--- ads by google ---
--- end of ads ---
メンテナンス

増える、増える、工具は増える

自分でいろいろメンテナンスができるようになるのは、たいへん喜ばしい話なんですが、その一方で工具は増え続けます。

6角レンチやドライバーがあれば、たいていはなんとかなる部品が大半なんですが、中には専用工具が必要なものもけっこうあります。

BBまわりはその最たるもの。

自分が持ってる自転車だけで、スクエアテーパー、オクタリンク、ホローテック2と3種類も規格あって、それぞれに別の専用工具が必要。

今回のMTBのBB交換はスクエアテーパーで、工具的にはほぼほぼオクタリンクと同じで、ほんとは追加の工具は必要なかったんですが、いざ外したBBを組み付けるときに異常にネジの回りが固く。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

もしかしてネジ山潰しちゃったか…と思いショップに持ち込んだんですが、いやいやぜんぜん問題ないよ…とすいーっと組み付けちゃいました。

で、その時に使ってたのがラチェットレンチで、なるほど確かに安定して締めこみをするならラチェットレンチがあった方がいいよな…と今回の追加工具として入手することにした次第。

実際、左手でレンチの軸を抑えながら締め込み作業を安定して行えるので、こうした精度の高い組み付けが必要な作業には向いてると思います。

ちなみにSHIMANO純正の専用工具だとラチェットハンドルには付けられないので、グランジ製の工具を購入。

こちらの工具は12.7mmのラチェットハンドルが必要なので、これも追加で購入。

とまぁ、そんなわけで今回も工具が増えることと相成りました。

だんだん工具の重量で工具箱がたわんできたので、そろそろ何か丈夫な工具箱も必要になるかも…

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です