--- ads by google ---
--- end of ads ---

身体の不調をサイコン(CC-RD430DW)で管理する

三本ローラーにサイコンを組み合わせたトレーニングをスタートしてからというもの、外を自転車で走る時と決定的に変わったコトが一つ。

それは、天気によってお休みできないというコト。

雨の日も、風の日も、もちろん雪の日だってお休みする理由がありません。
豪雪になったら、雪寄せでトレーニングどころじゃなくなるかもしれませんが、ほぼ毎日自転車に乗るようになったというのが大きく変わったポイントです。

調子の悪い日だってある

毎日自転車のトレーニングを行うということは、調子の悪い日にあたることも増えてしまうというコト。

そういった時に、今回購入したサイコン(キャットアイ CC-RD430DW)は非常に便利に活用できてます。

DSC00456
(速度と回転数を同時に計測するワイヤレス・センサー本体)

速度(スピード)、回転数(ケイデンス)、心拍(ハートレート)の3つを同時に管理、把握できるのは予想した以上に便利です。
つくづく、2センサーの機種で妥協しなくてよかったと、ほっとしてます。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

特に今日がそうだったんですが、メニューの後半で、ハートレートを心拍の80%まであげようと踏んでみてもなかなか上げていけませんでした。

毎日続けてれば、当然のように調子が悪い日だったあります。

そういう調子の上がらない状況を数値で把握できるっていうのも、サイコンを使う上での大きなメリット。

調子が悪いから今日はここでやめちゃうのか。
それとも、70%ぐらいの強度で無理しない範囲で踏むことにするのか。

そうした判断も、数値を見ながら冷静に下すことができます。

結果的に、今日は4セットのうち、3セット目を軽く流して、そのうちに若干調子がでてきたので4セット目は、いつもの調子で踏むことができました。

調子が悪いなりに、身体を動かすトレーニングになったという感じです。

自分の調子を客観視できるようになるのは、ロングライドをするときにも役に立つんじゃないかと思います。

調子の悪いときにも、いつもと同じメニューをこなすことを優先しちゃうのは、たぶん、我々ホビーライダーには、あまりよいコトではない気がします。

雪国の冬トレーニングの工夫

いよいよ雪も降って、気温も下がってきて、暖房のない小屋での三本ローラートレーニングもちょっと工夫が必要になってきました。

具体的には、思っていた以上に指先などの先端部が冷たいこと。

我慢できないほどじゃないですが、フルカバータイプのグローブにすると余計な汗をかきそうなので、よさげな対策なんかも、これから工夫していきたいです。

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です