メンテナンス, 自転車機材

ディレイラーハンガーを(むりやり)修正

やってしまいました…

立てかけていた自転車が、不意の風に煽られ右側に転倒。

うわっ…もしや…とリアディレイラーを確認してみると、予想通りエンド部品が曲がってインナーローに変速する時にリアディレイラーとスポークが微妙にスリスリと接触。

また、やってしましった(2回め…)

ディレーラーハンガーは緩衝装置

リアディレイラーは通常、フレームに直付けではなくて、アルミ製のディレーラーハンガーを介して取り付ける。
理由は、まさに今回のような話で、右側にバイクを転倒させた場合、リアディレイラーは高い確率で地面と衝突する。
その時に、リアディレイラーが直付けだと衝撃がそのままフレームにいってしまい破損する確率が高い。

クロモリだと直付けのフレームもあるんですが、硬度が高いアルミやカーボンのフレームと、これまた冷間鍛造で固く作られてるリアディレイラーの間では衝撃の行き場がないので。

なので、わざと柔らかいアルミ製のディレーラーハンガーを取り付けておいて、この部品が曲がることで衝撃を吸収する。

きちんと考えられた構造なんですが、いざやっちゃうと修正やらの対応が面倒。

手作業で修正

とはいえ、さすがに2回めということで、備えはしてありまして、ディレーラーハンガーの予備パーツはちゃんと用意してあります。
いちおう交換して、リアディレイラー調整すればオッケーではあります。

あと、微妙に曲がったくらいならエンド修正用の治具もあるので修正は可能。
ただし、使用頻度に対して、けっこう高いので自分は持ってません。

ショップに持ち込めば、さくっと修正してもらえそうですが、これだけのために片道40km持ってくのも面倒くさい。

というわけで今回は、ペンチで(雑に)修正してみました。

なお、アルミ部品は、修正を繰り返すと強度がガタ落ちする素材なので、良い子は真似しないように。
場合によっては、すでに変形が大きくて強度不足な場合もありますんで。

あくまで手元に予備パーツがあるのを前提に、ちょっとやんちゃしてみようかというだけの遊び半分。

そもそも、このディレーラーハンガー、純正品じゃなくて、ネットで形が似たのを発注して、ヤスリで削って形状をあわせた品。
純正品に戻す前に、いろいろ試してみようかと。

やり方は、もうコツとかなんとかなくて、真後ろから見てリアディレイラーの傾き具合を目で判断して、ホイールとリアディレイラーを外して、あとは下側からペンチであおってまっすぐ下に垂直になるようにするだけ。

すべて目分量の一発勝負…何度も曲げると、そのたびに強度落ちますから。

繰り返しますが普通は真似しないように。

フレームの取付部、ディレーラーハンガーのディレイラー取付面等は、必ずしも精度よく作られてるとも限らないので、ディレーラーハンガーを垂直にするというより、リアディレイラーが取り付けられた時に垂直になるようなイメージで。

センスとカンと、特に「運」が大事です。

えいやっ!

ふむ、今回は「運」よく、一発で決まりました。

まぁ、前回ディレーラーハンガーを曲げた時に、いろいろいじって素材の柔らかさ具合とかいろいろ掴んでたおかげもありますので、いちおう経験値が役立った感じ。

ついでに、インナーローの時にチェーンがフロントディレイラーの内側に軽く摺れてたので、バンド取り付け角を微調整して、チェーンがすっきり流れるように調整。

朝から、そこそこのメンテナンス作業になりました。

予備はあったほうがいいかも

繰り返しますが、普通はエンド修正治具を使ってやる作業で、本当ならショップに持ち込んでやってもらう作業です。
あくまで手元に予備パーツがあるので、ダメ元で試してみて、たまたまうまくいっただけ。

その意味では、ディレーラーハンガー自体は、予備を手元に持っておくのは悪くない。
フレーム毎に異なるので、ショップでもあまり在庫は持っておらず、発注しても時間がかかる。

特にショップがあまり近くにない場合はなおさら。
何かあってもすぐに交換できますし、場合によっては修正不可な破損をするケースもありますし。

自転車はメンテナンスフリーな乗り物でもないですが、構造自体はシンプルな部品が多いので、自分で手をかけてあげれば、少しづつ自転車そのもののコトが分かってくる。

分かってくれば、ある程度のコトは自分でしてあげたくなって、自転車自体への愛着も増してくる。
自分が買った自転車を1台も手放せない理由はそのへんにあったりします。

せっかくの機材スポーツですから、機材でも楽しんでいかないと。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

CATEYEサイコンの電池交換

CATEYEのサイコンの電池が切れました。
CC-RD420DWという機種ですが、同社製品ならだいたい一緒かと。

ホントは電池切れなのかどうかよく分からないんんですが、この間の寒い朝にライドに出たとき、液晶が点滅表示になってたので、たぶん電池切れじゃないかと。

前回、電池交換したのはぜんぜん覚えてないぐらい前なので、本体、センサーともに交換しておくことに。

センサー側の電池は、蓋を開ければ電池も一緒に落ちてくる感じで簡単なんですが、本体側は、寸法ぴったりに成型されてるようで、なかなか外れてこない。

結局、精密ドライバーの一番細いマイナス先端で、こじるようにして取り出しました。

どうやら電池左下の部分に、本体側の電極金具があるので、電池の右上をドライバーで押し込んで、僅かに浮き上がった左下をこじるようにして何とか。

どっか1カ所に切り欠きでも入れててくれるといいんですが、防水性確保のためか、そのような作りにはなってなく。
迂闊にやると電極金具を壊しかねない構造なので慎重に作業が必要ですね。

金属製のドライバーより、爪楊枝のようなものの方が安全かも。

できればGerminとかLEZYNEとか、GPSサイコンも導入してみたいとこですが、とりあえずそれはスマホのGPSアプリで代用できるので後回し。
今のとこ、走りながら見たいのは速度とケイデンスがあれば十分。
パワーメーターと一緒になって、もっとリーズナブルになったら検討しますかな。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

コンポはどれがいい?

よくある話で、よく聞かれる話だし、ちょっと書いときますね。
まぁ、答えはシンプルです。

予算の中で最上位のグレードを使うべし

真理はこれ。

走る、曲がる、停まるに関しては、どのコンポを使っても、別に問題はないし、パフォーマンスに大きな差がつくものでもない。
別にSORAだから遅いってこともないし、DURA-ACEを使えば速くなるという事もない。

ただ、上位グレードにあれだけのプライスタグが付いてるのは、それなりの理由があって、ちゃんと意味はある。

一番カネがかかってるのは、軽量化だろうから、厳密には「速さ」にも貢献はする。
(ただ軽量化目的ならもっと別のところに投資した方がいいですが…)

高剛性化、高精度化してるおかげで、動作精度も高く、伴って操作性は向上する。
部品精度も高いので、メンテナンス性も高く、同じ調整するにあたっても、上位グレードの方が楽に素早くできる。

サポートメカニック等をしてた経験上、やはり上位グレードのコンポはメンテ、調整しやすいというのは実感としてある。

電動コンポとなれば、機能性の部分から違いがあるし、メリット、デメリットをよく理解した上で導入するのは良いこと。

「速る」「曲がる」「停まる」に関しては、気にするるほどの差では無いと考えるが、「操作性」「メンテ性」の向上は、それを重視するライダーにとっては明確に違いとなる。

つまるところ、上位グレードにするにこしたことはないけど、そこは予算が幾らあるか…という話と直結させていいと思う。

予算の中で一番いいのを使うのが正解。
予算がなくて下位グレードでも、きちんと扱ってあげれば大きな問題はないので。

ブレーキは練習大事

さて、コンポの話をする時に、ブレーキだけは上位のコンポを使うべきという話をする人がいらっしゃいました。
ブレーキだけは腕前だけじゃどうにもならん…と。

逆です。

ブレーキングこそ、最も腕前が結果に出る。
腕前があった上で、グレードを上げていくのは前述の通りメリットありますが、グレードだけを上げても何にもならない。

どんなグレードのブレーキでも、何も考えずにフルブレーキしたら、たいていタイヤロックします。
その状態をうまくコントロールできなきゃそのまま落車、最悪ジャックナイフ状態で前方一回転で空を飛ぶ。

そうならないようにするために必要なのは、コンポのグレードを上げることじゃなくて、タイヤをロックさせない練習、ロックさせた状態でも、落車しないようにコントロールする練習。

これは、フツーに乗ってるだけで習得できることじゃないので、意識的に練習しとく必要がある。

ブレーキングの際に重心を後ろに持っていって、ジャックナイフにならないバランスのとり方。
前後輪の制動力をフルに効かせたブレーキをかけられるように、左右のレバーの握り具合と、体の重心位置のバランスがとれる位置を体で覚えておく。

もちろん、メンテナンスも重要で、ブレーキーシューがすり減ってたり、位置がずれてたり、左右の角度が狂ってたら、それこそ腕前もグレードも関係ない。
ワイヤーの伸びも要チェック。

ブレーキレバーのセッティングも、指とレバーの距離が離れてたりしたら、一瞬の制動の差が命にかかわるコトだってある。

機材的な意味で注意喚起するなら、グレードじゃなくてメンテナンスとセッティングです。

ブレーキも進化中

実際、バイクのグレードをあげて、カーボンホイールなんか使い始めると、逆にブレーキはシビアになるので、むやみにグレードを上げていいかはむしろ疑問。

おそらく、カーボンリムブレーキは今後減って、ディスクブレーキが主流になっていくだろうし、その方が安全面でも性能面でも良いような気がする。
今はその過渡期で、機材的には少々悩ましい時期。

いずれにしろ、ブレーキングは自転車の挙動の中で、最も急激に変化をおこす動作なので、きちっと練習しておくに限るし、日頃のまめなメンテナンスや異常確認は大事。

その上で、さける最大限の予算の中でグレードアップするのは大賛成。
自転車は機材スポーツですから。