男鹿半島, 雑記

トンネルを回避しましょう

OGA Bicycle Peninsulaの更新情報です。

コースマップや飲食、スポットなんかの継続して残しておきたい情報は、あちらでの更新がメインになりまして、こちらではついでにリンクを更新する程度になる予定です。

今回は、男鹿半島の入り口付近の交通量の多いバイパス、生鼻トンネルの迂回ルートについて。
特に、生鼻トンネルの工事がまだ続く形なので、そのあたりについて。

自転車とトンネル

実際のところ、自転車とトンネルの相性というのは最悪で、可能ならすべて迂回するべき。

法定上はトンネル内は、自転車にもライト(前照灯)の装着と点灯、後方の赤色反射板の装着が義務付けられます。

ところが安全装備という意味ではこれでは全くの不足。
距離が短いトンネルだとヘッドライトを点灯しないまま走る車もそこそこいるわけで、そうなると反射板は全くの無意味。

車から全く自転車が認識されないケースというのが一定数でることになります。

自ら光る装備が必要です。

まずはリアマーカーと呼ばれる、赤色のライトの点灯が望ましい。
そしてリアマーカーにしても、車のドライバーが夜目に慣れた状態で視認させることを基準に作っているものなので、急激に暗くなるトンネルの場合は目が暗がりに慣れておらず、見落とされる可能性が大きい。

大型のリアマーカーや複数個の装着・点灯が必須と考えるべき。
それでも必ずドライバーが自転車を発見してくれるとは限らないのが現実です。

とにかく避けましょう

さらに田舎は高齢ドライバーが多く、目の暗順応にかかる時間が長くなるので、自転車の危険度はさらに高い。

そもそもトンネル幅の制約から安全に自転車が走れるスペースがない場合も多いです。
なるべく早く一気に駆け抜けること…なんて書いてる人もいるみたいですが、暗くて視界が悪いのは自転車にとっても同じですし、穴や石を見落として落車するようでは何の意味もない。

結局は点に運を任すという、一番選びたくない選択肢になります。
こうなると乗ってる人間のスキルや経験なんて何の役にも立ちません。

可能な限りトンネルは避けましょう。

— ads by amazon —

地の果ての田舎暮らし, 雑記

雪の男鹿半島 ウメモドキとメジロ

今年はぜんぜん積雪のない男鹿半島。
今季は一度もXCスキーもできないまま、かわりにMTBで遊んでたり。
そんな中、昨日は久々のまとまった雪。
自宅周辺の雪寄せで汗だくになってました。

雪寄せと干し柿

というわけで、一生懸命雪寄せしましたら、あとは美味しい紅茶とおやつ。
我が家の干し柿は、冬のおやつとしては最高の一品です。
我ながら。

干し柿って、実はどのぐらいの期間干すかによってだいぶ味わいが変わるんですが、今、うちの冷凍庫に保存してるのは、短期間で干し上げて中身がトロトロのやつ。
これを冷凍庫にとっといて、出してすぐ食べるとシャーベットっぽさも加わって、おやつとしては最高。

ちなみにこないだ販売したのは、これよりもきちっと干し上げたもの。
中の水分量が多く残ってると日持ちにも影響するので、このへんは来季に向けての課題です。

ウグイスじゃなくてメジロ

雪も降り、山の食料確保も難しくなってきたようで、うちの庭木ウメモドキにも野鳥がやってきて赤い実をパクパクいただいてました。

最初は体の大きなヒヨドリが。
今はヒヨドリがとまれる太めの枝の実がほぼなくなったので、小さなメジロがメインのお客様になってます。

はじめは見た目の色だけみてウグイスかと思ってたんですが、SNSに投稿したところ、それはメジロですよって教えていただきました。
鳥好きさんには定番の話題っぽいですが、あざやかなウグイス色の野鳥は実はメジロ。
体色よりも、目の周りの特徴が名前になってるようです。
ほんとのウグイスはもう少しくすんだ、茶色がかった緑のようです。

コンデジは高画質よりも20xズーム

ちなみにこの写真、スマホでもデジタル一眼でもなくて、20xズームのコンデジDSC-WX300のフルズームで撮影。
庭にいる野鳥を、家の中から窓ガラスごしに撮影してます。

自転車に乗って、あちこちに行った時に撮影する場合、思い出を記録するだけならスマホのカメラで十分に間に合いますが、多少なりと見栄えを気にするなら、きちんとした光学系を持ったカメラで撮影したいもの。

ほんとなら一眼なりミラーレスのAPS-Cセンサー搭載機がベストなんでしょうが、さすがに自転車で出かける時は大きくて邪魔。
1インチセンサーのDSC-RX100M3あたりを考えてたんですが…これだとズーム倍率がもの足りない。

WX300はじめとした1/2.3インチセンサーは画質の限界は指摘されますがセンサーが小さいぶんズーム倍率は稼げます。
ライド中に出会った動物や野鳥を写真に収める場合、やっぱり高倍率ズームレンズは必須なんで、RX100の方はなかなか購入のふんぎりがつかない。
F値1.8なんで室内撮影だったら最強なんでしょうが、自転車乗りとの相性はイマイチっぽい。
次に買う時はどっちか迷いそうですが、後継のWX350、30xズームのWX500とかになるのかも。

— ads by amazon —

コース紹介, 男鹿半島, 雑記

ルートラボからRide with GPSへ

ブログの中でのコース紹介を今までのルートラボからRide with GPSに置き換えました。

ルートラボは3月で終了ですので、代替サービスをいろいろ試しましたが、こRide with GPSがいちばん高機能でかつ動作も軽く使いやすいと感じます。
一部機能、特にインポート機能が有料なのがちょっと辛いトコですが、作業量がある方は課金してインポートして日常運用は無料サービスを利用するのもありでしょうから、そのへんは各自選んでいただければ。

メニューとかは日本語対応はしてませんが、使ってればだいだい分かるレベルです。
要望あれば、要点だけをざっくり解説とかもしようかと。

男鹿半島ライドコース