自転車機材, 雑記

N-VANはサイクリスト向けか?

結論から言えば「イマイチ」

ちょうど先日車検の代車でN-VAN貸してもらえたので、いろいろチェックしてみました。

積載性は箱バンに劣る

N-VANはフロントエンジンのN-BOXシリーズを商用貨物にアレンジしたモデルで、N-BOXシリーズのメリットを持ちつつ積載性が向上されてるよう。

ただしフロントエンジンの分だけ荷室長が短くなるので積載量が少なくなるのは仕方がないトコ。

エンジンが荷室の床下に無いのでその分荷室床が低く、荷物を載せやすくはなってます。

ただし、車高が低くなってるせいで、リアのタイヤハウス部分が荷室に大きくはみ出しゲート幅が狭く、それも荷物を積むという意味ではデメリット。

全体的に見て、荷室長が1.8mかせげる箱バンに比べると積載性は下がってます。

ダイブダウンで車中泊は楽々

荷室長の短さを補うため、HONDAさんは後席はもちろん、助手席までフルフラットになるという大技を仕込んできてます。

こんな感じ。

なのでけっこう背が高い人でも車中泊で横になるには困りません…もちろん一人が限界ですが。

ただ自転車積んで車中泊ってなりますと、自転車は輪行状態まで収納しないといけないので、ちょっと手間ですね。
箱バン(自分のバモスホビオ)なら、前輪外すだけで固定して、その隣で車中泊できますから。

何よりも、後席倒しただけの状態で、そのまま1台横にして積むこともできるので、短距離の移動なら一瞬で積めちゃうメリットはかなり大きいです。

運転席以外は補助席

これは商用貨物である以上しかたないんですが助手席も後席もペラペラです。
後席はリクライニングすら無い。
初めからフルフラット状態の運用がデフォルトと思っていい。

ただ、さすがに助手席がそのレベルなのは、ちょっときついですね。
ほんとに一人乗りでしか使わないならいいですが。

待たれるN-HOBIO

現状のN-VANだと、残念ながら自転車遠征なんかに使うには不向きです。
これは長物(自転車やサーフィン)積載が必須なスポーツ共通かも。

軽規格でかつ1.8mの荷室長を確保してる今の箱バンのメリットは圧倒的なので。

それでも、このN-VANをバモスホビオの後継車種に育てあげたいなら、まだまだ工夫が必要になるのは間違いない。

それをN-HOBIOと言うのかどうかはわかりませんが。

雑記

blogデザインほか変更しました

見ての通りでございます。

久々にブログのデザインを変更いたしました。
ざっくり文字を大きくしてみるなど。

基本的にはモバイル対策なんですが、PC向けにはちょっと大きすぎな気もするので、あとあと調整するかもです。

AdSenseの表示も調整して、見やすく分かりやすく。

ほかにもAMP対応とかありますが、こちらは調整しながらなのでもう少しかかりそう。

基本的には、PCでじっくり見るより、スマホでのんびり見るほうが多かろうという気がするので、それに向けてのデザインの最適化はかっていきます。

でもって、たぶん一番大きな変更点は、表示が速くなったはず。

間借りしてるレンタルサーバーも変えましたので。

こちらのレンタルサーバーが調子よいようであれば、他にも管理してるHPがあるので、随時引っ越ししようかと計画中。
先行評価です。

パイロットケースとして、いろいろ試していきます。
落ち着くまで、いましばらくかかりますが今後ともごひいきに。

雑記

吹雪く男鹿半島

昨日から一転。

男鹿半島、吹雪いてます。

とはいえ積雪量が大したことないのは相変わらずで、家のまわりの除雪も30分で終了。
今も多少降ってますが、夕方ごろにまたやればいいかな。

このくらい雪があると、MTBならいろいろ遊びようがあるんですが、さすがに吹雪いてる最中に出かけるのは無し。
週末連休は天気予報見ながら遊びに行くタイミング図ってみようかと思います。

今日から柴灯まつり

今日から3日間、男鹿半島の真山神社周辺にて、ナマハゲの観光行事である「なまはげ柴灯まつり」開催です。
あくまで観光行事なので、伝統とか風習とかの話とは切り離して気楽に見物に行くのがいいかと思います。

本物のナマハゲは松明持ったりしませんので、そのへんはラフに見てもらえれば。

本物…っていうと、今現在大晦日に行われてる行事が、果たして本物なのかどうかみたいな話もありますが、そこは時代によって変わるものですし、ややこしい話は割愛。

冬山イベントだから寒いです

今週末は、寒気の直撃を受けるようで男鹿半島も氷点下4度の予報が出てます。
柴灯まつりが開催される真山神社近辺は標高190mぐらいなので、めちゃくちゃ寒いです。

暖かいダウンコートはもちろん、スキーパンツみたいな足を保温してくれるアウターも必須です。
流行りの暖かインナーみたいなのだけじゃ、あっという間に震えてきますから。

基本、なまはげ柴灯まつりの会場には暖房の効いた建物はありません。
会場の真ん中に大きな焚き火をしますが、あんまり近づくとアウター焦がしちゃいますので注意。

地元民って、あんまり柴灯まつりに出かけないんですが、理由の一つは間違いなく「寒い」から。
一番寒い時期に、一番寒い場所でやらなくても…っていう感じです。

まぁ、そのへんの地元感は、遊びに来られる方には関係ないコトなので、出かけられる方は過剰なぐらいの防寒を準備されることをオススメいたします。

— ads by amazon —