--- ads by google ---
--- end of ads ---
今日のライド, 自転車機材

ディスクブレーキが鳴いたら、パッドは交換で

今日は雨模様の一日ながら、お昼過ぎにちょっと雨があがり、かつ気温が上がったので、40分ほど、ご近所ライドを楽しんできました。

2016-11-05-14-27-42

というのも、実は、先日からキーキー鳴いていたフロントのディスクブレーキの対策後の様子を確認しておきたかったから。

ディスク洗浄や、取り付け位置の調整では鳴きやまず。
パッドをダメにするような心当たりもなく、仕方ないのでショップに持ち込んでみました。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

ショップの方曰く、ディスクブレーキが鳴くのは、大抵パッドのコンディションが悪くなったのが主要因とのこと。
それ以外でのブレーキ鳴きは稀だと。

実際、パッドを注文して交換してもらいましたが、それできっちり鳴き止みました。
やっぱ、そーゆーコトのようです。

2016-11-05-14-28-40

ちなみに、数日預けてた間に、いろいろ試してみてくれたそうで、グラインダーで表面削ったり、鳴いてないリアのパッドを付け替えてみたり。
ちなみにリアのパッドを、フロントにつけてもやっぱり鳴くらしく、どうもパッドの接触場所がフロントとリアで異なるので、一度使ったものは代用は効かないようです。

前に交換してから、ほぼ1年。
リムブレーキのシュー交換にサイクルに比べるとちょっと短い。

そんなに高いものではないので、予備をストックしとけばいいかと思いますがディスクブレーキのランニングコストはやや割高になりそうです。
ブレーキオイルの交換(エア抜きなど)も必要になる場合もありますし。

まぁ、たしかに効きの確かさは、絶対の安心感にはなりますので、コンディションの悪いトレイルでは必須装備という気はしますが。

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です