--- ads by google ---
--- end of ads ---
雑記

幸せなサイクルライフには保険が必要

スポーツサイクルが持つリスクの一つに「事故」と「賠償」があります。

事故で自分が怪我をした場合、生命保険や傷害保険で治療費をカバーすることはできます。

が、事故によって相手に怪我をさせたり、最悪、死亡させたりした場合に、巨額の賠償責任が負われることが珍しくなくなりました。

裁判では、相手が死亡した場合は1億円近い金額も出てきていますし、そのうち1億円以上の賠償金額も出てくるコトは容易に想像できます。

十分な賠償金額のついた保険が必要です。

賠償2億はDOCOMOだけ

別にDOCOMOの宣伝をするわけじゃないですが、個別に加入できる保険で最もコストパフォーマンスに優れて、かつ、相手への賠償金額の上限が2億円に設定されているのはDOCOMOの「サイクル保険」だけです。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

個人プランであれば、月額440円でかなりオススメ。
自分も加入してます。

docomo_cycle

賠償1億の保険も

とはいえ賠償1億じゃ不足するというコトではないです。
DOCOMOの保険ではカバーしない特徴もけっこうあります。

賠償1億、かつ自転車ロードサービスが付帯する「ケガの保険 Bycle」
aute_cycle

こちらも賠償1億、かつ自転車以外の事故にも対応する「CYCLE 自転車の保険」
gk_cycle

自動車保険の特約も良い

クルマをお持ちであれば、自動車保険の特約でうまくカバーできる保険会社もあるので、自分が契約してる保険会社のサービスを確認するのもいいです。

たいていの場合は、日常生活含めての賠償特約になるのでカバー範囲が広いですし、メインの保険に追加する特約なので、保険料は一番お得なケースが多いです。

zurich_cycle

必ず保険に入ること

いずれにしても、スポーツサイクルは、通常の自転車に比べてもスピードが出ますので、事故のリスクも高くなりますし、事故を起こした場合の相手の怪我の程度も重傷になりやすいです。

最低でも1億程度の賠償保険には、必ず入っておくべき。
これなくして、幸せなサイクルライフは実現いたしませんので。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です