カテゴリー
地の果ての田舎暮らし 男鹿半島

なまはげ大橋

男鹿Bicycleの方でも書いてますがこちらでも。

なまはげ大橋
NAMAHAGE GREAT BRIDGE
N.G.B.

アルファベット表記や略称がちょっとカッコイイ大きな橋です。

男鹿半島のほぼ中央、なまはげラインの真ん中を渡す大きな橋は、以前では想像もつかないほど生活や観光を変えた橋だったりします。

もとは秋田市方面から男鹿にきて、先端の入道崎や温泉に行くには、旧道(現国道101号)か、西の海岸線の道路(元大棧橋有料道路)を通る必要がありました。

生活は旧道、観光は有料道路っていう棲み分け(旧道にも観光バスがあふれる時期はありましたが)だったか。

が、今ではどちらもなまはげラインを通ってN.G.B.を渡ります。
この橋がなければ、とても急峻な坂道を通すことになって、今ほどの通りはなかったはず。

結果的に、南磯、門前方面の観光は大きくさびれ、旧道にあった商店なども今では閉まってます。

もちろん、この橋がなくたって男鹿市ですから衰退してたでしょうが、その傾向に拍車をかけた印象はあります。

なんでも便利になればよいかという事は考えておきたい。

カテゴリー
今日のライド 地の果ての田舎暮らし 男鹿半島

寒風山から白神山地への眺め

男鹿半島のほぼ真ん中にある安全寺。
そこにかかる大きな橋の「なまはげ大橋」

ここはお山に続く棚田が魅力のビュースポット。

とはいえ橋の真ん中に車を止めて眺めるのはかなり危険なので、自転車で行くほうが堪能できるスポットではあります。

さて、片方が山に続くならもう一方はどこに続くのか?

振り返って眺めてみると…

少しだけ山影のようなものが確認できます。
これはもしや…

家に帰ってマップサイトで方向を確認してみます。

橋から海側へ矢印を伸ばし…

そのままずーっと伸ばしていくと…

やはり白神山地です、世界遺産です。

ナマハゲ(ユネスコ無形文化遺産​)がおわすお山から、世界自然遺産の白神山地への眺め

今度はもっと空気が澄んでる日に撮影してみましょうか。

ちなみに寒風山から空気の澄んでる日に眺めた画像はこれ。

じっくり堪能するなら寒風山のほうがいいですかな。

カテゴリー
今日のライド 男鹿半島

男鹿半島も酷暑、34度はキツイ

ちょっと前に、もう秋だー…的な記事をアップしてましたが、本日の昼の気温が男鹿半島の観測所でも34度を超えた模様。

雪国育ちにこれはキツイ。

通常、こんな気温になることは稀なんですが、今年は海水温度の上昇が半端ないみたいで、男鹿半島の周りの日本海でもかなり温度上がってます。

それに加えてフェーン現象。

西日本を台風が通過すると東風が強くなる。
そうなると太平洋からの湿った空気が、奥羽山脈にあたり上昇し水蒸気が凝縮して雨や霧になりながら冷やされる。
水蒸気が凝縮するときに空気に熱を与えるため(凝縮熱)、山頂につくまでの気温は乾燥した空気に比べるとあまり下がらない。

逆に山頂を過ぎた空気は乾燥した状態で山を下るため、山を登るとき以上に気温が上昇する。

結果として日本海側の地域で一斉に気温があがる。
特に内陸は35度を超える猛暑日になってるようで、男鹿半島は海沿いなんでまだマシという状況。

今朝も近所をライドしてきたんですが、もう朝から暑かったです。
風も強かったので、日陰にもなる林の坂道を少し登ったぐらいで終了。

こんな温度で無理したら、とたんに体調崩します。
ここまで暑いのは今日ぐらいのようですが、もうしばらく30度ぐらいの日が続きそうですし、次の台風も西日本通過しそうですし、ここは体力残しておかないと。
健康第一で。