--- ads by google ---
--- end of ads ---
未分類

ライトの付けすぎ注意

ここしばらく、ナイトライドを繰り返してますが、必要以上にライトを搭載するのは、不要なばかりか、緊急時のリスクにもなり得る…と。

基本的に大光量ライトが一つと、ヘルメットライトがあれば、まずまぁ大丈夫です。
特に、男鹿半島の夜のように交通量も少なくて、街灯がときどき現れる…もしくはほぼ真っ暗闇な場合は特に。

その大光量ライトもLoモードで最低限の路面確認が出来る程度で十分。
人間の目は、割と暗い方に順応しますので。
Hiモード、Midモードの明るい路面に目が慣れると、ライトの照射範囲外に視線を向けた時に、暗さに目が順応できずに、かえって危険な目にあう可能性すらある。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

もちろん、ケースによってはHiモード、Midモードを積極的に使うような場合もある。

例えば、交通量がある場合、車のヘッドライトが常に視界に入ってくるので、それほど目が暗闇順応しないだろうし。
その場合は、ヘルメットライトも常に点灯させて、視線方向を常に明るくしておく等の工夫は必要。

そのあたりは経験値を高めて、いろんなケースを想定、対応していかないといけないわけですが。

ひとこと言えるのは…こーゆーのはライト付けすぎです、葵サン。

重さとか関係ない…ってか、こんなに明るくしたら、周りの夜景なんか全然見えないんじゃないか…

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です