サイクルイベント

グル麺ライド2019 山形遠征 その2

ちょい間があきましたが、グル麺ライドレポートその2です。

エイドがすべて麺類という押しの強さ

基本的には、4市町の名物麺メニューをすべて出すという押しの強い基本コンセプトには大満足。

七ヶ宿そば、白石温麺、冷たいラーメン、ひっぱりうどんとバランスも良いし、味もそれぞれ個性的。
個人的には甘辛な南陽エイドの冷たいラーメンが一番ヒットしました。

それぞれ好みの味があるので、評価は分かれるんじゃないかと思いますが、みなさんおおむね満足されたんじゃ。

ただ、ほんと個人的な話として、いっとき白石市民だった時があるので、あの温麺の味については公平な評価ができないのでノーコメントで。

にしても、思い切ったコンセプトですよね。

正直、すべて違う麺なので、全部が好きな人ってそんなに多くはないと思いますが、それでもこの盛況ぶりを見るにインパクトの強さは十分なのかも。

糖分は欲しかったかも

ただ、その一方でメインエイドがすべて炭水化物で占められてるというのは、110kmのロングライドイベントとしてどうかと。
正直、自分もそんなに燃費が良くない方なので、エイド中の糖分補給は必須。
割と序盤でも羊羹とか、ゼリーとかぱくつくほうなので。

自分は県境の峠を越えた14kmの休憩ポイントで既におなかがすき始めてましたが、ここは水のみ。
朝食を軽くしか食べれなかった人もいたろうし、ここで切ったバナナとかちょっとだけおなかに入るものがあっても良かったなーっていうのが最初の印象。

57kmと75kmの休憩ポイントで、ようやく塩飴、菓子パン、シャインマスカットといった甘いモノが出てきますが、それまでは基本、炭水化物ライドになるのは自分にとってはつらいライド。

もちろん、自分の燃費の悪さは自覚してるので、補給用のゼリーの類はちゃんとと荷物に忍ばせてましたし、今回は途中にコンビニなんかもありますし、適宜補給してたのでハンガーノックになるようなコトもなく。

ただ、そのへんの経験に乏しい人が、ソロで財布なんかも持たずにライドしてた場合はけっこうつらかったかも。

ロングライドイベントの朝は早いので、あんまり朝食でがっつり食べれない人も多いはず。
飴やフルーツ、スポドリあたりは全部のエイドに備えてても悪くない気はします。

エイドも補給もバランス大事

小さいながらも自分でライドイベント開催してることもあって、飲食をどうするかはなかなか難しいお話。
夏の終わりにやってるBBQライドも、思いっきり肉に力いれた年があったんですが、炭水化物が不足して、味は大好評だったけど、お腹がすいたっていう話になったコトもあったんで、やっぱりバランス大事です。

エイドすべてが麺類!っていう押しの強さはこれ以上ないアピールになってるので、もう少し全体でバランスを整えるとエイドの満足度上がるかも。

このへんは来年以降に期待です。

サイクルイベント

グル麺ライド2019 山形遠征 その1

グル麺ライド行ってきました!

どうにも雨なのは避けられなそうな予報だったので、だったらロードで濡れ路面にひやひやしながら峠道越えるよりは、油圧ディスク装備のMTBで安全最優先で走った方が楽しかろうと、ホビオにMTBを詰め込んで山形遠征と相成りました。

まー、ところがところが、結果的に雨は最後の最後にポツポツと来ただけで路面自体はづーっとドライ。

というわけで、距離110km、獲得標高1200mの峠道中心ライドを、MTBで参加するという修行のようなライドになりました。
まぁ、110kmぐらいならMTBだろうと何だろうと、いけないわけでもないので後は全力で楽しむのみ。

トンネルの交通規制

国道113号には、大きなトンネルがいつくかあるんですが、その全てを片側交互通行にして、一車線が自転車専用になるよう交通規制が引かれていました。

これは凄い。

交通量の多いトンネルっていうのは、自転車乗りにとっては鬼門。
知り合いでも怖い思いした人けっこういます。

そーゆー不安を一気に払拭する手段としては最高です。
それぞれ警備員がちゃんと車両誘導もしてくれてましたし、ちゃんと予算が間に合ってるのか心配になるような手厚い運営。

話によると、別の山形-宮城間のライドイベントでも同様の道路規制があったらしく、何か両県で補助を行ってるのかも。

前半は国道113号の峠道

コースの前半は山形県高畠町から宮城県白石市への国道113号をのぼる峠道。
一部、七ヶ宿のダム湖を周回するようになってますが、基本的に同じ道を行って戻ってくるコースで往復で75kmぐらい。

山形側のほうは平均勾配5%程度。
峠道としてはそこそこですが、特別きついというところもなく、一定ペースで登っていけば難なく登り切れる感じ。

正直に言ってしまえば、男鹿半島の西海岸や八望台、寒風山あたりの最大勾配に慣れてると、インパクトには欠ける。
多少の劇坂区間があったほうがコースとしてはメリハリがあっていいんですが、ここは最初から最後まで同じ勾配、同じペースで走るコトになるんで、その意味ではやや退屈。

ただ復路になると5%程度の下りでも、いー感じで楽しめます。
ここが一番爽快感あった。

MTBの油圧ディスクなんで、ロードみたく繊細なブレーキングは必要ないですし、余裕をもって安全に下れるのは、これはこれで大きな楽しみでした。

復路は…少し緩すぎかな?

宮城県側からの復路は平均勾配は1%程度。
正直、登ってるっていう感覚もあまりなく。
ずーっと少し負荷多めなペダリングが続くだけ。

人によって好き好きはあるんでしょうが、楽しいかと言われるとかなり微妙。

一昨年、白石に遊びに行ったときは、道の駅七ヶ宿からは蔵王の南側の高原をぐるぐる回って楽しかった記憶があるので、そっちのコースでも良かったかも。

ただ、エイド設置可能な場所というのも限られる(少なくともトイレと水回りがあるのは必須)ので、簡単には行けないのは承知してるし、113号往復した後もけっこう距離があるので、こっちを回すわけにはいかなかったのも何となくわかる。
ただ、長く続けていくなら、少しづつでいいからコースのブラッシュアップは必要かな…と感じながら走ってました。

後半の平地は要検討

国道113号から高畑町に戻ると、そこから南陽市のほうを一周まわってくるコース。
微妙なアップダウンの寂しい農道と、市街地を35kmほど走ります。

正直、ここ要るか?って思いながら走ってました。

実は農道の近くでは野生の猿を見かけたり、道端にはドングリいっぱい落ちてるトコあったり、熊でもでるんじゃ?とか思いながらヒヤヒヤ。

そして市街地は完全につなぎ区間。
熊野大社に連れていきたいのは何となくわかりますが、このへんで距離を稼ぐ必要はないよなー
ここはもっとコンパクトに素早く抜けられるコースを希望。

後半疲れてるのに、乗ってて楽しくない区間を連れまわすコース設定はまずい。

コースに関してまとめ

今回はMTBで一周したので、正直後半は他の人より疲労蓄積しててコース後半に関しては評価低めです。
その一方で、113号区間はそこそこに楽しめましたし、今後のブラッシュアップでまだまだ面白いイベントにできるのかな…というのが正直な感想。

いつもはイベントの運営、サポートばっかりなので、参加者としてライドイベントに出るのはなかなか新鮮ですし、新しい発見や思うところ多数で、良い経験になったのは間違いない。

というわけで、今回はコースのコトばっかでしたが、しばらくグル麺の更新続きます。
こうご期待。

サイクルイベント, 男鹿半島

5年連続7回目の開催

どこかの高校野球みたいなタイトルですが…

男鹿半島では5年前からグレートアースが始まり、昨年からは秋のなべっこライドが加わり、今回は7回目の開催になります。

秋のなべっこライドは、外部の企画会社とのコラボじゃなくて男鹿市の単独開催ということもあって、いろいろと地元の思う内容を盛り込みやすい。
JRさんとの旅行商品企画はありあますがライド部分は男鹿市主導です。

5年前の開催直後はこんな感じでした。
GRAET EARTHは、この次の展開が大事!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高い経験値でのイベント運営

この間、自分も含めて関わってくれてる主要メンバーは、だいたい同じ人が担当してることもあって経験値は高いです。
5年前のことを改めて思い返してみると、あれはダメだったよなーとか、これはちょっと、みたいな至らない部分が多々あったわけですが、この5年分の経験値は凄く大きくて、ファンライドイベント自体の完成度はかなりのレベルにあると思います。

もちろん、まだまだ向上できる余地はたくさんありますし、運営方針の違いもあるので、すべての人が満足できるとまでは言えないわけですが、比較的多くの自転車乗りの方に楽しめるライドイベントなんじゃないかと思ってます。

もちろん、自己満足も入ってるでしょうが、自己満足を自信にして先に進めるなら大いに結構。

今後もできるコトを少しずつ挑戦しながら、男鹿半島を自転車で楽しんでいってくれる人を増やしていければと思ってます。
やりたいこともまだまだありますし。