田舎のサイクリスト

ウェストバッグにカメラケースを装着 その2

この間の記事で、ウェストバッグに装着するカメラケース購入したわけですが、記事を書く時点で検索したら…こっちのがいいね…っていうの見かけて、しかもお安い…というわけで、続けて購入してしまいました。

ちょーっと勿体ないコトしましたが、前に買ったやつはライド以外の活用を考えたい。

大事なのはケースの向き

今回購入したのは、前回同様Loweproの製品。
ベルクロでバンドの装着できるのは同じですが、一番の違いは装着時のケースの向き。

前回のは、バンドに対して横向き。

なので、普通にベルトなんかに装着すると上からカメラを出し入れできるので一般的には便利なんでしょうが、自転車に乗りながら…となるとやや不便で。

前傾が深いフォームで乗ると、体の前側に装着すると上下方向に嵩張るので邪魔になりやすい。

それに対して、今回購入したのは、バンドの方向とカメラを出し入れする方向が同じ。

つまりバンドの上下方向に嵩張らないので、ウェストバッグのどの位置に固定しても邪魔にならない。

意外とこのタイプの製品が少ないんですよね…スマホ向けだとけっこうあったりするんですが、カメラ用は今回いくつか探しましたがこれだけ。
(探し方が足りないだけかもしれませんが…)

さらに、このタイプが便利なのは、バックパックやメッセンジャーバッグ使用時に、肩バンドに装着すればカメラを上から出し入れできること。

ウェストバッグの場合は、横向き製品でも工夫次第でなんとか活用できますが、バックパックの場合は、バンドと同じ方向じゃないと、取り出すときに落下しかねないので、その意味では、このタイプの製品が必須です。

買い急がない

実は、前に買った製品は、某カメラ店の店頭在庫整理で格安で販売中なのを見かけて、つい購入してしまった…というわけなんですが、やはり安いからって買っちゃダメですね。

きちんと調べて、自分にとってより必要な製品は何か…って調べてから買わないと。

多少割高だって、そっちの方が役に立つなら、その出費は正当な根拠に基づくものだし、より長く使えるんだから、そっちのがいいに決まってますし。

みなさんも慌てて特売品を買い急いだりなさらぬように。

— ads by amazon —


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です