自転車機材

CATEYEのリアライトをフィジークサドルに装着!

うちのMTBは、ずーっと昔に買ったフィジークのアリオネを装着してまして。

前後に細長くてポジション広くとれるのが、なかなかよい塩梅。

加えて、サドル後端にアタッチメントがあって、リアライトやサドルバックが装着できるのが他所と違う大きなメリット。

…なんですが、ここに装着する純正のリアライトは、ライト部分を押すとスイッチが入る方式で、知らないうちに触れてライトONのままにしちゃうんですよね…

結果、いざ使おうとしたタイミングで電池切れ…というパターンを繰り返してきたので、現在はほぼ飾りの状態。

CATEYEのライトがつく

と思ってたらTwitterで、CATEYEのアダプタがありますよーって教えてもらいましたので、早速購入してみました。

長いのと、短いのがセットになってます。

通常は短い方を使うんでしょうが、サドルやライトの形状によって干渉する場合もあるようで、その場合は長いのを利用しなさいとのことらしい。
実際のとこ、こーゆーのって付けてみないと分からないですので。

いざ装着しようとすると、これがなかなか…入っていかない…

純正のライトと比べてみても形状がえらく違う…これほんとに装着できるの?

とは思いましたが、なんのことはなくて、爪の部分がやや高くなってるだけで、取付時に下側からぐいっと爪の部分を上に押し込んで差し込むとすんなり入ります。

別に削ったりする必要はないです。

形状見て分かる通り、CATEYEのライトが付くといっても、全部そのままで付くわけじゃなくて、例の取付部が四角形になってるやつが対象。
ライトによっては「スペーサーX」っていうオプションを挟んで装着しないといけない。

自分の持ってるRapid-XもこのスペーサーXを介して装着可能。
手持ちのライトの形状や付属品、取説(CATEYEのホームページで確認可能)をご確認を。

リアライトは高いほうがいい

高いと言っても値段のことじゃなくて(値段が高いライトの方が明るいので、そっちも大事ですが)、取り付け位置の話。

夜間、後方から近づく脅威とは車のコトなわけですが、ドライバーから少しでも発見されやすい位置となれば当然高いほうが良い。

車のハイマウントストップランプと同じ。

固定でつけっぱなしにするなら、シートポストやシートステーあたりに装着することが多い(自分もロードバイクはそう)でしょうが、サドルの方が多少なりとも位置が高く、サドル後端なので被視認性もあがる。

サドルバックにもアダプターを介せば取り付けできますが、フィジークのサドルならもっとスマートに装着できるので、お使いの方は、アダプター一個で取り付けできるのでオススメです。

— ads by amazon —

今日のライド, 男鹿半島

寒風山へ、リジッドバイクで、ボトルを背負って

先週日曜は、今季初の寒風山。

天気もよくて、風もほどほど。
寒いですけどね。

この時期は、例によってリジッドバイクでのお出かけです。

除雪の時に道路わきに寄せられたゴミなんかが、まだまだ多めですので23Cのタイヤだとパンクしやすいです。

というわけで26′ x 1.25で行ったんですが、ちょっとだけミス。
どうせ上りだし、タイヤのエア圧は高めの方がよかろうと、4barまで上げていったんですが、予想以上に下りの路面がデコボコしてまして…

ブレーキングで弾む弾む。

全体的にゆっくりしたペースで下ってくることに。
まぁ、車齢24年目のクロモリのリジットバイクで限界ダウンヒルするつもりはもともとありませんでしたが。

のり面崩落

登ってく途中で、ちらほら見かけたんですが、滝川の棚田でのり面が崩落してる場所が数か所。

モグラ?

棚田な以上はこうした崩落はつきものなんでしょうが、こんなに崩れてるのはあんまり春先見かけないので。

そういえば、道路わきに零れ落ちてくる土の量も、例年よりも多めな気がしてます。

今年の冬は雪が極端に少なかったし、その分、土が脆くなってるんですかね?

山頂は意外と賑やか

天気が良かったので山頂からの眺めは良好。
やや靄がかってましたが、3月はじめでここに来れるのは嬉しい限り。

パラグライダーやラジコングライダーも飛んでましたし、今年は春が早いです。

でもって、意外なことに回転展望台には常に2~3台の車が上がってきて景色を楽しんでる方の姿が途切れない…という、この時期にしては珍しい状況。

記念写真を撮ろうとしてた年配夫婦の方のシャッター係をかってでたり、ほんとこの時期にしては珍しい。

自販機はまだ休止中だったので、こんなこともあろうかとボトルに詰めていったジャスミン茶と羊羹でしばしブレイク。

キャリアバック装備してると、こーゆー荷物も楽にもっていけるのはメリットです。
ミニストーブとカップラーメン持って行って、軽くアウトドア飯やるのもよかったかも。
来週、天気よければ、どっかで今季のアウトドア飯はじめやりたいですな。

というわけで、今年もたっぷりお世話になるだろう寒風山は、今年もいい山です。
皆さまも是非ぜひ、遊びに来てくださいませ。

— ads by amazon —

雑記

吹雪く男鹿半島

昨日から一転。

男鹿半島、吹雪いてます。

とはいえ積雪量が大したことないのは相変わらずで、家のまわりの除雪も30分で終了。
今も多少降ってますが、夕方ごろにまたやればいいかな。

このくらい雪があると、MTBならいろいろ遊びようがあるんですが、さすがに吹雪いてる最中に出かけるのは無し。
週末連休は天気予報見ながら遊びに行くタイミング図ってみようかと思います。

今日から柴灯まつり

今日から3日間、男鹿半島の真山神社周辺にて、ナマハゲの観光行事である「なまはげ柴灯まつり」開催です。
あくまで観光行事なので、伝統とか風習とかの話とは切り離して気楽に見物に行くのがいいかと思います。

本物のナマハゲは松明持ったりしませんので、そのへんはラフに見てもらえれば。

本物…っていうと、今現在大晦日に行われてる行事が、果たして本物なのかどうかみたいな話もありますが、そこは時代によって変わるものですし、ややこしい話は割愛。

冬山イベントだから寒いです

今週末は、寒気の直撃を受けるようで男鹿半島も氷点下4度の予報が出てます。
柴灯まつりが開催される真山神社近辺は標高190mぐらいなので、めちゃくちゃ寒いです。

暖かいダウンコートはもちろん、スキーパンツみたいな足を保温してくれるアウターも必須です。
流行りの暖かインナーみたいなのだけじゃ、あっという間に震えてきますから。

基本、なまはげ柴灯まつりの会場には暖房の効いた建物はありません。
会場の真ん中に大きな焚き火をしますが、あんまり近づくとアウター焦がしちゃいますので注意。

地元民って、あんまり柴灯まつりに出かけないんですが、理由の一つは間違いなく「寒い」から。
一番寒い時期に、一番寒い場所でやらなくても…っていう感じです。

まぁ、そのへんの地元感は、遊びに来られる方には関係ないコトなので、出かけられる方は過剰なぐらいの防寒を準備されることをオススメいたします。

— ads by amazon —