み込みますし、長距離なら前輪外してトランスポートキャリアで固定します。

もちろん、走行性能とか、そーゆーのを考慮すると軽1BOXじゃ満足できない人も多いと思いますが、積み込み頻度が高いとか、一緒に他にも荷物を積みたいというなら、車の用途を思い切るのも大事です。

いいですよ…軽1BOXを活用した自転車ライフも。

— ads by amazon —

自転車機材, 雑記

ロック、ロック、ロック

自転車泥棒はどこにでも存在します。

あんまり大きな声では言えないですが、どうも男鹿市内でもスポーツバイク狙いで被害があった模様で、田舎だからロックなんかしなくても安心だよ…なんてコトも言えなくなりました。

これから1にロック、2にロック、3、4がなくて5にロックです。

ロックを購入する前に

世の中にはいろんな自転車用のロックが存在しますが、まずは敵のことを知りましょう。

お近くの、もしくは少々遠くてもいいので、大きなホームセンターに言って工具売り場に行ってください。
そこでワイヤーカッターや、ボルトクリッパーなどの携帯可能な切断器具のスペックを確認。

切断能力を見てみると10mmぐらいのワイヤーは余裕で切断可能…となってます。

つまり、一般的に入手可能なワイヤー式のロックでは、携帯可能な1万円程度の工具で簡単に切断されるということ。
これでは充分な対策とはとても言えません。

基本的な認識を改める必要があります。

切断工具より安いロックでは、自転車を守るコトができないという厳然たる事実。

ブレードロック

今現在、最も有効だと思われるのは金属のブレードをつなぎ合わせたブレードロック。
もしくは金属チェーンをつなぎ合わせたものや、U字型のロック

こうした金属製のロックなら、携帯可能なカッターやクリッパーを人力で使う限りにおいては、切断される心配はまずありません。

もちろんお高いですし、重いですし、こんなの持ってロードバイクになんか乗りたくない…という気持ちは分かりますが、それで大事な自転車が盗まれたりしたら元も子もないです。

悩みどころですが、結論を出す前に、もう少しロックが必要になる状況について考えてみたい。

地球ロックは過去の話

どんなに頑丈なロックでも自転車ごと持ってかれたらアウトです。

強力な電動工具を使えば、破壊できないロックなんてありませんから。

そこで、電柱とかガードレールに自転車をロックする、いわゆる「地球ロック」を推奨する方もいらっしゃいますが、これは要注意です。

そもそも公共物や、他人の構造物に、ロックをかけるコトが許されるかというと当然NGです。
自分の家の塀やポール等に、知らない人が自転車を立てかけてロックで固定してったら、誰だってイヤに決まってます。

公共物に関しては法律的な判断は知らないですが、こないだ上野でサイクルショップ周りをした時は、ショップ周辺のガードレールや電柱に多くの自転車がロックで固定されてました。

あんまりマナーの良い光景には見えません。
自動車の違法駐車と何ら変わらない行為です。

こうしたマナー違反はスポーツバイクだからと言って許されるわけではないんです。
所有者の方にちゃんと許可をもらうか、指定されている駐輪方法に従うのが筋です。

ショップ側も、安全で邪魔にならない駐輪方法を提供する努力が必要なはず。

まだロードバイクがブームになる前、自転車乗りの数が少なかった時代とは訳が違います。
昔ながらの感覚で「地球ロックが一番」みたいなコトはもう言えませんので。

市街地に高級バイクで行くのはNG

そう考えると、人手の多い市街地、商業地に、つまりは盗難の可能性の高い場所に高級バイクで出かけるコト自体が、もうNGと考えるべき。

ただでさえ狙われやすい、高額な高級バイクに、重たくて高いブレードロックを背負って、他人の邪魔になりながら「地球ロック」なんかするのは、ぜんぜんクールじゃない。

はっきり言ってかっこ悪い。

それならいっそ、程度のいい中古のクロスバイクを市街地用に一台用立てた方がずっと運用しやすいはず。

最寄りの駐輪場に、そこそこのブレードロックで固定しておけば、安心して買い物もできますし。

それだと、自転車の気軽さが失われる…という方もいるでしょうが、他の人に迷惑かけたり、窃盗団の益になるぐらいだったら、それも仕方がない。

自分も市街地に出かける時は、車齢20年を超えるクロモリMTBで出かけます。
もともと重いバイクなので、センタースタンドやリアキャリア、キャリアバック等満載なので、少々重いブレードロックをつけたぐらい何ということもない。

財を投じた高級バイクを、所構わず自慢したいというのでなければ、2台持ちはずーっとスマートな運用方法ので、今後推奨していきたいです。

— ads by amazon —