果てのサイクリスト

目立って、車から身を守る

このサイトでも何度か書いてますが、今の交通事情を考えれば、自転車乗りは、自分の身の安全は、自分で守らないといけない。

基本的には、可能な限り目立って、車からの被視認性を可能な限りあげる。
もちろんそれで100%事故を防げるわけじゃないですが、事故の可能性自体を下げられるなら、その努力は無駄じゃない。

このへんTREKさんは、さかんにPRしてて、個人的には凄く良いことだと思ってます。

●昼間からライトを点ける。

●動きのあるところ(具体的にはシューズまわり)の明るい色にする。

●ウェア全体を、背景に紛れない明るい色にする。

ウェア類には、それぞれデザインの好き好きもあろうかと思いますが、それでもこーゆーことを意識してれば、多少なりと被視認性の高いデザインを考慮するようになるはず。

事故なんて、所詮は確率の問題。
少しでも確率を下げられるならそれがなによりなわけです。

— ads by amazon —


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください