地の果ての田舎暮らし, 雑記

雪の男鹿半島 ウメモドキとメジロ

今年はぜんぜん積雪のない男鹿半島。
今季は一度もXCスキーもできないまま、かわりにMTBで遊んでたり。
そんな中、昨日は久々のまとまった雪。
自宅周辺の雪寄せで汗だくになってました。

雪寄せと干し柿

というわけで、一生懸命雪寄せしましたら、あとは美味しい紅茶とおやつ。
我が家の干し柿は、冬のおやつとしては最高の一品です。
我ながら。

干し柿って、実はどのぐらいの期間干すかによってだいぶ味わいが変わるんですが、今、うちの冷凍庫に保存してるのは、短期間で干し上げて中身がトロトロのやつ。
これを冷凍庫にとっといて、出してすぐ食べるとシャーベットっぽさも加わって、おやつとしては最高。

ちなみにこないだ販売したのは、これよりもきちっと干し上げたもの。
中の水分量が多く残ってると日持ちにも影響するので、このへんは来季に向けての課題です。

ウグイスじゃなくてメジロ

雪も降り、山の食料確保も難しくなってきたようで、うちの庭木ウメモドキにも野鳥がやってきて赤い実をパクパクいただいてました。

最初は体の大きなヒヨドリが。
今はヒヨドリがとまれる太めの枝の実がほぼなくなったので、小さなメジロがメインのお客様になってます。

はじめは見た目の色だけみてウグイスかと思ってたんですが、SNSに投稿したところ、それはメジロですよって教えていただきました。
鳥好きさんには定番の話題っぽいですが、あざやかなウグイス色の野鳥は実はメジロ。
体色よりも、目の周りの特徴が名前になってるようです。
ほんとのウグイスはもう少しくすんだ、茶色がかった緑のようです。

コンデジは高画質よりも20xズーム

ちなみにこの写真、スマホでもデジタル一眼でもなくて、20xズームのコンデジDSC-WX300のフルズームで撮影。
庭にいる野鳥を、家の中から窓ガラスごしに撮影してます。

自転車に乗って、あちこちに行った時に撮影する場合、思い出を記録するだけならスマホのカメラで十分に間に合いますが、多少なりと見栄えを気にするなら、きちんとした光学系を持ったカメラで撮影したいもの。

ほんとなら一眼なりミラーレスのAPS-Cセンサー搭載機がベストなんでしょうが、さすがに自転車で出かける時は大きくて邪魔。
1インチセンサーのDSC-RX100M3あたりを考えてたんですが…これだとズーム倍率がもの足りない。

WX300はじめとした1/2.3インチセンサーは画質の限界は指摘されますがセンサーが小さいぶんズーム倍率は稼げます。
ライド中に出会った動物や野鳥を写真に収める場合、やっぱり高倍率ズームレンズは必須なんで、RX100の方はなかなか購入のふんぎりがつかない。
F値1.8なんで室内撮影だったら最強なんでしょうが、自転車乗りとの相性はイマイチっぽい。
次に買う時はどっちか迷いそうですが、後継のWX350、30xズームのWX500とかになるのかも。

— ads by amazon —

地の果ての田舎暮らし

果の干し柿の販売

えーっと、販売の告知じゃなくて報告ですー

今年は告知して売るほど数は用意できなかったんで。
果工務店のメンバーと相談して、いい塩梅のパッケージを提案していただいて、シンボルイラストも描いていただいたので、6~8個ぐらいを詰め合わせてパッケージにして販売してみました。

よく道の駅で販売してるようなのに比べると、ぐっとフルーツ感があって印象良かったみたいで、あかげさまで用意したのはだいたい売れまして、お試し販売として好感触でした。
はじめは重さだけ揃えて大きいの小さいの混ぜて詰めてみたんですが、これだと干し柿の乾燥具合にばらつきがあって、人によっては満足度が高く無さそうな感じだったので、2回目の販売は大きくて柔らかいのと、小さくて固めなのを分けて詰めてみました。
それぞれスイートとハードっていう名前を付けて。

予想した通り、スイートの方が売れが良かったんですが、以外にもハードも売れまして。
小さく刻んで料理に使うっていう食べ方を考えた方がおりまして、なるほどなーと。

いろいろ試して見るもんですし、いろいろお話聞いてみるもんですね。

今年、販売用に作った干し柿は120個ほど、17パッケージぐらいだったので2回の販売会でなくなっちゃいましたが、来年はもう少し数を増やしていきたいですね。
ほんとはもっとたくさんの数を用意したいトコですが、そのためには製造法などいろいろクリアしないといけない課題もあるので、そこはうまくいったら…ってトコロです。

いずれにしろ、干し柿独特の食文化を少しづつでも、たくさんの人に知ってもらえて何よりです。
これからも頑張りましょー

地の果ての田舎暮らし

干し柿、作ってます

秋の味覚シリーズ第2弾…も、やっぱ柿です。

前回のさし柿(渋抜きした渋柿)も美味しいんですが、なにぶん柿は日持ちがしない。
すぐに熟しちゃうので、さっさと食べないといけない。

長くとっておく場合は、皮をむいて紐に結んで吊るして、干し柿にします。

まぁ、手間はかかるんですけど、ほんと甘くて美味しいスイーツになるので、ほんとにオススメのオススメ。

うちは風が抜けて、雨雪があたらない軒があるので、毎年いっぱい作って冬のおやつとして楽しんでます。

今日の午前中は、そろそろ今年最後になりそうな干し柿作り。

そろそろ熟して剥いて干すには難しいかと思いきや、まだまだ干し頃の柿多数で作業は順調に進みました。
知り合いの借りてる畑の脇の柿の木がいーあんばいに実をつけてました。

今の時期だとひと月ぐらいで美味しい干し柿になるはず。
先月干したのはもう食べられますよー、ほんと旨い。

普通にそのへん歩いてると、ぜんぜん収穫されない柿の木があって、もったいないなーと思うコトしばし。
確かに、干し柿は剥いて吊るすのが手間だし、吊るすのに都合のよい場所が、今の住宅には少ないというのは良く分かってるけど、もう少し田舎ならではのスイーツを復帰させたいよなーと思う秋の日。

— ads by amazon —