今日のライド, 男鹿半島

夏と、朝と、山と、海と

東北の日本海側というのは、太平洋側と違って、夏場はスッキリ晴れます。
もちろん、男鹿半島もそう。

関東のムシムシした湿度の高さとは全くの別。

特に朝の爽快さは、別格の別格。

これを味わうには、泊りがけで遊びに来るか、移住するしかない…

何かのついでにこの地に住むことになった自転車乗りは、超ラッキーだと思う。

寒風山

自分はふもとの集落に住んでますが、寒風山を朝起きてぐるっと回ってくると1hちょい。

休憩挟んでも1h30mもあれば楽しめる。
気合入れて、おかわりしても2hぐらいで何とかなる。

いずれにしろ、こんな見はらしいがいいのに355mという都合のいい山はそうは無い。

鳥海山とかは年に数度しか行かなくても、寒風山なら毎日だって行ける。

贅沢な山。

南磯

こちらは海岸線、男鹿半島の南側の海岸を通称”南磯”と呼ばれてる。

海岸線の道路は全国どこにでもあるけど、意外と途中海から距離があったりする。
ここは終始海岸線とぴったり。

出入りが激しく、岩場や磯が続くので、風景の変化が終わらない。
門前までなら往復で1h30mほど。

朝の爽快な海岸線を横目に、ストイックに回していくのが凄く気持ちいい。

こんな平地コースが身近にあるのは、ほんとにありがたい。

今が最高の朝ライドシーズン

昼間は暑くて、ライドするのもよいでない時期ですが、早起きしてライドするには最高のシーズン。

今、朝乗らずに、いつ乗るのか。

乗りましょう。

朝。

雑記

ペダルの踏み出しを改善する方法(我流) その2

こないだの更新以降、ペダリングで意識するポイントとして、以下の図のような変化がありました。

上のグラフは今までの、12時すぎたら、思いっきり踏み出してパワーをクランクに伝える…っていう感じ。
いかにも力入ってます~っていうイメージ。
それがクランクの回転力になっていたかどうかは不明。
たぶん、大きくロスってたんじゃないかと。

それで、こないだからの低速回転域でペダルに力を加えるポイント(12時付近)を探ってみた結果、今は下のグラフような感じ。

12時すぎる前に、「じわっ」と力を加え始めて、12時すぎたら「じわじわじわっ」とそれを増やしていって、3時過ぎるころにはもう力が抜けてる。

力を加える山がなだらかになりました。
入力する力の総量も減ってる実感がある。
早くなってるかどうかはよく分からないけど、省エネにはなってる。
効率は上がってるんだろう。

これが、一般的に良いコトかどうかは専門家ではないので断言できないですが、少なくとも自分の体力、自分のスキルから導き出した回答としては間違ってはなさそう。

もっとパワーのある人なら、ドカンと力を入れるペダリングでもいいのかもしれないですが、自分のような貧脚だと、それをやると逆に足腰を痛めそう。

実際、今期やや腰痛ぎみの状態で、今回フォームやペダリングを少し変えてみようと思ったのは、それがきっかけ。

ネットやテレビでタイムリーに情報が入ってきたこともあって、自分なりに最適なフォームとペダリングを探ってみよう…と。

前にも、自分に最適なフォームは、自分の体が知ってる…的なコトを書きましたが、その最適すらも、年齢、体調、練習量等によって変化するのが当たり前というコト。

自転車乗りとして長く続けたいので、無理がかからないポイントを探りつつ、効率的なペダリングの習得に努めたいとこです。

自分なりに。

パワーメーターも出力の絶対値出すんじゃなくて、各位置での踏み込むベクトルと強さを算出してくれれば、けっこう役にたつかもしれないですが…まだ、そーゆーのは高そう。

雑記

今だけ400円

何かみたいなタイトルですが、自転車ハウツー本のkindleセールのお知らせ。

Twitter見てたら「SBクリエイティブ」出版のkindle本がポイント半額還元セールやってて、某数学関連本が全部半額~って盛り上がってたんですが、そっちはそんなに読むことなくて。

何か読みたい本あるかな…って見てたら、まさに…というのが一冊。

定価800円からポイント還元で実質400円。

最近の自転車メディアではおなじみになったドクター竹谷の最新ハウツー本。
SB新書なので、雑誌みたいな図解ものじゃなくて、読み物的に楽しめるやつ。

ややストイックな話の筋っぽいので、話半分ぐらいで読むといいのかも。

— ads by amazon —