サイクルイベント, 男鹿半島, 雑記

上から目線で応援?

先週末のライドで通過した、戸賀の激坂を上から見下ろす立体交差。

来年は、この上から登ってくる選手を(上から目線で)応援するってのも面白いかも。

自転車イベントは多くの場合、路上で広域で行われるので、地元の人たちの接点を設けずらいっていうのは大きな課題の一つ。

エイド等の、定められた立ち寄り場所には、スタッフはいるけど、そのへんのフツーの人との接点はほぼ無いですしね。

それでいて、その地域で、自転車イベントが根付くかどうかっていうのは、そのへんのフツーの受け入れ意識が大いに関係するのは間違いなくて。

別に、必ずしも何かもてなしが必要ってコトじゃなくて「おー来たな~まず楽しんでなぁ、気を付けてなぁ」っていう自然な距離感を持ってくれるかどうかだと思ってます。

遠くから「何だあれ?」って、じろっと睨まれるというのはお互い楽しくない。

勝手エイドやりたい

自分はスタッフなんでできないんですが、主催とは別に、勝手にエイドを開設するってのをやりたい。

たぶん水ぐらいしか出せないけど、誰かスポンサーしてくれれば、補給食ぐらいだせるかもだけど、それでも参加者とちょっとでも話して、笑って一日過ごせればすごく楽しいと思ってる。

誰かやらないかな。

やって。

勝手BBQもやりたい

これはもう、エイドも、応援も、おまけでついでで、たたコース沿道で、勝手にBBQして、お酒飲んだりして、楽しんで、通過する参加者がいれば適当に手を振るっていうの。

これは勝手エイド以上にやりたい。

まず、だいたいにおいて日本人って応援するって言うと真面目過ぎ。

参加者だって、言わば勝手に来て、勝手に楽しんでるんだから、地元民だって、勝手に集まって、勝手に騒いでいいんです。

お互い楽しんだから何も問題ない。

ヨーロッパのサイクルロードレース、ツール・ド・フランスなんか見てると、山岳ステージになると、数日前からキャンピングカーがコース脇に大量に止まってる。

めいめい好き勝手にキャンプしてBBQして騒いでて、選手が通過するときだけ、ちょっと手を叩いて、声援送って、応援して、選手が過ぎれば、またBBQに戻るって言うのがフツーの光景で見られる。

あれ、凄く楽しそうじゃないですか。

楽しいコトじゃないと続かないし、根付かないし、やりたいなー

— ads by amazon —

サイクルイベント, 男鹿半島

グレートアースも無事終了

グレートアースも無事終了しましたー

今回は直前に集中豪雨にやられて、男鹿半島でもずいぶんと被害が出て、通行止め区間もいくつか発生してまして。

一番の絶景ポイントである西海岸が通行止め。
これは正直痛かったですね。

こちらは残念ながら迂回ルートの無い崖沿いの1本道のため、第一エイドをキャンセルして、スタートのキャップ場からまっすぐ第二エイドのGAOまで向かうコースに急遽変更。

全てのコースにおいて30kmのコース短縮。
なので70kmのショートコースはあんまり短くなりすぎるので、100kmのショートコースへと統合。

190kmのスーパーロング、140kmのロング、70kmのショートコースという構成での開催になりました。

やっぱり晴れた

今年4回目の開催の男鹿半島でのグレートアースですが、1回目の朝ちょっとグズついたぐらいで、基本、毎年好天に恵まれてましたが、今年もやっぱり晴れました。

一昨日は集中豪雨災害だったってのに、今まで一番の晴天。
その分、朝は寒かったですが。

ただ、スタートする頃(7:00に変更)には、たいぶ温度も上がってきたので、半袖のライダーさんもちらほら。
いわゆる最高のライド日和ってやつです。

セレモニーの後400名(公式発表)のライダーさんが順次スタートで、楽しい一日が始まりました。

とはいえ、この後は自分はメカサポート、遊撃車両というコトで、あんまり個々の様子を落ち着いて見てられなかったので、詳細は余所の方々のブログやSNSを探してみてくださいませ。

エイドは好評でした

もともとエイドの評判は悪くない男鹿ライドでしたが、男鹿半島の住人としてはあまりにも身近すぎる食材が多くて、もうちょっとバリエーション欲しいかな…と思ってたトコロ。

今回は能代、八峰、三種の3エイドが加わって、なかなかに良い感じになったかと思います。
実際に評判も良かったようです。

スタッフが参加者が並んでるトコに入って食べるわけにはいかないので、人が多く集まってる食材は食べれてないんですが、能代エイドの志んこ餅は、これはロングライドしてる途中で出されたら感動しますね。

甘さ、柔らかさ、食感、エイド食としては完璧といっていい。
写真撮り逃してるので「能代 志んこ餅」あたりで検索してみてください。

あと、食べれたのは三種エイドのじゅんさい鍋。
軽く塩味の効いたスープと、さっぱりしたじゅんさいとだまこの組み合わせは、これまた汗で失った体力や塩分を補うエイド食としては最高。

協力自治体が増えたコトで、エイド食のバリエーションも増えたのは、ほんとに良かったです。
今後も協力していってもらえればいいですよね。

コースは長すぎたか?

コースの難易度に関しては、様々なご意見があるところですが、コース設定は少々長すぎたのかな?という印象。

当日は予想していなかった北西風が割と強めに吹いていたとはいえ、そもそも一番きつい男鹿半島の西海岸をカットしても、去年と比べても体力削られてる感じのライダーが多かったように見えました。

このへんは、来年以降に向けての大きな課題なんだと思います。

とにかく晴れてよかった

まぁ、これに尽きます。

西海岸には行けませんでしたが、GAOから入道崎に向かう海岸線も凄く魅力的ですし、男鹿半島のビューコースの1/3ぐらいは感じてもらえたかと思ってます。

できれば来年は西海岸で100%の男鹿半島を感じて欲しいですね。

コースについてもロングより先は全体的に厳しかった感もあるので検討して改善されていくものでしょう。

最後に、はるばる男鹿半島まで来て参加された方、支えてくれた多くのスタッフ、ボランティアの皆様に感謝をしたいと思います。
本当にありがとうございました。

あー疲れたー

サイクルイベント, 男鹿半島, 雑記

もうすぐ、グレートアース あきた白神・男鹿なまはげライド

今年は5/20開催なんで間もなくですね。

まぁ、自分は今回も裏方なので、地味にあちこち車で移動して、サポートやメカトラ対応に動く予定です。

今回はスーパーロングで220kmとか凄い距離になっちゃったんで、ちょいとコースの解説っぽいコトもしときましょー。

キャンプ場スタート

まずもってスタート地点が変わりましたが、門前(27km)に行くまで、下り基調&フラットなんで飛ばしましょう~

南磯の海岸線、綺麗ですよ~
晴れてる日はホント最高の平地巡行ルート。

西海岸のアップダウン

門前(27km)から戸賀(46km)に向かう区間が、全コース中で一番アップダウンの多いトコ。
一番キツイとこだけど、ここ上手くこなしちゃえば、だいたい完走は見えてくる。

そのかわり、余所ではそうはお目にかかれない、断崖絶壁ビューも満喫できる。
落ちたら大変なんで安全第一で。

宮沢海岸から先は追い風

この時期の男鹿半島をはじめ秋田県の海岸線沿いは基本南風が強い時期。
宮沢海岸(79km)から先は、追い風に乗ってGO!

ここで追い風なら、帰りは向かい風確定なんで、タイム稼いでおきましょう。

唯一交通量が多い3km

94kmのとこのローソンを左折して7号線を走る3kmほどの区間。
道路が狭く路肩がなく、かつ交通量が非常に多いので気を付けて。

走行間隔あけて、集団走行も無しでいった方が安全。

注意一秒怪我一生。
安全第一。

ゆみこラインから白神へ

エナジアムパーク(102km)を出ると、能代市街地を通過。
人も車も信号も多いとこ…ってかコース中で唯一の市街地。

そのかわり115km分岐からのゆみこロードは正面に白神山地を望む絶景ビュー。
スーパーロングに挑んだ人だけ見られる。

一日の中で男鹿半島の断崖絶壁ビューと、白神山地ビューの両方味わえるって凄い人です。

帰りは向かい風

大事なコトなんでもう一回。

帰りは向かい風

体力とタイムに余裕がないと途中のエイドで足切りになっちゃうので頑張りましょう。

足切りあり

いちおう各エイドで足切りタイムを設定してるので、それまでに出発できないと、その先のコースには進めず帰路についてもらう感じです。

まぁ、あくまでファンライドですから、あんまり気をわないで。

新エイドメニュー登場

今回は男鹿市に加えて、三種町、能代市、八峰町が加わって、それぞれエイドを設営してくれるので、新しいエイドメニューが登場するのも楽しみ。

220kmのコース運営とか、スタッフとしてもどーなるか分からない部分も多々あるけど、みんなと協力しながら楽しい日になるべく頑張る。

晴れて!