田舎のサイクリスト

近所の公園の東屋でカレーメン

ノルディックスキーも今冬完了宣言出しましたので、これからは自転車に注力してきます…が、まぁ、いきなりガシガシ踏めるもんでもないですし、そっちの方向性の人でも無いんで、ゆるゆると遊んでこうかと思います。

というわけで日曜日は、雨の予報もあったので、クロモリMTBで、近所の公園(寒風山登り口)の東屋に出かけて、ゆるキャンごっこ。

ワンバーナーでパスタでも茹でようかと思ってましたが、あんまり準備する時間がなかったので、軽くカレーメンで。

まぁ、それでも野外で調理(?)して、食べるってのは気分がイイもんです。
ただ、調理して待ってると、まだ寒いので、もう一枚羽織るの持ってってた方が良かったかなー。

スノーピークのワンバーナー「地」は、風に弱い…とよく言われますが、別に登山に使う訳でもなく、自転車で出かけられるような天候でしか使ったコト無いんで、そんなに風に弱い印象は無いです。

小さく収納できるし、火力は十分ですし、自転車クッキングにはかなり向いてる機材ではあります。

ただ、クッカー入れたり、食材や水を入れたりと、荷物が増えると、TOPEAKのバッグだと少々小さいのは確か。
ここはパニアバッグなんかも活用したい。

大きめのブランケット入れたら、調理待ち時間も寒くないですし。

自転車の趣味って、ロードバイクでガチで行くばっかじゃないし、もっと幅広く楽しめるってゆーのは広めていきたい。

もちろん、ガンガン踏むのも楽しいし、こーやってゆるキャンごっこやるのも楽しいし、そーゆーのの積み重ねが、田舎に自転車文化根付かせるコトになるんだと思う。

楽しんでいかなきゃ。

— ads by amazon —


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.