雑記

自転車はお金がかかる?

最近、Twitterの自転車関係アカウントのフォローを増やしたので、TLに自転車関係のアクティビティがよく入ってくる。

それを見てて思ったのが、「みんな自転車にお金を使ってるなぁ…」という印象。

自分もそれなりの金額使ってるので人のコトは言えないんですが、ふと思ったのは、例えば初心者の方々も、こーゆー情報に頻繁に触れることで、自転車って機材更新しないと楽しめないお金のかかる趣味と思っちゃうんじゃないかと。

そーじゃないです。

どんな機材でも、自転車の楽しみの本質は何も変わらないです。

エントリー向けの機材で、特にアップデートしないで乗っていても何らその楽しみは変わらないんで、初心者の方も安心して楽しんでほしいと思った次第。

「速く」と「楽に」

お金をかけて、よい機材を導入するメリットは、「速く」なることと、「楽に」なることが主。

「速く」は評価が一定なので必要ならお金をかけるしかない。
競技でやってる人、速さを求める人の場合は、身体を鍛えた上で、さらに軽量化をメインにしたコストがかかるのは、これはもう仕方がない。

もう一方の「楽に」は評価が相対なので、考え方次第でお金をかけるかどうかを判断して良い。
サドルが合わないとか、ステム長を変える、ハンドルの形状を体に合わせて変更する…などなど。

軽量化によって負担が減る分「楽に」なるという考え方もあるが、コスパで考えると割がよろしくなく、沼化する危険が高い。

安全にもお金をかけよう

他には、より安全にという評価も重要になってきてる。

ヘルメットはもちろん、デイライトであったり、目立つジャージであったり。
逆に、人身事故を起こした場合に備えて賠償保険に入っておくことも良い。

自転車の事故は、怪我が大きくなることが多いので、できればこっちを優先した方が良いと感じる。
車道を自転車で走るということは、常に車との接触リスクがあるので、対策は疎かにしないほうがいい。

他はお好きに

最近はサイコン、アクションカメラ、SNS、Zwiftなどなど、以前はさほど重要では無いジャンルにも人気が集まってる。
この辺は、お金がかかると言ってもさほどではなく、今が旬という感じなので、周りにユーザー多いなら試してみるのもいいじゃないかと思う。

いずれ、自転車の楽しみは、人それぞれで、人によって全然違う。
周りの人に流されて、機材にお金をかけるだけだといずれ興味を失いかねない。

賢くお金をかけて、末永く自転車を楽しんでほしいと思うわけです。

雑記

交通量の多い車道は走るべき?

最近は、アクションカメラの類が普及してきたコトもあって、自転車に乗りながらの動画をネットにアップする方が非常に増えた。

それらを見る機会も格段に増えた。

そんな中でも、都会の皆さんって凄いとこ平気で走ってる。

片側2車線の交通量の多いバイパスを、路側も大して広くないトコをロードバイクで疾走。

ちょいと画像をキャプチャさせてもらいまして…

こんな感じ。

もちろん道交法上は何の問題もないし、マナーとかモラルとかの話でもなくて、ここを走らないと、目的の場所に行けないから、ただ普通に走ってるだけの場面。

ただ、自分は絶対にこうした道は走らない(怖くて走れない)な…と。

事故は確率

車がきちんと避けていってくれればいいんですが、全ての車が完全に避けてくれるとは、自分には思えない…

事故はしょせん確率の問題であって、こうした場所を走る機会が多い人は、事故にあう機会も増えるのは自明。
もちろん、全く事故にあわない人もいるでしょうが、それは運がいいだけ。

そもそも、自転車の脇を車が通り過ぎていく瞬間はたまらなく緊張するし、それが次々と続くなんていくのが続いたら、間違いなく体力以上に精神力が疲弊しそう。

結果、注意力散漫になって、別の落車事故を起こさないとも限らない。

まぁ、男鹿には無いんですが

などと言いつつ、男鹿半島では、これに該当するような道は、船越から船川に続く海岸線のバイパスぐらい。
あそこは自分の走るルートには無いトコなので、基本、車の通過に怯えるライドは、したくてもできない。

なんとも有難いかな、男鹿半島の交通事情。

安全な車道交通文化を作る

実際のトコ、たとえ交通量の多い場所でも、ロードバイク乗りが積極的に車道脇を走ってドライバーの方々に意識付けを行って、新しい道路文化を作っていくべきか、それとも安全を優先して、交通量の多い道を避けるべきか、どっちが良いのかは分からない。

ただ、自転車は交通弱者である以上、何かしら事故に対しての自衛はするべきだとは思う。
強力なデイライトを使うとか、目立つジャージを着るとか。
動画の人が付けてた旗はその意味もあるんじゃなかろうか。

原理原則を主張するだけじゃなくて、上手く共存する知恵が必要なのは確か。

男鹿半島, 雑記

冬の男鹿半島はXCスキーで満喫する

いよいよ男鹿半島の降雪も本気出してまいりまして舗装路の上を自転車で走るには厳しい季節に。

とはいえ、雪で滑って進め無くなるなら、雪上を滑って遊ぶスポーツで楽しめばいい。

というわけで、昨日は程よい積雪になったので、今季初のXCスキーで1時間ほど体を動かしてきました。
近所に程よい広さの空き地があるので、スキー板とストックかついでの雪上遊び。

歩くスキー

XCスキーは、いわゆる歩くスキー。
まぁ、歩く人もいれば、走る人もいますが…下り坂はもちろん、平地や登りでも進める雪上移動手段でもあります。

スキー板と靴は、つま先だけ固定されて踵が浮く仕組みなので、両足を前後させるだけで簡単に雪の上を滑ることができる。

ガチで五輪種目にもなってるレーシングスキーもあるんですが、それはもうスキルと体力が必要な純粋なスピードスポーツ。
平地でスピードを楽しむにはもってこいみたいですが、登りはスケーティングしながらガシガシ登る必要もあり、体力的にはけっこうくるらしい。

雪遊びが楽しいスキー

それとは逆に、スキー板の裏面に逆滑り防止用の薄い楔形の凸凹がついた、坂道も楽に登れる仕様のものがありまして、これが冬の雪山遊びには最適。

自転車同様、運動強度は自分でペースをコントロールすればいいですし、ランニングのような足への衝撃もない。
アルペンスキーみたくスピードも出ないので、転倒して大怪我をする確率も低いですし、故障なく楽しめる、冬のアクティビティとしては最適のスポーツの一つ。

近所で楽しめる

なにより、アルペンスキーと違って、遠くのスキー場まで行かなくても、近くの空き地や、裏山の除雪されてない山道など、自宅から10分もかからない場所で楽しめるのがいい。

男鹿半島は、そういう条件に当てはまる場所、いっぱいありますから。

XCスキーイベントも開催予定

昨日は、今季の初XCスキーだったので、初めはヨタヨタしながら滑ってましたが、慣れれば、もともと難易度は高くないスポーツ。
特に平地と短い坂道しかない場所なので、まぁ、練習みたいな感じ。

それでも雪上には、動物の足跡なんか残ってたりするんで、こーゆー冬ならではの景色を生で体感するには最適。

近いうちに、寒風山の山道とかにも滑りに行かないと。

あと、XCスキーイベントも開催予定なので、興味のある方は”おがーりあ”のホームページなんかチェックしていただけるといいかと思います。
基本、板も靴もストックも貸し出しできる体制が整ってますので。

スキーで運動して、美味しいお昼を…って、まぁ、基本やることはサイクルイベントと一緒です。

冬山に出かけるのは楽しいですよ。