メンテナンス, 自転車機材, 雑記

RUDY PROJECTのサングラスをリペア

RUDY PROJECTのケロゼーネをずーっと愛用してたんですが、昨年夏に先端部分のゴムキャップが破損。
先端だけなので、かけられないわけじゃないですが、金属の芯部分が露出してて、ちょっとこのままじゃ…という感じ。

もうずいぶん昔のモデルなので、買い替え時期なのは確かなんですが、度付きのクリップオンレンズに、交換レンズ3種(クリア、スモーク、レッド)と、それなりに投資したので、できれば使える状況にリペアしておきたい。

リペアパーツは契約店へ

実際のトコ、ゴムキャップを指し替えるだけなので、そんなに難しいわけじゃないんですが、問題は交換パーツの入手。

度付きレンズを入れてもらった眼鏡屋さんでは、取扱いがなくて注文ができず。

購入した自転車屋さんでは、入手に時間がかかった上で、破損したのとは違うパーツが(こっちも必要なので無駄にはなってません)。

このあたり海外製のサングラスは販売や流通、保証に関しては、なにやら面倒事があるようで、RUDY PROJECTのホームページに載っている契約店じゃないと、交換パーツの注文は難しそう。

というわけで、秋田市のスーパースポーツゼビオに併設されているサングラスショップにて相談したところ…3日で届きました。

あれこれと手を尽くすより、契約店にお願いした方が圧倒的に良いので、RUDY PROJECTの交換パーツでお悩みの方はそのように。

工作1

というわけで交換パーツが揃ったので工作開始です。

正しい交換手順かはわからないですが、取れてこなきゃ問題ない程度のコトなので、さらっとやっちゃいます。

まずは破損した先端部の取り外し。

引っ張っても取れてはこないので、カッターナイフでゴムパーツを切って細切れにして引き剥がします。

テンプルの裏側のゴムパーツもどうも内部で緑錆が発生してるので、交換することに。
どっちにしろ交換パーツは入手してたので。
こっちは折りたたみ部分側から極細マイナスドライバーかなんかであおってやれば取れてきました。

一部、接着剤でくっついてる部分が残っちゃうので、綿棒なり、ナイフなり、耐水ペーパーなんかで、出来る範囲で綺麗にしてあげます。

工作2

あとは交換パーツの取り付けです。

どのパーツも左右があるので元パーツをよく確認した上で作業すること。

まず先端のゴムキャップは差し込むだけで問題なさそうだったのでそれだけ。

テンプル内側のゴムカバーは、折りたたみ部分はパーツが引っかかって固定されるようですが、反対側は簡単に剥がれちゃうので、ゴム用のボンドをちょっとつけて剥がれないようにして固定。

これで完了で御座います。

RUDY PROJECTオススメ

県内のメガネ屋さんだと、圧倒的にO社製品の取扱が多いようですが正直高い。
それでもサングラス単体までなら、ちょっと贅沢してもいいかなと思うんですが、度付きレンズまで考えるとかなりの高額になるので、おいそれとは手が出せません。
ちょい良さげなホイール買えちゃいます。

RUDY PROJECTは、多くのモデルでクリップオンレンズが用意されてるので、お値段としてはかなりリーズナブル。
クリップオンで対応すると、外側の交換カラーレンズも多彩に使えるので、天候に応じて差し替えたりと運用性は高いです。

品質も悪くないですし、耐久性が高いのは、カタログ落ちするまで問題なく使えた自分が実証済み。

今回サングラスショップで話を聞いた限りでは、モノは悪くないんですが、圧倒的に知名度が無いとのコト。

うーん、O社だとイチローとか、松山とか、日本人スポーツ選手にも提供してますからね…RUDY PROJECTも海外での知名度は悪くなさそうですが。

というわけで、秋田市のスーパースポーツゼビオにもライドン、フォトニック、ストラトフライあたりが展示されてましたのでお試しを。

カタログモデルで在庫があれば注文は可能なようですので、今年に向けて新しいサングラスを探してる方はお試しを。

— ads by amazon —

メンテナンス, 雑記

スプロケットを磨く

仕事場の下が自転車の保管場所なので、空き時間をみてパーツのメンテナンスをしてたりします。

昨日もチェーンメンテナンスのついでにスプロケット磨き。

スプロケットの形状は歯車の塊そのものなんで清掃しずらいパーツの一つではありますが、ウェスを二つ折りにしてスプロケットの隙間に差し込んで丁寧に汚れを落としてきます。

特にこびりついてない限りディグリーザーやクリーナーの類は必要ないですが、必要ならスプロケット外して洗浄すれば完璧になります。

力を入れ過ぎたり、力の向きがズレると歯車に引っかかってウェスが破けますし、緩いと汚れが落ちない。
けっこうコツが要りますが、慣れれば綺麗になってくのが嬉しいパーツです。

うちで一番汚れるMTBは8段なので、スプロケットの隙間が広くてやりやすいんですが、ロードの10段だとけっこう狭いので慎重な作業が必要。
11段のコンポに替えたらもっと面倒なんだろうなーなんかメンテ用の簡単な冶具でも作った方がいいのかも。

スプロケットの隙間に合わせた厚さの板を用意して、それにウェスを固定すればいいだけだろうから、けっこう簡単かな?

まぁ、パーツを綺麗な状態にしておくのは異常発見の早道。
メンテナンスの基礎なんで、疎かにしません。

走行中に発生したメカトラブルは、状況次第で致命的な事故になりかねませんから。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

ロードのBB、クランクを交換

一昨年、友人から頂いた5600系105コンポ一式。

ほとんどは、すぐに交換して今現在フル活用させてもらっているわけですが、一点だけ未装着のパーツがありまして。

それはクランク。

幸いにして今まで装着してた5500のクランクには、5600のチェーンリングや、Fディレイラーがそのまま使えるので、その形で利用してたんですが、もーそろそろ替え時かな…と。

BB交換はショップに依頼

躊躇してたのは、クランクというよりBB交換。

5500のBBはオクタリンクという古い規格。

5600のホローテック2のクランクは装着できずないので、BB交換が必要です。

うちのロードのフレームはスレッド(ネジ)形式なので、脱着に必要な工具ぐらいなら揃えても大した額じゃない(というか持ってる)んですが、まれに経年劣化や他の要因でBB装着面の平行が崩れていたり、ネジ山がなまってたりすると厄介。

何しろフレームも古いので。

平行が崩れてればフェーシング(専用工具で平行を削り出す)が必要ですし、ネジ山を立て直すにはタッピングしないといけない。

BB交換自体、頻度の低い作業なので、そのための工具に投資するのはコスパが悪すぎなので、今回はショップに依頼。

この時期は作業は混んでないですし、部品が到着してから2日で作業完了の連絡がありましたので、さっそく受け取りにいって、ちょっとその辺を試しライドしてきました。

さほど変化はなく

試した感じ、そんなに変化はないです。

こうして見ると、今やSHIMANOの5本アームクランクって、もうレトロ感を醸成してますね。
個人的には嫌いじゃないですが。

回転系部品ですが、径が小さいので、ホイールみたいに重量の変化による影響はほとんどなく、ドレスアップ的な意味を除けば、高い部品に替えてもそれほど効果のでるものでもない。

なので、今回交換したのはSM-BBR60という、ごくフツーのです。
ネットで買えば2,000円しません。

ただし、今回はオクタリンク→ホローテック2と、規格自体が変わってるので剛性はかなり向上してるはず。

今までフレーム内部に収まってたベアリングが、フレーム外側に配置されるようになるので、クランク軸を支える径も、幅も広がり、その分、ペダリングが安定すると。
まぁ、自分のパワーじゃ、そのへんの違いを実感できるとは思えないですが。

一番変わったのは見栄え。
結果として、かなりゴツくなりました。

細身のフレームだと、けっこう違和感でるかも。
予算に余裕あれば、シルバー塗装したものの方がフレームに似合ってたかもしれないですね。

この先、クロモリバイクとかをレストアする機会があったら、ホローテックよりはオクタリンクやスクエアテーパーなんかの方がすっきりしそう。
取り外したBBとクランクは、綺麗に清掃して、大事にとっとこうかと思います。

当面は古いの大事にしてきます

これでコンポは5500-105から5600-105へ、すべて換装完了。
既に二世代前のコンポですが、競技に使うとかじゃなければ、特に何も問題はないです。

フロントのSTIレバーの出来が今一つで、フロントの変則にコツが要るとかありますが、そーいったクセを把握しておけば使いこなすのに難しくはない。

既にフレームも12年も使ってて、干支が一回りしてるようなものなので、無理にコストをかけて最新コンポを使うよりは、古い機材を大事に使う方が大事。

もっといいコンポを使いたくなったら、完成車で装着済みのを買った方がいいんでしょうね。
フレームも、コンポも最新になれば、それこそスペック差を一番実感できるでしょうから。

そーなるとホイールもイイのが欲しくなって…ん~なかなかそこまで予算はさけないかな。

— ads by amazon —