--- ads by google ---
--- end of ads ---
自転車機材

自転車積むなら1BOX一択

もちろん、だいたいの車には自転車は積めます。
軽だろうが、セダンだろうが、クリックレリースでタイヤを外しちゃえばほとんど問題ない。
どっちかといえば、車内が汚れないようにブルーシート敷いたりとかの養生の方が大事。

ただ、タイヤも外さずそのまま積み込むとなると、これはもう1BOX一択。

最近は自転車ブームを受けてか、子供の送り迎えを意識してか、自転車そのまま詰めますよ…的な車のカタログをよく見ますが、実際はかなり小さな自転車を探してカタログ撮影してる場合がほとんど。

こないだ見かけた、HONDAから発売になる3ナンバーセダンの広告でもこんな感じ。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

ですが、小さく書いてる但し書きを読むとフレームサイズは47cmとか、かなり小さなサイズの自転車。
他の車でもだいたい一緒。

簡単に積み込みたいなら、やっぱり1BOXが一番です。
自分が乗ってる軽1BOXでも、短距離ならそのまま横倒しで積み込みますし、長距離なら前輪外してトランスポートキャリアで固定します。

もちろん、走行性能とか、そーゆーのを考慮すると軽1BOXじゃ満足できない人も多いと思いますが、積み込み頻度が高いとか、一緒に他にも荷物を積みたいというなら、車の用途を思い切るのも大事です。

いいですよ…軽1BOXを活用した自転車ライフも。

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です