--- ads by google ---
--- end of ads ---

最近、すっかりウェストバック派ですね。
やや大きめのなのでヒップバッグって言う方が正しいですかね。

荷物が少なければサイクルジャージのバックポケットで済ませますが、真夏以外はウィンドベストやアームカバーの類は必需品。
あまり体は丈夫じゃないので、気温変化にはちゃんと対処しないと弱っちゃう方です。

バックパックはやはり背中が蒸れます。
あと、荷物が多く背負えるからと言っても、結局その重量はサドルにかかってお尻が痛くなる原因になりますし。

ウェストバッグぐらいのサイズに綺麗にパッキングできるのがちょうど良いかと。

締め付けはそうでもない

お腹周りが締め付けられるんじゃないの…っていう風に思うかもしれませんが、意外とそうでもないです。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

脇腹のすぐ下のとこに前方に出っ張ってる骨(骨盤の前端:腸骨という言うらしい)がありますが、ここにバンドをひっかけるように締めると、お腹への負担はほとんど無いです。

まぁ、もちろんお腹の張りだし具合にもよるので、みんながみんなとは言いませんが、ほどほど絞れてれば、そんな負担でもない…はず。

店頭であまり見かけない

かなり昔に買ったのを、最近またロングライド用途に使い始めてます。
ウェア類、補給食、小銭、スマホ、etcというあたりが余裕をもって収納できて、とても使い勝手がいい。

ただ、このぐらいのサイズのものが意外と店頭で見かけないんですよね。
もしかしたらオートバイ向けとかの方が種類があるのか?

ちなみにサイズ比較用に両側にペットボトルを差してみる。

実際にこれやると、バッグの重量+1kgなんでやりませんが、パッカブルのウェアならここにも入れられる。

最近、シートポストに付けるロールアップタイプの大型バックとかが流行ってるので、みなさんそっちの販売に力を入れてる感じです。

シートポスト装着タイプは、休憩とか、お店に入る時に、いちいち身の回り品を取り出したり、外したりという手間がかかるので、最低でも小さめのウェストバッグを装着した方が便利なんですがね。

何が一番便利か…は、個人の判断なので万人向けの話じゃないですが、ウェストバッグのメリットはもう少し周知されていいかなと。

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です