メンテナンス, 自転車機材

バーテープをシルバーに交換

ひさしぶりにロードバイクのバーテープ交換しました。

今まで無難な黒ばっかしだんですが、今回は思い切ってフレーム合わせのシルバーに。

バーテープって、比較的目につきやすくて面積も広い部分なのでバイク全体のイメージを大きく左右します。
なかなか精悍にフォルムになりまして、満足度高し…な交換になりました。

というか、シルバーのバーテープってあるんですね。
今まで知らなかったです。
お店で新しいのを選んでたら、ひょっこり銀色のが釣り下がってて「おぉ!」と。

fi’zi:kのBAR:TAPE SUPERLIGHT 2mm.THICK

頭の中で自分の自転車のハンドルバーがシルバーに輝いて(輝かないですが…)るのを想像して即決。

予算的には想定の倍近い(っていっても1,780円)んですが、せっかくだしちょっとバイクのフォルムをシャープにしてみようかと。

黒に比べると、バーテープ巻きのスキル求められる色柄なんでしょうが、レタリングタイプほどじゃないでしょうし、少し頑張りました。

セットはこんな感じ。

バーテープ本体に、ブラケット用の短いテープ、カバーテープにエンドキャップと標準的な内容。

前の残骸はパーツクリーナーで除去

前のバーテープを剥がして、残った残骸や粘着テープ跡をパーツクリーナー使ってきれいにふき取って下準備完了。
ちゃんと取れないからってハンドルバーにビニールテープ巻いてからバーテープ巻いてた人をネットで見かけましたが、そんなコトしなくてもクリーナー併用で簡単に綺麗にできます。

パーツクリーナーはホムセンで売ってる一番安い200円ぐらいので問題ないです。
ただし、このへんの値段のやつはゴム、プラスティックを侵食しちゃうんでワイヤやブラケットあたりにはかからないように雑巾でカバーしつつ、少しづつクリーナー吹きかけてふき取る作業。

手順は一般的なので割愛

ブラケット部分に短いテープを貼ったら、エンドの部分から内側に向けて巻き始めます。

バーテープ交換は何度もやってるんですが、いかんせん2,3年周期でしかやらない作業なので、毎回経験値をゼロリセットされてる感じで、あんまり上達しない。
じっと見てると自分でもやり直したい部分がなくもないんですが、そこは割り切るしかない。

今までのより素材が丈夫みたいでエンドキャップの打ち込みに苦労しましたが、無事に交換完了です。
細かいトコは見えてないフリ!

シルバーフレームにシルバーテープ

にしても、こうやってシルバーベースのフレームに、シルバーのバーテープ巻くと、やっぱり映えますね。
昨今、なんでもかんでも黒がカッコイイでしょ?みたいな風潮ですが、個人的にはメタル感大好きです。

他にもシルバーにしたい部品いっぱいあるんですが(ホイールとか…)、そこは予算の問題と、壊れてもいない部品を簡単に交換するのはスマートな趣味じゃない…っていう矜持がありますんで。

バーテープは自転車の見栄えを大きく左右するパーツですんで、みなさんも次に交換するときは、フレームカラーや自分の好みなんかを加味して黒以外のを巻くのも面白いかも。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

ESGE ダブルレッグスタンド

こないだから、ゆるキャンごっこに使ってるクロモリMTB。

キャリアやらパニアバッグやら付けると、やっぱり安定したスタンドが欲しくなる。
というわけでESGEのダブルレッグスタンド装着!

実は、ずーっと前(5年くらいかな…)に買って、しばらく試して、いいなと思って。
じゃぁバイクに合わせてレッグ部分切断しなきゃって思って一旦外して…そのまま忘れておりまして。

今回ひさびさにストレージケースの奥から取り出して、切断、装着作業行いました。

まずは長さを合わせます。

ダブルレックスタンドを仮装着したまま、メンテスタンドにセットして、前後のタイヤの下死点とこを結んで(糸とか、メジャーとか)切断位置決めます。

一旦、取り外したら金鋸で切断!

そんなに固い鉄じゃないので、ちょっと頑張ればすぐ切れます。
軽くヤスリで切断面のざらつき取って作業完了。

ほんとはプラキャップが先端に嵌るんですが、きつくてはまらかったのでそのままで運用です。

実は長さ的には僅かに長くて、リアがちょっと浮く(荷物積めばたぶんフロントが浮く)んですが、この先、もっと太めのタイヤ履いたり、地面の柔らかいとこに止めたりするコト考えると、少し長いままの方がいいか?

と思ってそのままに。

しばらく運用してみて、切った方が良さげなら詰めるかも。

スポーツバイクにとってスタンドってなかなか相いれないものです。
これも550gグラムもあるので、さすがにロードバイクに付ける人はいないでしょ。

ただ、キャリーバイクとして考えると、やっぱりこれが無いと不安定。
実際、荷物いろいろ積み始めたら550グラムとか誤差の範囲です。
こないだ出かけた時も、クッカー、バーナー、食材つんだらけっこうな重さでしたし、ここは重量よりも利便性重視で。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材, 雑記

RUDY PROJECTのサングラスをリペア

RUDY PROJECTのケロゼーネをずーっと愛用してたんですが、昨年夏に先端部分のゴムキャップが破損。
先端だけなので、かけられないわけじゃないですが、金属の芯部分が露出してて、ちょっとこのままじゃ…という感じ。

もうずいぶん昔のモデルなので、買い替え時期なのは確かなんですが、度付きのクリップオンレンズに、交換レンズ3種(クリア、スモーク、レッド)と、それなりに投資したので、できれば使える状況にリペアしておきたい。

リペアパーツは契約店へ

実際のトコ、ゴムキャップを指し替えるだけなので、そんなに難しいわけじゃないんですが、問題は交換パーツの入手。

度付きレンズを入れてもらった眼鏡屋さんでは、取扱いがなくて注文ができず。

購入した自転車屋さんでは、入手に時間がかかった上で、破損したのとは違うパーツが(こっちも必要なので無駄にはなってません)。

このあたり海外製のサングラスは販売や流通、保証に関しては、なにやら面倒事があるようで、RUDY PROJECTのホームページに載っている契約店じゃないと、交換パーツの注文は難しそう。

というわけで、秋田市のスーパースポーツゼビオに併設されているサングラスショップにて相談したところ…3日で届きました。

あれこれと手を尽くすより、契約店にお願いした方が圧倒的に良いので、RUDY PROJECTの交換パーツでお悩みの方はそのように。

工作1

というわけで交換パーツが揃ったので工作開始です。

正しい交換手順かはわからないですが、取れてこなきゃ問題ない程度のコトなので、さらっとやっちゃいます。

まずは破損した先端部の取り外し。

引っ張っても取れてはこないので、カッターナイフでゴムパーツを切って細切れにして引き剥がします。

テンプルの裏側のゴムパーツもどうも内部で緑錆が発生してるので、交換することに。
どっちにしろ交換パーツは入手してたので。
こっちは折りたたみ部分側から極細マイナスドライバーかなんかであおってやれば取れてきました。

一部、接着剤でくっついてる部分が残っちゃうので、綿棒なり、ナイフなり、耐水ペーパーなんかで、出来る範囲で綺麗にしてあげます。

工作2

あとは交換パーツの取り付けです。

どのパーツも左右があるので元パーツをよく確認した上で作業すること。

まず先端のゴムキャップは差し込むだけで問題なさそうだったのでそれだけ。

テンプル内側のゴムカバーは、折りたたみ部分はパーツが引っかかって固定されるようですが、反対側は簡単に剥がれちゃうので、ゴム用のボンドをちょっとつけて剥がれないようにして固定。

これで完了で御座います。

RUDY PROJECTオススメ

県内のメガネ屋さんだと、圧倒的にO社製品の取扱が多いようですが正直高い。
それでもサングラス単体までなら、ちょっと贅沢してもいいかなと思うんですが、度付きレンズまで考えるとかなりの高額になるので、おいそれとは手が出せません。
ちょい良さげなホイール買えちゃいます。

RUDY PROJECTは、多くのモデルでクリップオンレンズが用意されてるので、お値段としてはかなりリーズナブル。
クリップオンで対応すると、外側の交換カラーレンズも多彩に使えるので、天候に応じて差し替えたりと運用性は高いです。

品質も悪くないですし、耐久性が高いのは、カタログ落ちするまで問題なく使えた自分が実証済み。

今回サングラスショップで話を聞いた限りでは、モノは悪くないんですが、圧倒的に知名度が無いとのコト。

うーん、O社だとイチローとか、松山とか、日本人スポーツ選手にも提供してますからね…RUDY PROJECTも海外での知名度は悪くなさそうですが。

というわけで、秋田市のスーパースポーツゼビオにもライドン、フォトニック、ストラトフライあたりが展示されてましたのでお試しを。

カタログモデルで在庫があれば注文は可能なようですので、今年に向けて新しいサングラスを探してる方はお試しを。

— ads by amazon —