--- ads by google ---
--- end of ads ---
自転車機材, 雑記

N-VANはサイクリスト向けか?

結論から言えば「イマイチ」

ちょうど先日車検の代車でN-VAN貸してもらえたので、いろいろチェックしてみました。

積載性は箱バンに劣る

N-VANはフロントエンジンのN-BOXシリーズを商用貨物にアレンジしたモデルで、N-BOXシリーズのメリットを持ちつつ積載性が向上されてるよう。

ただしフロントエンジンの分だけ荷室長が短くなるので積載量が少なくなるのは仕方がないトコ。

エンジンが荷室の床下に無いのでその分荷室床が低く、荷物を載せやすくはなってます。

ただし、車高が低くなってるせいで、リアのタイヤハウス部分が荷室に大きくはみ出しゲート幅が狭く、それも荷物を積むという意味ではデメリット。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

全体的に見て、荷室長が1.8mかせげる箱バンに比べると積載性は下がってます。

ダイブダウンで車中泊は楽々

荷室長の短さを補うため、HONDAさんは後席はもちろん、助手席までフルフラットになるという大技を仕込んできてます。

こんな感じ。

なのでけっこう背が高い人でも車中泊で横になるには困りません…もちろん一人が限界ですが。

ただ自転車積んで車中泊ってなりますと、自転車は輪行状態まで収納しないといけないので、ちょっと手間ですね。
箱バン(自分のバモスホビオ)なら、前輪外すだけで固定して、その隣で車中泊できますから。

何よりも、後席倒しただけの状態で、そのまま1台横にして積むこともできるので、短距離の移動なら一瞬で積めちゃうメリットはかなり大きいです。

運転席以外は補助席

これは商用貨物である以上しかたないんですが助手席も後席もペラペラです。
後席はリクライニングすら無い。
初めからフルフラット状態の運用がデフォルトと思っていい。

ただ、さすがに助手席がそのレベルなのは、ちょっときついですね。
ほんとに一人乗りでしか使わないならいいですが。

待たれるN-HOBIO

現状のN-VANだと、残念ながら自転車遠征なんかに使うには不向きです。
これは長物(自転車やサーフィン)積載が必須なスポーツ共通かも。

軽規格でかつ1.8mの荷室長を確保してる今の箱バンのメリットは圧倒的なので。

それでも、このN-VANをバモスホビオの後継車種に育てあげたいなら、まだまだ工夫が必要になるのは間違いない。

それをN-HOBIOと言うのかどうかはわかりませんが。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です