サイクルイベント, 雑記

ライドイベントのゲストライダーさんについて

グレートアースとグル麺ライドしか知らないんですが、ゲストライダーさんについて、ちょい疑問に思ったことがありましたので、書き残しておきます。

有名な現役選手なり元選手の方がゲストライダーとして参加される場合です。

基本的に、選手系ゲストライダーの方はバリバリに走れる方が多いこともあって、だいたいが先頭集団近くを走っていち早くゴールするっていうケースが多いよう。

ただ、これだと先頭の一部の参加者さんは、ずーっと一緒に走れるんでしょうが、ほかの大半の参加者とは一言も言葉を交わすコトもないままお帰りになることに。

イベントを盛り上げて、参加者さんを楽しませる為にお金を払ってお呼びしてるわけなので、同じ参加費を払っているのに不公平なんじゃないの?…と今回、実際に参加してみて感じた次第。

エイドで到着順で食べられるモノが違う…というような感じ。

内情はいろいろあるのかもしれませんが、それこそ参加者にとってみれば関係ないこと。
もしこれが日本のライドイベントの通例であるとすれば

悪しき慣習

だと考えます。

バリバリに走れるゲストライダーさんなら、いっそ最後尾からスタートして、全員抜きするぐらいのことはしてくれてもいいかも。
そうすれば、スタートで送り出してもらえますし、少なくとも全参加者のそばを通るわけです。
運が良ければエイドで見かけて話せるコトもあるでしょうし。
また、無意味に先を急ごうとして運営を困らせる参加者さんに対しても、あんまり早くゴールするとゲストライダーと会えないよ…という抑止にもなるでしょうし。

のんびり走って楽しめる人こそ自転車乗り

どーにも今の日本のロードバイクブームって、フィジカルが強い、速く走れる人が偉い…的な風潮があるように感じる場面が少なくない。
いやいや、速く走るコトが重要なのは競技してる人や、ブルベに参加される方々だけであって、大半の自転車乗りはそこから外れます。

趣味なんですから、のんびり走っても、ゆっくり走っても、存分に楽しめるコトが一番大事なコト。
自転車ってある意味、日常のしがらみから外れて自由に楽しめる素敵な趣味ですので。

男鹿半島, 雑記

車道のどこ走ります?

昨日、早朝ライドに行くと、いつもの道路の車道と歩道の間が綺麗に清掃されてました。
ふつうは砂利とごみと破片で汚れてて、とてもロードバイクで走れるトコじゃないんですが、これはありがたい。

車道のどこを走るっていうのは、自転車乗りにとっては大事なお話。

車道の左側

規定上は「車道の左側」なので、一般的には写真の赤矢印のあたりです。

ここなら、路面が汚れてるってコトもないですし、車からの視認性もよく、きちんと対応して、必要に応じて減速してから追い抜いてくれますので、かえってスレスレを抜けられることも少ない。

自分もだいたいこのへん走ります。

人によっては、もう少し車道の中央よりを走る場合もあるみたいですが、それもありかと思います。

路肩

割と勘違いしてる人がいるのが「路肩」を走る…という方。

まぁ、今回みたいに綺麗に清掃されてると、ここでも十分良いかと思うんですが、これってまずレアケースです。
ロードバイクの大敵…パンクの原因になりそうなものが散らばってるのが通常。

それを避けて白線の近くを走ると、今度は車との距離が微妙になります。
車道にいないコトをいいことに、減速もせずにスレスレを抜けていく車の数が増えるので、かえって危険なんじゃないかと考えてます。

ちなみに道路交通法で「路肩」って、きちんと定義されてないみたいです。
たしかに、道路の左端って、道路によって作りが違いますし、幅も、整備状況もバラバラ。
ここを走行すると義務付けるのは無理がある。

白線

論外です。

白い塗料の上は滑りやすく、雨の日なら確実に落車の原因になります。

交通量の少ないとこを走る

基本的に、自転車は軽車両なので、車道を走るのが原則です。

それも路肩じゃなくて「車道の左側」が一番ベストと考えます。

それだとちょっと追い越してく車が怖いかも…という意見もわかりますが、そもそもそんなに交通量のあるところを走るコト自体が怖いんで、なるべくルート選定時点で、そーゆー場所は避けるべき。

男鹿半島は交通量もすくないですので、自転車で遊びに来るには最適の場所の一つなので、ぜひ!

地の果ての田舎暮らし, 雑記

ヒマワリと太陽はお友達

暑くなってきました。

うちでも、我が家のミニ菜園に蒔いた向日葵に水やりをする毎日です。

向日葵の葉

向日葵の花って、常に太陽の方向を向く…っていうのは割とみなさんご存知のコト。

実は、この動きは花が咲く前から始まってまして、まだうちの向日葵は花をつけてないんですが、茎の先端は太陽の方を向いてるんですね。

ということは…実は太陽の方向を向いてるのは、向日葵の葉のほうなのかな?
葉っぱを常に太陽の方向に向けて、全力で光合成をして育ってる。

今年自分で育ててみて初めて気づいた次第。
面白いですねー

収穫の夏に向けて

夏も近づいてきて他の作物も順調。

苗貰ってきたキュウリはもう収穫スタートで、トマトは過密に植えすぎたんですが、実はなり始めたのであとは赤くなるのは待つのみ。

種で蒔いた、トウモロコシも順調。
エダマメもすくすく育ち、オグラも育ちに差はあるものの、じわじわ育ってます。

8月ぐらいには、いろいろ食べられそうで楽しみな夏を迎えてきてます。

やっぱり土をいじれる環境はいいです。

何か精神的にもプラスになるような研究結果があるらしいですが、そーゆーのが無くても、自分で世話した野菜や果物が育って収穫できるのは、ちょっと言葉にはできない面白さがあるので。

というわけで、近くにどこか空いてる土地がある方には、ぜひぜひ土いじりをお勧め。
別に熱心にやらなくても、適当に育てても意外と育ちますよ。

— ads by amazon —