--- ads by google ---
--- end of ads ---

三本ローラーと階段の相性は最高です

妙なタイトルですが、実はもの凄く含蓄のあるタイトルです。

三本ローラーの置き場所には、みなさんお悩みの様子。
自室があれば、そこに置くというのもありでしょうが日本の住宅事情だと、広さ、騒音という意味で難しいのは確か。

騒音で考えると、床材がコンクリートというのが理想です。
土間、車庫、小屋といった場所を確保できるなら、それにこしたことはないですが、なかなか確保できないのも、日本の住宅事情。

階段の横はメリット多し

自分の場合は、幸いにもコンクリート床の小屋を確保できたので、そこに置かせてもらってますが、ここにはもう一つラッキーなコトがありました。

2014-11-27 16.44.35

すぐ横が階段だったのです。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

三本ローラーはご存じの通り不安定な機材で、きちんとペダリングし続けないと落車の危険があります。
うわっ!と思った時に、そぐそばに手を伸ばして掴まれるモノがあれば危険度を、ぐっと軽減できます。

その役割を考えると、階段ほどの適役は他にはありません。

階段だけが持つ、3つのメリット

1

まず、なんと言っても頑丈です。
人が二人、三人ぐらい乗っかっても大丈夫な強度はある上に、不用意に動かないように床に、壁に、がっちり固定されています。

この頑丈さは、壁に追加で設置したりした手すり等では実現できません。
階段ならではの安定感。

2

そして、階段は斜めに設置(当然ですが…)されてますので、体格や自転車、機材の高さに合わせて、掴まるのにちょうどよい高さを選ぶことができます。

これまた、階段だけの機能性。

3

さらに、ドリンクやタイマー、タオルといったトレーニングに必要なモノを段に置いておけます。
必要なタイミングで直ぐに手を伸ばすコトもできますし、この利便性は他のモノでは実現できません。

これほど三本ローラーに向いた設備は他には無く、三本ローラーで利用することを前提に設計された設備かと勘違いするほど。

他の家でもオススメ

階段は廊下に設置されるのが通常ですし、家族のいる居間から離れた位置にあるケースが多いかと思いますので、騒音面でも有利。

ようは三本ローラーを利用するタイミングで、防振マットを敷き、三本ローラーを置き、自転車をセットすればいいのですから、他の家でも応用できるんじゃないですか?

万が一落車したときに、近くにガラスなどがあったりする間取りだと、ちょっと無理かもしれませんが、両側が壁の廊下に階段があるようなら、活用するチャンスかもしれません。

三本ローラーの設置場所にお悩みの方はご検討を。

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です