未分類

グレートアース男鹿半島、無事終了

正式には「グレートアース あきた白神・男鹿なまはげライド」

先週末の土日にかけて開催されまして、例年どおり、自分は土曜日の受付脇での有料メカニックと、日曜日の男鹿半島一周コースの遊撃車両+メカニックサポートでした。

メカトラ、リタイア等はそれなりにありましたが、大きなトラブルもなく無事に大会が終了したというコトでホッとしてます。

まずは関係各位、参加してくらた自転車乗りの皆さんや、支えてくれたサポートライダー、スタッフの皆さんに感謝したい。

GOOD-JOB あんぷらもち

今回の大会成功の大きな要因は、第2エイド、寒風山で提供されたあんぷらもちに尽きるといっても過言ではなく(誇大)。

あんぷらもちは、男鹿半島に伝わるジャガイモをすり潰して作ったおやつで、正式なレシピがあるわけじゃなくて、作る人によって味も形もけっこう違う。

今回提供されたあんぷらもちはなかなかの絶品でした。

正直、あれだけきちんと美味しく仕上げられたあんぷらもちはなかなか食べる機会がない。

もともとが食料が乏しかった時代の子供のおやつで、そんなに凝ったものじゃないんですが、今回のは特製でした。

みそ仕立ての味も、食感も良し。
主な原料はジャガイモなんで腹持ちもいいですし、ロングライドのお供にはぴったりでした。

他のエイドの食料は今まで通りでしたが、少しづつ全体レベルが向上してる感じです。
食事のレベルの向上は、将来の参加者増にもつながるでようし、これからも継続していってほしいとこです。

最高のクライムビューを誇る寒風山

個人的には、寒風山が今回のコースに入って、本当によかったと思ってます。

山頂付近がほぼ柴山なので、登ってくるライダーさんの姿が山頂からよく見えます。

一望する景色の中にたくさんのライダーのヒルクライム姿が見えるのは、これぞサイクルイベントという感じがしてたまらないですね。

標高的には355mと、それほど高い山ではないですが、男鹿一周コースの前半の山場として組み込まれた寒風山は、参加者さんの記憶の中にも印象深く残ってるんじゃないかと思います。

来年もぜひぜひ遊びに来てほしいですし、グレートアース以外の時にも良いお店やスポットがたくさんありますので是非!

未分類

ライトの付けすぎ注意

ここしばらく、ナイトライドを繰り返してますが、必要以上にライトを搭載するのは、不要なばかりか、緊急時のリスクにもなり得る…と。

基本的に大光量ライトが一つと、ヘルメットライトがあれば、まずまぁ大丈夫です。
特に、男鹿半島の夜のように交通量も少なくて、街灯がときどき現れる…もしくはほぼ真っ暗闇な場合は特に。

その大光量ライトもLoモードで最低限の路面確認が出来る程度で十分。
人間の目は、割と暗い方に順応しますので。
Hiモード、Midモードの明るい路面に目が慣れると、ライトの照射範囲外に視線を向けた時に、暗さに目が順応できずに、かえって危険な目にあう可能性すらある。

もちろん、ケースによってはHiモード、Midモードを積極的に使うような場合もある。

例えば、交通量がある場合、車のヘッドライトが常に視界に入ってくるので、それほど目が暗闇順応しないだろうし。
その場合は、ヘルメットライトも常に点灯させて、視線方向を常に明るくしておく等の工夫は必要。

そのあたりは経験値を高めて、いろんなケースを想定、対応していかないといけないわけですが。

ひとこと言えるのは…こーゆーのはライト付けすぎです、葵サン。

重さとか関係ない…ってか、こんなに明るくしたら、周りの夜景なんか全然見えないんじゃないか…

— ads by amazon —