--- ads by google ---
--- end of ads ---
今日のライド, 男鹿半島

鮭イクラ親子丼定食を食べてきました。戸賀へ。

今日は友人が戸賀に鮭食べに来るってことで、合わせて自分も戸賀へ。

戸賀網元番屋の【鮭イクラ親子丼定食】です。
詳しくはこちら~

出発時点では、ちょっと雲行きがあやしかったので、念のためリアフェンダー装備。
実際、途中ちょっとだけ小雨が降ってきたり、日当たりの悪い峠道は、昨日の雨が乾いてなかったりと。

2016-11-12-09-49-17

まぁ、こんな天気でもなけりゃ、せっかく買った意味もないので、久々に装着していくことに。
もう、ガンガンにロードを踏んでくシーズンでもないので、ゆるーく出発。
しばらくロード乗ってなかったんで、なかなかペース出ないですが、まーこの時期だし仕方なし。

戸賀は風景最高、お天気最高、鮭最高でした

開店前の10:50頃には戸賀到着。
嘘見たく晴れたー!

2016-11-12-10-53-07

やっぱ天気のいい戸賀は素晴らしいの一言。
こんないい場所なんだから、もっともっと、ここで楽しみたい。

程なくして友人到着。
整理券は6番ゲットしてるので、すぐに座ってお昼スタート。

期間限定、数量限定、今だけメニューの【鮭イクラ親子丼定食】です。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

2016-11-12-11-08-33

食事にはそんな拘らない性質ですが、今日のメニュー、旬の味とボリューム感は半端ない。
1,500円の金額に恥じない、これを浜で出せるなら、他に何にも要らない。
文句なし。
堪能しました。

ここも最初の頃は色々とあったようですが、今のこの味、この運営、凄くいい感じに回ってるように見える。
上手いこと続けていければいいなと心から思う。

ゆっくり話せる五里合の珈琲屋さん

お昼の後は、北浦を通って五里合琴川。
改装してスペースを広げた「こおひい工房珈音」へ。

ちょうど満席だったので、増築オープンを記念して展示してある男鹿の風景写真を、ゆっくり見て廻る。
写真のコトはぜんぜん門外漢なので良くわからないんですが、撮ったヒトの根っこの部分の優しさって出ますよね。
撮影した人とも何度もお会いして話したコトもありますが、キレイな風景を撮りたいってだけじゃ、こーゆー写真にはならないんじゃないかと感じる。

席が空いた後は、友人とまったりトーク。
結構大事な話もした気もするけど、あんまり重く考えなくてもいーと思ってる。
中のヒトが、楽しんで、面白がって、それが外から魅力的に見えるなら、仲間って少しづつ増えてくもんだと思ってるし。

船川ひのめ商店で、ふーっと

友人を脇本までお見送りした後は、急に思い立って、月に一日だけ開催の船川ひのめ商店に立ち寄る。

2016-11-12-14-58-53

最近はだいぶ地元に認知されて、開店一番に行列ができるとのこと,
あらかた売れちゃってるんだけど、パンとかスコーンとか好みのモノが残ってたので買い込む。
でもって、もうお客さんもボチボチになってるので、珈琲とか淹れてもらって、ゆっくりと店主とトーク。

夏に船川でやったひのめ市。
縁あって盛岡から来てくれた青空商店に、先週ひのめ市メンバーが出店しに行ってきて、いろいろ収穫あったらしくて面白い話が続々。

男鹿半島だと、あんまり当たり前すぎて見向きもされないような海絡みのモノが、盛岡っていう内陸の都市に持ってくと、物凄く好反応だったらしく、これって結構意味在る話し。

なーんか、田舎の産品を売るっていうと、すぐに東京だ、大都市だって話になりがちだけど、いやいやそーではないってコトだったみたい。

そのほかにも…ほんといろいろね。
やっぱ「とにかくやってみよう」で動いてるヒトの話はイイね。
失敗含めた経験値の高い人はイイよ。

贅沢な一日でした

今日の出費。
定食と、珈琲と、パンで2,800円程の出費。
これだけで、じゅーぶん楽しめた。
もう、これ以上なんもなくて満足。

2016-11-12-14-21-33

田舎に何にも無い…田舎には足りないものが多すぎる…ってな話をするヒトもいるけど、そーじゃない。

ここには、ここにある全てのものがある。

その使い方、楽しみ方を知らないだけ。
それを知るだけで、こんなに豊かで贅沢な一日が過ごせる。

ここで生活していくのに、それは問題もいろいろあるんだけど、それと引き換えに手に入れられるものの価値ってのも確かにある。

それが見えさえすれば、ここはこんなに豊かだ。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です