今日のライド, 男鹿半島

嗚呼、素晴らしき寒風山

うちの自宅から、一時間ちょいで回ってこれる裏山であるところの、寒風山。
余所の人から見ると、羨ましい裏山。

標高355mの、朝早起きして登ってくるには、これ以上とないサイズの山体。

ホントにいいトコに住んでます。

ここ最近、割と朝登りに行ける機会が多めなので、写真ざっとあげときます。

自分は馬生目の交差点から登って、滝川からの道に右折で合流。
このあたりは棚田が広がっていて、シーズン中は、常に全く違う風景を見せてくれる。
このへんから体が温まってくるので、ここからちょっと頑張り始めるトコ。

一つ目のつづら折りが終わると左手に、男鹿の最高峰のお山(本山)が勇壮に広がる。
この景色凄く好きです。
男鹿半島の中で、お山が一番格好よく見えるポイントの一つ。

寒風山を道沿いに走ると、山頂の他に、もう一つ丘があって「板場の台」と呼ばれてるトコがあって、そこに登る途中、山頂がずっと右手に見えてる。

先ほどの「板場の台」から一旦下って、もう一度つづら折りを登っていくトコ。
ちなみに海の向こうに見えるのは白神山地。
男鹿半島から白神山地へ向かうライドっていうのも面白そうだけど、距離と獲得標高考えると、片道輪行ぐらいがちょうどいいかな?
一度やってみたい。

つづら折りを終えて、山頂へ向こう妻恋峠から、山頂を見上げる図。
たぶん、一番斜度がきついけど、それほど距離はないって場所。
朝行くと、このへんから逆行になって、ちょっとインスタ映えする。

山頂。
ほうぼうの眺めが素晴らしい。
大潟村&八郎湖。

世界三景の看板と、八峰白神方面。

下りは写真撮ってる場合じゃないので、そのうち反対側から登った時に。

余所の自転車名所の紹介なんか見てると、意外と車の交通量が多かったりとか、首都圏の山や峠はロードバイク乗りが集まり過ぎてるとか、心置きなく楽しめる環境ではないな…って思うとこもある。

やっぱ田舎が最高ですよ。

徹底的に交通量の少ない男鹿半島は素晴らしく、中でも手ごろなサイズの寒風山は、男鹿半島ライドに組み込みつつ、自転車を満喫できる場所だと改めて思うところである。

今日のライド, 男鹿半島, 雑記

無事に帰ってくるのも大事なスキル

朝一でライドに行くと、暑さじゃなくて、寒さを考慮するとこまで季節が移ってます。

5時だと、ちょっと寒すぎ。
長袖が必要になるんですが登り始めると暑くなるので、今は6時頃に半袖でスタート。

体が温まれば、まだまだ爽快な季節。
そー簡単に秋になっちゃ困りますので。

まだまだ、爽快な朝の寒風山ライドが続きそうです。

「ろんぐらいだぁす!」サイクルコメンタリー

話は大幅に変わりまして「ろんぐらいだぁす!」で、ちょい気になるなぁ…と思ったてた案件。

この作品DVDの副音声にオーディオコメンタリーが2つ入ってて、一つはよくある声優さんがワイワイするやつ。

もう一つが、作品スタッフおよび自転車関係者が、ほぼ画面無視して自転車話に興ずるサイクルコメンタリーというやつ。
内容は濃厚で興味深い。

このサイクルコメンタリーの中で、いわゆる「体育会系武勇伝」がちらほら登場してまして。

これは、あんまりよろしくないなぁ…と。

体育会系勘違い

一例あげるとアニメ版の7話、日光いろは坂にライドに行った回。
紗希さんがダウンヒルでブレーキをかけそこねて、崖下転落した…っていう回想が出てくるエピソード。

これは関係者の実話とのこと。

自分も身近なトコで起きてるのをしってるので、この話シャレじゃ済ませません。

ダウンヒルで下ハンドル握らないとブレーキを強くかけられないので危険だよ…って教訓めかしてはいるものの、コメンタリーの中では、いかにも「武勇伝」っぽく聞こえてくるのはマズイ。

この件において、下ハン云々というのは本質じゃなくて、下りに夢中になって限界を超えてしまい事故を引き起こしたというのがすべて。
スキル不足を差し引いても、完全なる判断ミス。

こーゆーのを自慢げに話すのは、よくある体育会系の勘違い。
なんにも偉くない。
本人は「自転車あるあるだよ」って思ってるかもしれませんが、こんなの体験するのは全体の1%未満。
誰かがこっぴどく叱ってあげないといけない事案です。

危ないと感じたら、すぐにライドを中止する判断力を常に持たないと。
特に下りは。

安全をマージン込みで見極める

自分も寒風山からの下りは、そこそこの速度で下りてきます。

それは、何度も登って降りてを繰り返してコーナーも勾配も全部頭に入っているからであって、知らない山の下りは、そろそろーっと下ります。
怖いですから。

その上で、路面状態が予想外だったり、対向車がはみ出してきたりなど、不測の事態に備えての安全マージンをさらに取ってる。

こんなところで限界攻めたって意味ないですから。

逆に、そーゆー限界ギリギリを攻めたいっていう人は、公道スポーツである自転車には向いていない。
クローズドなフィールドで、かつ医療スタッフが常駐しているようなスポーツをした方が自分のためだし、周りの人にも迷惑かけない。

無事に帰ってくるのも大事なスキル

ちなみに、漫画・アニメの中では、下りの途中で休憩取った上で、「油断大敵」「ちょっと慎重すぎるぐらいでちょうどよい」と戒めてるので、本編の方はちゃんと注意喚起になってます。

ライドは怪我無く、事故無く、楽しく帰ってきてなんぼです。
誰かが怪我したら、本人も楽しくないし、周りの気分も沈ませちゃいますから。

怪我しないで無事帰るっていうのも大事なスキルの一つです。

— ads by amazon —

今日のライド, 男鹿半島

寒風山のヤマユリは終わり、次はオニユリ

今朝も馬生目側から登る寒風山。
中腹からお山(本山)を眺める。

脇本側に比べると、こっちの方が景色が開けてて気持ちのいいヒルクライムが楽しめる。
「板場の台」と呼ばれる丘を越えて一旦下ってから、もう一度山頂に向かうのも変化があって良い。

ガチなヒルクライムなら脇本側の方が下り無し、一気に登るので向いてるでしょうが、自分は馬生目側が好きです。

季節はあっという間に過ぎゆく

こないだまで、寒風山南側の斜面を中心に白いヤマユリが咲いてましたが、今日行った時点でほとんど花が落ちてました。

斜面のあちこちに、背の高いヤマユリの花が点在してる様は、やや不自然(そのまわりだけを残して草刈りするんですね)だったんですが、盛りの時期はあっという間でした。

色鮮やかなオニユリは、道路脇にぽつぽつ咲いてまして、ヒルクライム中の癒しと勇気になってくれてます。

ペダリングの修正続行中

ケイデンスの低めのヒルクライムの方が、きちっと意識しやすいので、ここである程度感覚を覚えたら、平地のケイデンスでも綺麗にペダリングできるように修正かけてきましょう。

とにかく自分で筋肉の使い方を把握できなきゃ、修正も何もないですんで。

ダンシングの時に、思ってた以上に体が前に出て下死点でペダルに体重をかけてる感覚があったので、気持ち体を後ろに引いて、力の出始め、体重のかけ始めのポイントを上に引き上げる感じ。

自転車趣味は長いですが、こうしたポイントを意識して、確認、修正しながら乗るのは、それはそれで非常に面白い。

これで急に速くなったりはしないですが、地道な修正作業で効率あがってくれば、ロングライド終盤での走りに良い影響が出そうなので、地道に続けてきます。

山頂とオニユリ