田舎のサイクリスト

賠償保険に入ろう

ロードバイクだと、ちょいと練習すれば30~40km/hぐらいはすぐ出せるようになる。
下りなら、もっとだし。

その状態で怖いコトと言えば落車による怪我なわけだけど、正直それは健康保険を使って治療すればいいだけの話でもっと怖いことは他にある。

自分が加害者になる

相手が死亡、もしくは重度の後遺症が残ったりした場合、その賠償金は多額になる。

子供が起こした人身事故で相手に重度の後遺症が残り。
1億円ちかい賠償を親が払うことになり、そのまま自己破産となったケースなどが実際に起きている。

もちろんレアケースであることは間違いないが、事故のリスクが常にあることも確かだ。

自身の怪我に対しての保険というより、相手の対しての賠償保険は何かしら準備が必要と言える。

手ごろな保険

ちょいと前までは、ほんとにありませんでした。
自転車乗りが入れる手ごろな保険が。

ところが昨今のロードバイクブームを受けて、保険各社がいろいろな保険を用意してくれてまして、自転車乗りとしてはありがたい。

携帯電話キャリアの保険

自分が入ってるのはドコモ サイクル保険。

月に450円の掛け金で、賠償5億円まで。
手術、入院もカバーしますが、これは最低限。
示談交渉サービスつき。

事故相手に対しての賠償保険に特化してる内容。
ある意味これで十分なのかなと思います。

同様の保険は、他のキャリアもやってて、auは賠償2億でロードサービス付きsoftbankも賠償3億までカバー

携帯キャリアの自転車保険は、いちいち保険会社と契約しなくても、携帯料金と合算して気軽に加入できるのが魅力で、賠償保険という意味でも必要十分。

日本人は生命保険や医療保険に対して過剰な備えをしがち…という話を聞きますが、こと車両(車、自転車)に関わる賠償保険に関しては、必要最低限の備えは要るかなという気はします。

少なくとも、自己破産してしまったら、好きな趣味に潤沢な予算を確保するコトはできなくなるでしょうし。


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です