--- ads by google ---
--- end of ads ---
男鹿半島

晴れた日は門前を目指せ!

男鹿半島に住んでいて、晴れた日に自転車に乗る気になりましたら、門前を目指しましょう!

男鹿半島サイクルエリアを紹介したところでも書きましたが、このあたりはフラットな海岸線沿いに走るコースです。
船川を過ぎて、五社堂のある門前に向かうコースは、スポーツサイクル初心者の方でも、自転車に乗る幸せを実感できるコースです。

左に海、右に山

DSC_6435
(鵜ノ崎海岸から、門前に向かう)

もうこの一言に尽きるといっていいかもしれませんが、海と山が接近してる男鹿半島を顕著に表してるコースの一つです。

左側の海岸線は砂浜こそ少ないですが、磯遊びや釣りに最適な岩場が連なる、レジャーには最適な場所。

岬が連なるために、クルマで走るなら運転に集中しないといけないですが、自転車のスピードであれば、意識しなくても自然と景色が目に入ってきます。

正面を見上げるとお山が

スポーツサイクルは、前傾姿勢で乗るので、ときどき上体を起こして、前を見上げてみましょう。

真山・本山・毛無山(毛無台)が連なる、男鹿の「お山」が正面に見えます。
海の広い青さ、抜けるような空色、山を覆う大きな緑。
そこに向かって、ペダルを回して走って行くのは、なかなかに爽快なシチュエーションです。

都会でフラットなコースを走るとなると、信号の少ないバイパス通りとかにならざるを得ませんが(河川敷のサイクルロードは歩道なのでスピードは出せません)、クルマの脅威からは逃れられません。

船川から門前に向けるこのコースは、観光のバスやクルマが「なまはげライン」を走るようになってから、いよいよ交通量も減りましたので、本当に自転車乗りにはオススメの道になりました。

フラットでも最高

DSC01048
(とある晴れた日の門前漁港)

スポーツサイクルを続けていくと、すぐにロングライドや、ヒルクライムという方向に行きがちですが、男鹿半島であれば、フラットでもこれだけ楽しめる…ということを実感できるコースです。

さらに、晴れた日には、海の青さが際立ち、まさに「晴れた日は門前を目指せ!」な景色が広がります。

ここを走らずには、いられませんよ。

以上。

男鹿半島

男鹿半島サイクルエリア

いろんな所で、男鹿半島はスポーツサイクルに最適ですよ~って吹聴して回ってますが、このへんで少し具体的にお話しときましょう。
といっても、まずは概要のみですが。

ogahanto_area

平坦エリア

男鹿半島の東側と、南側の海岸線。
旧若美町のエリアと、秋田市から向かって海岸線を門前にいたるまでは、ほぼ平坦なコースです。

当然ですが、スポーツサイクルを始めたからと言って、急には坂道を上れるようになったりはしません。
まずは、ペダリングの基礎を身につけ、体力を向上させないことにはスポーツにもなりません。

その意味では、このフラットなエリアは最適!
特に、船川を過ぎて、門前に至るまでのフラットな海岸線は交通量も少ないですし、景色もいいですし、初心者が基礎トレーニングエリアとして活用するには最適です。

自分も、ロードバイクを購入した頃は、このあたりの往復30km程度の道のりをよく走り込んでました。

クルマの脅威にさらされることもなく、マイペースでペダリングのスキルを磨くには、フラットなエリアでの走り込みが重要です。

丘陵エリア

ほんとうは山岳エリアと書きたいトコロですが、そこまで標高高くないですので控えます。
ただし、走り応えのあるエリアがいくつか揃ってますので、他のコースと組み合わせて楽しめば十分魅力的です。

まずは、寒風山。
標高355mと、高さだけを見るとそれほどでもないですが、ここは元々観光道路として作られたエリアなので、道はよく整備されてますし、途中で変に虫が出るような場所もなく、非常に自転車で気持ちよく走れる場所です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何よりも芝山として人々の暮らしを支えてきたこともあって、山頂付近には木々がほとんどありません。
つまり360度、すべての方向の視界が開けていることが何よりもメリット。

余所にも登りがいのある山は多々ありますが、眺める景色から、登った後の達成感を、これほど得られる山はそうそうありません。

自分も、春から夏、秋にかけては早起きして1時間ほど自転車に乗りますが定番コースです。

他にも、標高200m程度なるも、ナマハゲで有名な真山神社にお参りできる真山エリア。

男鹿半島で最高峰になる本山。
ただし、ロードバイクで登れるのは400m程度までで、その先は未舗装路が広がる本山エリア。

このあたりの詳しいコトは、そのうち書きますね。

アップダウンエリア

そして男鹿半島を最も特徴づけているのが、激しいアップダウンを誇るエリアが豊富にあること。

なかでも最も走りがいのあるエリアが、旧大桟橋有料道路のあった門前から、戸賀に通じるコースです。

標高だけを見ると、180mそこそこですが、繰り返されるアップダウンのおかげで獲得標高は、ここだけで400mに迫ります。
これだけのアップダウンを、クルマの脅威もなく、素晴らしい海岸線を横に見ながら走れるエリアは、余所でも滅多に見つからないはず。
海と山が近接する男鹿半島という場所を、もっとも特徴づけるエリアと言えます。

まとめ

ざっくり、各エリアを紹介しましたが、そのうちもっと詳細なのも掲載しますね。
いい写真も、たくさんありますし、特に丘陵エリアと、アップダウンエリアを組み合わせたコースの魅力は堪りません。
いっぱい書きたいこともありますが、今日のところは全体概要というところで。

以上。

ローラー台

ローラー台は禅に通じるかもしれません

今日も1時間ほどローラー台を回してみました。
アベレージは24.5km/hで、昨日よりペースを上げて、少しずつ限界を探りつつトレーニングに励んでます。

前の更新で、ローラー台って禅じゃないか?という話を書きましたが、やっぱりそっちに通じてそうな気がしました。

これが、ローラー台からの視界。

DSC00398

汗をかくので眼鏡も外してローラー台に乗ってますので、もっとぼやっとした感じですが、ひたすら前輪の回転を眺めてる感じ。
だんだんと意識がそこに集中する感じ。
足は、回せる限界のケイデンスで一定で回してる感じ。

こうした一体のリズムの中に身をおくと、徐々に余計な情報から隔離されていく感じがしてきて、これはもしかして禅に通じていく可能性があるような気がしてきました。

このへん、もっと突き詰めていきたいと思います。

ビデオ観賞するのは勿体ない

ちなみに、最初はハンドルバーの所に、iPhoneをくくりつけて、ビデオや音楽をかけてみようかと思いましたが5分もしないで外しました。
やっぱり視界の中でちまちまと動くモノがあることは、今の自分にはよくないです。

せっかくローラー台という新しい世界に入ってきたので、まずはその世界の素の楽しみを満喫しようと思います。

1時間のシッティングも、今まではしたことないです。
一定回転数で回すというのも、実走ではできないことです。
自転車に乗って、もうだいぶになりますが、まだまだ新しいコトを体験させてもらってます。

DSC00397

ここらを一つ一つ確認して、味わいながら、自分の実にしていけそうな気がしています。

以上。

— ads by amazon —