カテゴリー
男鹿半島 雑記

日産 e-4ORCE CMのロケ地は男鹿半島?

2022年、あけましておめでとうございます。
今年最初の更新でございます。

これ寒風山じゃね?

さて年明け早々、自転車仲間のSNSでこんなCM動画が回ってきました。

フツーに寒風山ですね…

こまかく見ていきましょう

フツーに見る限り、板場の台から降りて右にカーブした後の直線、そこから左カーブに始まる九十九折り。

よくよく見慣れた寒風山のコースにしか見えません。

標識、カーブミラー、センターラインなどは画像処理で消してるっぽいですが、こまかく見てくと特定できるポイントもいくつか。

このコマの右上、小山(たぶん鬼の隠れ里)の向こうに覗く見慣れた山並み。

この並びは、左から真山、本山、毛無山の男鹿半島のお山連峰に間違いなく。

こちらは板場の台を左カーブでクリアしたポイント。
ここからも同じ山並みが確認できます。

うちで撮影したお山連峰の写真はこちら

あと、画像処理で消されてるカーブミラーですが、消し残しっぽいコマも発見。
ルームミラーの右上の隙間のトコ。

Googleストリートビューなんかでも同じ地点にカーブミラーありますし、ほぼ間違いないかと。

ロケ地表示してほしいです

正式発表してるワケではないので断定はできませんが、ほぼ特定です。

せっかくなので公式でロケ地をうたっていただければ何かとよろしいかと。

カテゴリー
地の果ての田舎暮らし 雑記

END OF 2021

2021年も今日で最後となりますのでご挨拶。

残念ながら今年も目立った動きをみせることも出来ずに暮れていくことになりましたが、これもまた仕方なし。

ソロでも楽しめる自転車ライフの充実に力をさいた一年でした。
9月ぐらいまでは、自分なりに順調だったんですが、10月以降は雨の多い秋になったため最後がやや消化不良ぎみ。

年末は寒波も行き過ぎ、山には雪が積もってることでしょうし、冬のMTB遊びも年明けから始動しょうかと思いますのでご期待をば。

来る2022年もよろしくお願いいたします。

カテゴリー
男鹿半島 雑記

トンネルを回避しましょう

OGA Bicycle Peninsulaの更新情報です。

コースマップや飲食、スポットなんかの継続して残しておきたい情報は、あちらでの更新がメインになりまして、こちらではついでにリンクを更新する程度になる予定です。

今回は、男鹿半島の入り口付近の交通量の多いバイパス、生鼻トンネルの迂回ルートについて。
特に、生鼻トンネルの工事がまだ続く形なので、そのあたりについて。

自転車とトンネル

実際のところ、自転車とトンネルの相性というのは最悪で、可能ならすべて迂回するべき。

法定上はトンネル内は、自転車にもライト(前照灯)の装着と点灯、後方の赤色反射板の装着が義務付けられます。

ところが安全装備という意味ではこれでは全くの不足。
距離が短いトンネルだとヘッドライトを点灯しないまま走る車もそこそこいるわけで、そうなると反射板は全くの無意味。

車から全く自転車が認識されないケースというのが一定数でることになります。

自ら光る装備が必要です。

まずはリアマーカーと呼ばれる、赤色のライトの点灯が望ましい。
そしてリアマーカーにしても、車のドライバーが夜目に慣れた状態で視認させることを基準に作っているものなので、急激に暗くなるトンネルの場合は目が暗がりに慣れておらず、見落とされる可能性が大きい。

大型のリアマーカーや複数個の装着・点灯が必須と考えるべき。
それでも必ずドライバーが自転車を発見してくれるとは限らないのが現実です。

とにかく避けましょう

さらに田舎は高齢ドライバーが多く、目の暗順応にかかる時間が長くなるので、自転車の危険度はさらに高い。

そもそもトンネル幅の制約から安全に自転車が走れるスペースがない場合も多いです。
なるべく早く一気に駆け抜けること…なんて書いてる人もいるみたいですが、暗くて視界が悪いのは自転車にとっても同じですし、穴や石を見落として落車するようでは何の意味もない。

結局は点に運を任すという、一番選びたくない選択肢になります。
こうなると乗ってる人間のスキルや経験なんて何の役にも立ちません。

可能な限りトンネルは避けましょう。

— ads by amazon —