--- ads by google ---
--- end of ads ---

VOLT1600の振動対策

ロードバイクへのライト追加にともなって、ハンドルバーにVOLT1600を装着してから、だいたい一週間。

夕暮れやナイトライド時にはもちろん、昼間走る時でもデイライトとして想定以上に活躍してますVOLT1600の大光量&ロングライフバッテリー。

今の自転車をとりまく交通事情を考えるにデイライトは必需品になるかもしれません。
しばらく大光量ライト装着の運用を進めていきます。

振動対策が必要

パフォーマンス的には全く不満のないVOLT1600ですが、唯一の問題はそのサイズと重量。
重量が増えること自体は仕方なしなんですが、その重量に対してマウント部品の強度と精度は十分とはいえず、路面が十分に平坦でない場所をそれなりの速度で走ると、かなり振動します。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

一時的な振動は許容できても、それが継続すると部品の固定が緩んだり等の実害が発生します。
振動対策が必須です。

結束バンドが好適

マウント部分の隙間に粘着テープを貼り込んで隙間を埋めたり、ゴムバンドでテンションかけて固定強度を強めてみましたが、目立った効果は無く。

一番効果的だったのは結束バンド。
300mm(幅6mm)のバンドでがっちり固定するのが最も振動を抑えてくれました。

取り外すためにはいちいち切断して新しい結束バンドで固定しないといけないので手間はかかりますが、特に理由がなければライトを外すことは滅多にないので、これはこれで問題なし。

幸いにも充電は取り付けたままでも可能ですので、こちらも問題なし。

しばらく、これで運用してみようかと思います。

振動は大敵

自転車に限らず機械に「振動」は大敵です。
もちろん、抑えられない振動というのはありますが、それらは部品の固定のゆるみ等を誘発する可能性があるので、可能な限り抑えるべきものです。

普段から、自分の自転車が振動や異音を発していないか、注意深くつきあっていくのは自転車乗りとして大事なコトですので。

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です