サイクルイベント, 男鹿半島

偶然と出会えるサイクルアテンド

めーっちゃ晴天の昨日。

男鹿自転舎さんとの共同企画のサイクルアテンドを開催させてもらいました。

今回は直前のやんごとなきキャンセルなどありまして、大仙、羽後と内陸住まいの女性2名をご案内。
前回は南磯の海岸線でしたが、今回は男鹿半島の北岸、北浦から浜間口、五里合にかけてのアテンドです。

多彩な岩浜の南磯に比べて、北岸はなだらかな海岸線かつ、ほぼ砂浜ということで南側とは全く違った様相の海岸線が楽しめます。

偶然と出会うのが旅

サイクルアテンドの大きな目的は、観光マップやオススメサイトなんかで紹介されてる観光スポット以外にも、その土地の魅力がギュッと詰まった場所はたくさんあって、そうした場所に出会う可能性を最大限高めていきたい…というコト。

車で移動しちゃうと、そーゆー場所は残念ながら只の通過点にしかなりません。
何か面白そうな景色やモノや人を見かけても、一瞬で通り過ぎちゃいますから。

そして、何を面白いと思うかは、人によってさまざま。
比較的みんなが面白がりそうなモノっていうのはあるかもしれませんが、それだと最大限に高めるコトにはなりません。

自転車で、それも少人数でゆっくりと話をしながら案内することで、驚くほどそうした魅力に出会う可能性を高めるコトできる。
そして、そのほぼすべてが偶然だったりします。

アテンドしてる本人ですら想像もしてなかった出会いが待ってるのがサイクルアテンドでして、これが楽しくない訳がない。
もちろん、参加者ご本人がどう考えてるのかは明確には分かりませんが、言葉だけでなく、その表情をみてる限り十分に満足いただけてるように思ってます。

五里合漁港防波堤

結果的に今回の目的地は「五里合漁港防波堤」になりました。

別に観光名所でも何でもないですよ。

漁船もぜんぶ止まってましたし、漁師さんも一人もいません。
釣りに来てた方が3名いらしただけ。

でも、その何でもない田舎の漁港が最高のスポットになった瞬間に、昨日は出会いました。

ほんとに天気が良かったので海も綺麗な青で染まってて、内陸住まいのお二人は凄くテンションが上がってた様子。
そんな一人が「いつかは漁村にも住んでみたい」というようなコトをおっしゃったので、じゃぁ漁港行ってみましょうかという流れでたどり着いたのが五里合漁港。

漁港に着いた時点で、もうある種の確信があったんですが「ここは凄い」という直感が降りてきました。

立ち入り禁止の場所にもなってなかったので、防波堤の上を歩いて散歩。

一面に広がる海の青さと透明な海水、打ち寄せる波のダイナミックな動きと、吹き抜ける風のコントラストに、一気に全員のテンションがあがりました。

30分ほどの滞在だっと思いますが、ほんとに密度の高い時間を一緒に過ごさせてもらいまして、アテンド側からも感謝したい気持ちでいっぱいでした。

心を遊ばせるひととき

メディアやSNSや発達した現代だと、昔ながらの「観光」が急激に色あせてるのは若い世代なら実感してるコト。

みんなでバスに乗って、みんなで同じ場所を回って、みんなで同じものを食べて、みんなで同じ写真を撮る。
昔であれば、こうしたみんなと同じ体験をするコトに満足感や安心感を求めてたんでしょうが、今の特に若い世代で、感性の豊かな人ほど、自分だけの体験、自分だけの感動を大事にしてるようです。

実際のところ、これだけ世の中が多様化してるのに、観光だけが十把一絡げから変わらないっていうのは不自然ですし、魅力に欠けるのは確か。

自分だけの偶然に出会えるサイクルアテンド…これってものすごく可能性を秘めてると感じてます。
これからも着実に育てていきたいですね。

サイクルイベント

CAO NIGHT-RIDE 開催

おがーりあのホームページで告知してますが、CAOのナイトライド企画、募集始めました!

こおひい公房珈音のホタルカフェ。
雲昌寺のアジサイ、夜のライトアップ。
入道崎灯台のダイナミックな光束。

せっかくの、この時期限定の夜企画、全部回って見ようかと思いますの是非!
詳しくは「おがーりあ」のホームページにて!

サイクルイベント, 今日のライド, 男鹿半島

サイクルアテンド 今回は大学生とご一緒に

この土曜日、男鹿半島ではブルべが開催されたり(秋田市、上小阿仁、男鹿の200km)、お隣山形ではツールドサクランボが開催されたり、遠く富士山麓では富士ヒルを明日に迎え、続々とSNSに情報がアップされたり。

自分の自転車仲間のみなさんも、あちこちで出かけて楽しんでた様子。

自分はやっぱり男鹿にいた

そんな中、今年の春からスポーツバイクのレンタルを開始した男鹿自転舎さんとの共同企画で、大学生(AIU)7名の方々を、男鹿半島の南磯、平坦な海岸線にコースを設定してサイクルアテンドをやらせていただきました。

全員スポーツサイクル初心者で、年齢的にはほぼ半分ぐらいの子たちですし、どーなることかと、あれやこれやと案内の方法や情報を整理して臨んだわけですが…

結果的には事前に準備した情報の9割は使うことなく。

いろいろ振った話題の反応を見ながら、その時々に思い出した話を中心に行く場所や案内の内容を決めていきました。

そーゆー流れは、いちおう予想通りではあるんですが、今回は予想の斜め上をいく展開満載。
んー、世の中に予定通りの面白さなんかなんにもないんだな…っていうのを改めて実感させてくれた大学生のご一行に感謝です。

こうした偶有性の中にこそ、本当の面白さとの出会いがあるっていうものです。

この場所、この時、その一瞬の面白さ

これは、もう肝に銘じておくコト。

男鹿半島のような、面白いスポットや歴史、文化が豊富な土地柄で、わざわざ遊びに来てくれた人たちに、ありきたりの場所を紹介したり、ありきたりの情報を説明する必要なんか何もないです。

こちらが用意していた内容っていうのは、あくまでこちらが提供したい内容であって、来てくれた人が欲してる話や体験とは、たいていの場合一致しない。

ここがみどころ!…と思ってた場所と、ぜんぜん違う場所に激しく反応したりというのが本来あるべき姿。
何に感動するかなんてみんな違うわけですから。

いちおう今回は鵜ノ崎、館山、潮瀬崎をポイントに案内してたわけですが、こちらが一番予想外だったのは「館山トンネル」。

スポーツサイクルにも慣れた頃、館山のトンネルに入った瞬間に、この日一番の歓声が、トンネル内の反響とともに沸き上がりました。
あの一瞬の空気感の変化、いやはや、ここ反応するかー。

まぁ、考えてみれば、交通量の少ない走りやすい道、そして古びた暗いトンネル、新鮮味にあふれた自転車の風にふかれながら、友達とわらわら一緒にトンネルに入るって、確かに非日常の塊だ。

沸き上がらない訳がない。

でも、2回目に来た時に、同じように沸くかっていうとはなはだ疑問で、この場所、この時、その一瞬の面白さ。
こーゆーの大事にしたい。

やっぱり人だ

大事なのはやっぱり人。

自分も、自転車を使って男鹿半島を体験してもらうことに関しては、他の人より数段上のレベルでこなす自信がある。

同様に、他のジャンルであれば、この人に案内してもらいたい…っていう人がたくさんいる。

そうした人のところに、感性豊かな人が遊びに来た時に、お互いに注意と敬意を払いながら道中共にすることで、凄い化学反応が起きてるんだと思う。

トンネルの話は、まさにそれ。

自分と参加者の間で起こった化学反応。

お互い全く想像もしなかったものが生まれた瞬間。

こーゆーのは、ガイドに100%案内してもらおうとか、決められた説明文を間違いなく参加者に伝えなきゃ…みたいな関係性の間では生まれえない特別なもの。

この特別を大事にしていきたですなーっていうのが今回のなによりの感想でした。

サイクルアテンド、これからも続けますよ。

追記:
向かい風で遅れた到着したお昼は文化会館向かいの海鮮市場食堂。

オススメは壁に手書きで書かれた煮魚定食、焼き魚定食。
今日あがったと思しき新鮮なメバル!
うまいよー