メンテナンス, 自転車機材

ロードのBB、クランクを交換

一昨年、友人から頂いた5600系105コンポ一式。

ほとんどは、すぐに交換して今現在フル活用させてもらっているわけですが、一点だけ未装着のパーツがありまして。

それはクランク。

幸いにして今まで装着してた5500のクランクには、5600のチェーンリングや、Fディレイラーがそのまま使えるので、その形で利用してたんですが、もーそろそろ替え時かな…と。

BB交換はショップに依頼

躊躇してたのは、クランクというよりBB交換。

5500のBBはオクタリンクという古い規格。

5600のホローテック2のクランクは装着できずないので、BB交換が必要です。

うちのロードのフレームはスレッド(ネジ)形式なので、脱着に必要な工具ぐらいなら揃えても大した額じゃない(というか持ってる)んですが、まれに経年劣化や他の要因でBB装着面の平行が崩れていたり、ネジ山がなまってたりすると厄介。

何しろフレームも古いので。

平行が崩れてればフェーシング(専用工具で平行を削り出す)が必要ですし、ネジ山を立て直すにはタッピングしないといけない。

BB交換自体、頻度の低い作業なので、そのための工具に投資するのはコスパが悪すぎなので、今回はショップに依頼。

この時期は作業は混んでないですし、部品が到着してから2日で作業完了の連絡がありましたので、さっそく受け取りにいって、ちょっとその辺を試しライドしてきました。

さほど変化はなく

試した感じ、そんなに変化はないです。

こうして見ると、今やSHIMANOの5本アームクランクって、もうレトロ感を醸成してますね。
個人的には嫌いじゃないですが。

回転系部品ですが、径が小さいので、ホイールみたいに重量の変化による影響はほとんどなく、ドレスアップ的な意味を除けば、高い部品に替えてもそれほど効果のでるものでもない。

なので、今回交換したのはSM-BBR60という、ごくフツーのです。
ネットで買えば2,000円しません。

ただし、今回はオクタリンク→ホローテック2と、規格自体が変わってるので剛性はかなり向上してるはず。

今までフレーム内部に収まってたベアリングが、フレーム外側に配置されるようになるので、クランク軸を支える径も、幅も広がり、その分、ペダリングが安定すると。
まぁ、自分のパワーじゃ、そのへんの違いを実感できるとは思えないですが。

一番変わったのは見栄え。
結果として、かなりゴツくなりました。

細身のフレームだと、けっこう違和感でるかも。
予算に余裕あれば、シルバー塗装したものの方がフレームに似合ってたかもしれないですね。

この先、クロモリバイクとかをレストアする機会があったら、ホローテックよりはオクタリンクやスクエアテーパーなんかの方がすっきりしそう。
取り外したBBとクランクは、綺麗に清掃して、大事にとっとこうかと思います。

当面は古いの大事にしてきます

これでコンポは5500-105から5600-105へ、すべて換装完了。
既に二世代前のコンポですが、競技に使うとかじゃなければ、特に何も問題はないです。

フロントのSTIレバーの出来が今一つで、フロントの変則にコツが要るとかありますが、そーいったクセを把握しておけば使いこなすのに難しくはない。

既にフレームも12年も使ってて、干支が一回りしてるようなものなので、無理にコストをかけて最新コンポを使うよりは、古い機材を大事に使う方が大事。

もっといいコンポを使いたくなったら、完成車で装着済みのを買った方がいいんでしょうね。
フレームも、コンポも最新になれば、それこそスペック差を一番実感できるでしょうから。

そーなるとホイールもイイのが欲しくなって…ん~なかなかそこまで予算はさけないかな。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

ディレイラーハンガーを(むりやり)修正

やってしまいました…

立てかけていた自転車が、不意の風に煽られ右側に転倒。

うわっ…もしや…とリアディレイラーを確認してみると、予想通りエンド部品が曲がってインナーローに変速する時にリアディレイラーとスポークが微妙にスリスリと接触。

また、やってしましった(2回め…)

ディレーラーハンガーは緩衝装置

リアディレイラーは通常、フレームに直付けではなくて、アルミ製のディレーラーハンガーを介して取り付ける。
理由は、まさに今回のような話で、右側にバイクを転倒させた場合、リアディレイラーは高い確率で地面と衝突する。
その時に、リアディレイラーが直付けだと衝撃がそのままフレームにいってしまい破損する確率が高い。

クロモリだと直付けのフレームもあるんですが、硬度が高いアルミやカーボンのフレームと、これまた冷間鍛造で固く作られてるリアディレイラーの間では衝撃の行き場がないので。

なので、わざと柔らかいアルミ製のディレーラーハンガーを取り付けておいて、この部品が曲がることで衝撃を吸収する。

きちんと考えられた構造なんですが、いざやっちゃうと修正やらの対応が面倒。

手作業で修正

とはいえ、さすがに2回めということで、備えはしてありまして、ディレーラーハンガーの予備パーツはちゃんと用意してあります。
いちおう交換して、リアディレイラー調整すればオッケーではあります。

あと、微妙に曲がったくらいならエンド修正用の治具もあるので修正は可能。
ただし、使用頻度に対して、けっこう高いので自分は持ってません。

ショップに持ち込めば、さくっと修正してもらえそうですが、これだけのために片道40km持ってくのも面倒くさい。

というわけで今回は、ペンチで(雑に)修正してみました。

なお、アルミ部品は、修正を繰り返すと強度がガタ落ちする素材なので、良い子は真似しないように。
場合によっては、すでに変形が大きくて強度不足な場合もありますんで。

あくまで手元に予備パーツがあるのを前提に、ちょっとやんちゃしてみようかというだけの遊び半分。

そもそも、このディレーラーハンガー、純正品じゃなくて、ネットで形が似たのを発注して、ヤスリで削って形状をあわせた品。
純正品に戻す前に、いろいろ試してみようかと。

やり方は、もうコツとかなんとかなくて、真後ろから見てリアディレイラーの傾き具合を目で判断して、ホイールとリアディレイラーを外して、あとは下側からペンチであおってまっすぐ下に垂直になるようにするだけ。

すべて目分量の一発勝負…何度も曲げると、そのたびに強度落ちますから。

繰り返しますが普通は真似しないように。

フレームの取付部、ディレーラーハンガーのディレイラー取付面等は、必ずしも精度よく作られてるとも限らないので、ディレーラーハンガーを垂直にするというより、リアディレイラーが取り付けられた時に垂直になるようなイメージで。

センスとカンと、特に「運」が大事です。

えいやっ!

ふむ、今回は「運」よく、一発で決まりました。

まぁ、前回ディレーラーハンガーを曲げた時に、いろいろいじって素材の柔らかさ具合とかいろいろ掴んでたおかげもありますので、いちおう経験値が役立った感じ。

ついでに、インナーローの時にチェーンがフロントディレイラーの内側に軽く摺れてたので、バンド取り付け角を微調整して、チェーンがすっきり流れるように調整。

朝から、そこそこのメンテナンス作業になりました。

予備はあったほうがいいかも

繰り返しますが、普通はエンド修正治具を使ってやる作業で、本当ならショップに持ち込んでやってもらう作業です。
あくまで手元に予備パーツがあるので、ダメ元で試してみて、たまたまうまくいっただけ。

その意味では、ディレーラーハンガー自体は、予備を手元に持っておくのは悪くない。
フレーム毎に異なるので、ショップでもあまり在庫は持っておらず、発注しても時間がかかる。

特にショップがあまり近くにない場合はなおさら。
何かあってもすぐに交換できますし、場合によっては修正不可な破損をするケースもありますし。

自転車はメンテナンスフリーな乗り物でもないですが、構造自体はシンプルな部品が多いので、自分で手をかけてあげれば、少しづつ自転車そのもののコトが分かってくる。

分かってくれば、ある程度のコトは自分でしてあげたくなって、自転車自体への愛着も増してくる。
自分が買った自転車を1台も手放せない理由はそのへんにあったりします。

せっかくの機材スポーツですから、機材でも楽しんでいかないと。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

CATEYEサイコンの電池交換

CATEYEのサイコンの電池が切れました。
CC-RD420DWという機種ですが、同社製品ならだいたい一緒かと。

ホントは電池切れなのかどうかよく分からないんんですが、この間の寒い朝にライドに出たとき、液晶が点滅表示になってたので、たぶん電池切れじゃないかと。

前回、電池交換したのはぜんぜん覚えてないぐらい前なので、本体、センサーともに交換しておくことに。

センサー側の電池は、蓋を開ければ電池も一緒に落ちてくる感じで簡単なんですが、本体側は、寸法ぴったりに成型されてるようで、なかなか外れてこない。

結局、精密ドライバーの一番細いマイナス先端で、こじるようにして取り出しました。

どうやら電池左下の部分に、本体側の電極金具があるので、電池の右上をドライバーで押し込んで、僅かに浮き上がった左下をこじるようにして何とか。

どっか1カ所に切り欠きでも入れててくれるといいんですが、防水性確保のためか、そのような作りにはなってなく。
迂闊にやると電極金具を壊しかねない構造なので慎重に作業が必要ですね。

金属製のドライバーより、爪楊枝のようなものの方が安全かも。

できればGerminとかLEZYNEとか、GPSサイコンも導入してみたいとこですが、とりあえずそれはスマホのGPSアプリで代用できるので後回し。
今のとこ、走りながら見たいのは速度とケイデンスがあれば十分。
パワーメーターと一緒になって、もっとリーズナブルになったら検討しますかな。

— ads by amazon —