今日のライド

白石、七ヶ宿ダムから自由に高原ライド

ちょいと思い立って仙台・白石に2日かけて遊びに行ってきました。

どちらも昔住んでた町なんですが、思えば震災以降ご無沙汰。
ちょっとした用事ついでに、車にロードバイクも積んで、あのへんライドしてこようと。

まぁ、せっかくの軽1BOXなんで、ロードバイクと一緒に寝袋と毛布で車中泊。
2日間、場所も時間も全くのフリーツアーです。

やはり宮城県でライドしたいのは蔵王なんですが、練習不足は否めないのでガチなコースは今回は回避。
もう少し楽なコースを探してみまして…やはり昔住んでた白石をスタートして七ヶ宿ダムへ。
そこからは北上して、蔵王の山々を正面に見ながらの、これまた自由に走って、適当な距離と時間をこなしたあたりで、白石に下るような感じ。

まずは白石の某SCにデポしてスタート。

始めは白石から七ヶ宿ダムへ、R108を通って。
ここ、記憶によるともっとのんびりしてたつもりなんですが、意外と交通量があって、かつトンネル多数。
ちょいとびくびくするタイミングもあるんですが、コース自体は、緩勾配を距離かけて300mほどまで標高をあげる感じで、ゆるめのライドにはぴったり。

蔵王のような大きな山地の麓らしく、渓流が多くて、いくつも橋を越えていくのは、海沿いの男鹿半島にはなかなかなくて、とてもいい。
水っていうのは「動」を演出するんですが、このへんの役目は男鹿半島だと海岸になって、ただし雰囲気はだいぶ異なり清涼感高し。

平日なので、ぜんぜん空いてるなか七ヶ宿ダム周辺を散策。
この標高だとまだ紅葉もちらほらで楽しめるほどでもないので、ここからは北側に進路をとります。

標識や看板で「やまびこ吊橋」なる文字を見て、なにかネイチャーな響きに惹かれたので、案内板なんかを頼りに進んでいきます。

あんまり下調べしてきてなかったんですが、ここから北上すると、ほぼ登り。
ただし、「山」というよりは「高原」という地形のようで、男鹿半島とかで突然出現する無茶な勾配はなく、ギアを落として登れば、さほどキツイという場所はなく急ぎでもなくのんびり登りを楽しむ。

で、着いた「やまびこ吊橋」なんですが…鉄橋じゃん。

なんか砂防ダム建設に付随して整備した散策路の一部らしく、橋の真ん中まで移動すると正面に蔵王に連なる1,705mの不忘山が。

こちらはもう紅葉していて、この時期なかなかのビュースポット。
ただ、人工的に整備した感は強めです。

この日は、結局標高300mから700mぐらいをウロウロした感じで、紅葉も標高が高くなるにつれて、色づきがよくなっていって。
特に黄色系は早めに色づいていて、かなり楽しめた。

キャンプサイト併設の公演のイチョウもなかなか。

程よく山散歩も楽しみ、時間も迫ってきたのでそこでようやく帰り道を探し始める。
基本、東側に下る道を降りていけば、どれも白石に戻れるはずなので、適当な道を選んで、そこへのルートを最短で結んで移動開始。

そこで今日一番の勾配だった、細い牧草地の間の道で見つけた、この日一番の眺望。

正面にそびえるのは、先ほどの吊橋と同じ不忘山。
ただし、こちらの方は抜群の解放感で、いやはや大きな山脈周辺に広がる高原ならではの魅力抜群の光景。

最後に見つけたこの景色に、しばし感慨深く止まり、白石へと戻りました。

距離55.9km、獲得標高1,463mの、ほどよい距離と、ほどよい登りを、マイペースでじっくり自由に楽しめた、最近になく「自転車楽しい!」なライドになりました。

また、どこかの山の麓を自由に走り回ってみたいですね。
どれだけ自転車歴が長くなっても、発見がなくなるってコトがないのは、ほんとに面白い。

サイクルイベント, 今日のライド, 男鹿半島

梨園に行こう

明後日のサイクルイベントで、参加者を知り合いの梨園に案内するということで、今日はその下見に。

梨園は基本、迷路ですんで、事前に確認しておかないと…

今回伺うのは「東山長十郎梨園」
ある意味、男鹿半島で一番有名な果樹園の一つ。

梨のシーズンもそろそろ終わりなんですが、あとは豊水、秋泉あたりです。
もちろんまだまだ豊富に出荷されてますんで、明後日は皆さんにたっぷり味わってもらおうかと。

本当は普段から、気軽に皆さんに行ってもらえると、この時期凄くいいターゲットになると思ってるんですが、なにぶん場所の説明が難しい。
梨園周辺は、あっちこもこっちもみんな梨の木ばっかりで、目印になるものが何もない。

一度、たまたま居合わせて、別の梨園の方に案内をお願いしたら、その人も迷った…というぐらい。

今日のコースの中では、一番北に行ったトコ。

拡大するとココ。

基本、ナビとかの番地にも当たらないので、知らないとまずたどりつけない。
一人で初めて行くなら電話した方が確実です。

というわけで、ご主人としばしお話して、ちょっとお土産頂いてきました。
あんまり使ってなかったバックパック…今日はたまたま背負ってって良かったです。
まぁ、未舗装路用にサンダル入れていったんですけど。

今日のライド, 男鹿半島

クマ?

9月の後半、男鹿半島にてクマの目撃情報が寄せられてます。

野石から始まって、脇本、鵜木、中間口、中石と、主に寒風山周辺。

連日あがっていた目撃情報がここ3日ほど途切れてるので、もしかしたらもう余所へ移動したかもしれませんが、油断禁物な状況が続きそう。

男鹿半島の東側、寒風山周辺は、人間の生活圏が近い場所が多いのでクマにとっても安住の地にはなり難いとは思いますが…

クマ避けライド

というわけで、昨日の朝ライドは目撃情報を避けて、馬生目から山頂まであがって、また馬所目の方に戻ってくるコース。

絶対安全というわけじゃないですが、こちらのコースだと開けた場所が多いので、クマにとっては寄り難い場所じゃないかと。

念のため、スマホからフルボリュームで音楽流しながら。
いまいち音が小さい気もするので、Bluetooth接続の小型防水スピーカーでも入手しておきましょうか。

ちなみに選曲はマーチング系のオーケストラ。
なかなかリズミカルで軽快(警戒?)なので、ヒルクライムには好適です。

朝は相当に寒くて出発時には長袖ウィンドブレーカーが必須。
ベストだけ着ようとして、外出て慌てて着替えました。

ただ、登り始めるとすぐに温まって、この写真を撮ってる当たりではもう脱いでウェストバッグの中へ。

遠くのお山(本山)から、寒風山の麓に連なる稲刈り前の棚田、そしてMyBikeとなかなかよく収まった好きな一枚。

お馴染み山頂では、逆光写真。
天王から、八郎潟調整池のあたり。
ちなみに広大な面積を干拓して残された調整池ですが、これだけで田沢湖よりも広いんです。
水深は浅いんですが、この広さを何かしらに活用できたら面白いんじゃないかとは、ぼやっとは思ってますが、まぁ、何事も簡単にはいかないので。

脇本側は、クマの目撃情報が上がってるので、今回は来た通りのコースを戻ります。
こっち側を下ることはあまりないので、新鮮と言えば新鮮。
正面にお山を見据えながらのダウンヒルもなかなか。

低い山ではありますが、抜群の眺望と、朝起きて1時間ちょいで楽しめる立地の良さは、男鹿半島在住者には、ありがたい山です。

降雪の季節になるといけなくなっちゃいますので、今のうちに寒さ対策をしながら、眺望ライド楽しもうかと思います。